事故過失割合について

車同士の交通事故の過失割合について。
先月、片側2車線のバイパスで第2車線を走行しておりました。天候は雨。
途中左側に登り坂の合流地点があり、第1車線をまたいで、いきなり第2車線に入ろうとして来た車に左側助手席ドアを追突され、当方は相手車両と右側中央分離帯に挟まれる形になり、右側タイヤとホイールを擦り、相手車両は当方にぶつかった後、左側前方バンパー角にも傷を付ける形で前進。
当方はハンドルを取られ、中央分離帯にタイヤがぶつかり衝撃で怪我をしてしまいました。
相手車両は当方の前方数メートル先で停車しました。この状況で当方9:1を主張しておりますが、相手は7:3割合を譲らず平行線のままです。気付いた時には左側後方からぶつかって来たので相手がウィンカーを出していたかもわかりません。
7:3で合意するしかないのでしょうか?
ちゅん081さん
2016年08月09日 15時56分

みんなの回答

吉田 大輔
吉田 大輔 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
車線変更に際しての事故であれば、相手方保険会社の言うとおり7:3が基本ではあります。ただ、書かれている事情によれば、これが修正される可能性はあると思いますので、詳しい事情を一度弁護士に相談されればいいのではないかと思います。無料で相談に応じている事務所も多いと思います。

2016年08月09日 16時08分

鐘ケ江 啓司
鐘ケ江 啓司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県8
ありがとう
7対3というのは,おそらく前方の車が進路変更して衝突した場合の基本過失割合ですね(別冊判例タイムズ38号【153】)。
あなたの事例では、後方の車が強引に第二車線に入ろうとしてきたわけでしょうから、この基準が適当とは思いません。具体的事情によって過失割合を定める場合にあたると考えられます (上掲書290頁)。
一つの案ですが,追突の事例での10対0,落としどころとしては道路外から車が入ってきた場合と同様に8対2を基準に相手方が後方から来たことを配慮して9対1という提案をしてはどうでしょうか【147】。

2016年08月09日 16時12分

井上 祐司
井上 祐司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 広島県2 交通事故に注力する弁護士
ありがとう
>きなり第2車線に入ろうとして来た車に左側助手席ドアを追突され、

バイパス道路ということは一般道でしょうか。
また,左側後方とありますが,相手車は後ろから追い越してきたのでしょうか。

一般道で自車前方から進路変更した車両が後続車に衝突した場合,原則として進路変更車70:後続車30になると思います。
合図無しや車線変更が禁止された場所での変更ならば90:10に修正がされますが,合図無しの立証は困難です。
他方,後方から追越の場合は多くの場合80:20スタートになると思います。

お相手の損保会社が出てきているか不明ですが,いるようなら70対30の根拠を尋ねてみてはいかがでしょう。

2016年08月09日 16時14分

ちゅん081 さん (質問者)
井上様、ご回答ありがとうございます。

ご質問の
>バイパス道路ということは一般道でしょうか。
また,左側後方とありますが,相手車は後ろから追い越してきたのでしょうか。

についてですが、
バイパスは一般道で、相手車両は合流地点から本線に進入し第1車線を斜めにまたぐ形で当方が走行していた第2車線へ入ろうとしぶつかって来ました。
当方よりは後方の位置からぶつかって来たのは間違
いありません。
この場合も8:2からのスタートになるのでしょうか?
相手保険屋さんの話では事故の相手は7:3と主張しているとの話なので、あくまでも相手の主張なのかもしれません。
相手側に7:3の根拠を尋ねてみたいと思います。

2016年08月09日 16時32分

ちゅん081 さん (質問者)
吉田様 ご回答ありがとうございます。
修正される可能性があるとの事で安心致しました。
弁護士さんに相談する事も検討したいと思います。

2016年08月09日 16時55分

ちゅん081 さん (質問者)
鐘ヶ江様 ご回答ありがとうございます。

大変参考になりました。
7対3は前方の車が進路変更して衝突した場合の基本過失割合なのですね。
今回の事故割合はやはり適切ではないのですね。
アドバイス通り8対2を基準に9対1で示談できるよう交渉したいと思います。

2016年08月09日 17時08分

井上 祐司
井上 祐司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 広島県2 交通事故に注力する弁護士
ありがとう
>当方よりは後方の位置からぶつかって来たのは間違いありません。
この場合も8:2からのスタートになるのでしょうか?

