事故にあった車の処理についてご教示願います。

相手の車に衝突され物損の請求段階に入っており、ご相談します。
ざっと以下が現状になります。

・2年前に約300万で購入した車を衝突で壊された。
・修理費用ですが、ディラー査定約110万円、保険会社80万円。
・現状の壊れたままの状態での引き取り価格は36万円。
・複数の中古車情報では当該車同等車種(同車種、2年落ち)で約250万円程度で販売中。

今後の私の選択肢として、
・相手保険会社から修理費用110万円をもらい、36万円で下取りしてもらい、中古車購入する。
 →(質問1)この場合250-146万円=104万円は新たに私が負担しないといけないのでしょうか。過失割合10:0の場合、
  残額104万円を相手に請求できないのでしょうか。
・110万円で修理する。
 →(質問2)この場合、車の価値が事故車扱いになり大きく減額となりますが、この減損分を相手に請求することはできないのでしょうか。

ディーラーに確認したところ、
 ・修理した車の価値(中古車価格)<<<修理費用110万円+36万円だそうです。

原状回復的な考えで、減損分を相手に請求できないものでしょうか。
被害者が100万以上新たに持ち出すのは納得がいきません。

アドバイスをお願いします。
2016年08月04日 18時48分

みんなの回答

大西 敦
大西 敦 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
> ・相手保険会社から修理費用110万円をもらい、36万円で下取りしてもらい、中古車購入する。
>  →(質問1)この場合250-146万円=104万円は新たに私が負担しないといけないのでしょうか。過失割合10:0の場合、
>   残額104万円を相手に請求できないのでしょうか。

 残額104万円を請求することはできません。事故の相手方が賠償しなければならないのは相談者様の車両損害額です。修理代が110万円であれば、車両損害額は110万円です。
 ただ、2年前に新車で購入しているということであれば、修理代110万円の1~2割が評価損として請求できると思います。

> ・110万円で修理する。
>  →(質問2)この場合、車の価値が事故車扱いになり大きく減額となりますが、この減損分を相手に請求することはできないのでしょうか。

 質問1と同様です。
 評価損として請求できるぐらいです。

2016年08月04日 19時08分

相談者
大西様

早々にご回答有難うございます。

〇ただ、2年前に新車で購入しているということであれば、修理代110万円の1~2割が評価損として請求できると思います。

とのことですが、評価損の請求方法をご教示頂けませんでしょうか。
先方の保険会社には具体的にどのように請求すればよろしいでしょうか。

結局事故前の同等中古車(無事故者)すら購入することはできない、ということなのですね。
被害者は泣き寝入りするしかない、法律は救済しない、ということなのですよね。。。。

2016年08月04日 19時43分

大西 敦
大西 敦 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> とのことですが、評価損の請求方法をご教示頂けませんでしょうか。
> 先方の保険会社には具体的にどのように請求すればよろしいでしょうか。

 修理費用が110万円なので、評価損として3割相当額の33万円を請求するという形になります。3割程度