 接触した箇所が本件より微妙な事例ではありますが,同様のケースで80:20で決着したことはあります。
 もっとも,鐘ケ江先生のご指摘にありますように,後方からの接触で極めて回避が困難な態様ですので,90対10でも違和感は全くない事例と考えます。

2016年08月09日 17時21分

この投稿は、2016年08月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,240名の弁護士から、「過失割合に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

何をするべきか知りたい方へ

交通事故_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

状況別に知りたい方へ

関連度の高い法律ガイド

車線変更が原因で事故が発生…過失割合はどうなる?3事例をもとに解説

交通事故が起こる原因の1つに、車線変更があります。この記事では、車線変更が原因で起こった交通事故の過失割合について「[みんなの法律相談](https:/...

駐車区域を出入りする車と通路を走る車が衝突…過失割合はどうなる

駐車場の中ではさまざまな事故が発生しますが、中でも駐車区域を出入りする車と、通路を走行する車が事故を起こすケースは少なくありません。そこで今...

「スマホ操作」自転車と衝突した場合の過失割合【弁護士Q&Aまとめ】

車を運転中に、スマートフォンを操作しながら走行している自転車とぶつかってしまった。このような事故が起きた場合、車側にも過失があると判断される...

【交通事故】過失割合に納得できない…どんな事情があれば修正される?

交通事故の過失割合の交渉で、「納得いかない」と感じることがあるかもしれません。交渉次第では、過失割合が修正される可能性はあるのでしょうか。あ...

追突事故のケース別過失割合…追突された側にも過失がつく場合とは

交通事故の中で比較的発生件数が多いと言われているのが、追突事故です。追突事故において、追突した側と追突された側の過失割合は、どのように考えら...

この相談に近い法律相談

  • 左折時、後続車に追突された時の過失割合は?

    当方大型トラックで片側2車線の一般国道の左車線から客先の敷地(交差点ではない)に入るため、荷崩れしないようゆっくり左折してる最中に20km/h以上オーバーのトラックに後方から追突されました。 ・後続車が信号待ちをしていて後続車がいない状況で左折を開始(もちろんウィンカー出してます)して いたし、右車線にもはみ出ていませ...

  • 判例タイムズに無い雪道での特殊な物損事故の基本過失割合について

    雪道を走行中の車同士の物損事故です。 ■事故現場の状況など ・見通しの良い直線道路 ・午前4時台で暗がり ・大雪であったが除雪車が通った後で道は比較的走りやすかった ・追越しのための右側部分はみ出し通行禁止区間(自車が違反) ・雪で車道中央線は確認できない ・対向を示すライトは確認できなかった ・自車はスタッド...

  • 駐車場内での事故。動いていたから4割の過失なのでしょうか?

    先日、駐車場内で事故を起こしてしまいました。 良くある駐車スペースに停車するためバックしてという状況ではなく、通路での事故でした。 当方が道路からパチンコ店駐車場内に入り、直進していた際、左側から相手車輌が出てきて衝突した状況です。 当日の状況は午後7時。薄暗くなっていたので私はスモールランプ+フォグランプを点灯...

  • 交通事故の過失割合について 片側1車線同一進行の右折車と追い越し直進車

    交通事故の過失割合についてお願いします。 当日天候は雨天夜間 40km制限で片側1車線の2.5m幅、全幅5m程の優先道路でセンターラインは破線ですが、 30m手前に横断歩道があり、その前後30mは白実線が引いてあります。 同一進行のA右折車と右側反対車線より追い越し中のB直進車がセンターライン上で衝突 追い越しスタートは...

  • 交通事故の示談内容について

    当方バイク、相手自動車の交通事故です。 当方2車線の国道の右車線直進中、左脇道(たんぼ道)から国道左車線の渋滞している車と車の間から飛び出してきた相手車両とバイク左側面接触し、右側の反対車線に転倒しました。 (過失割合 当方1、相手9ほど) 質問1 転倒した際左手・手のひら親指付近をつきレントゲン、CTを取りまし...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

過失割合の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  2. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  3. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  4. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  5. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  6. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  7. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。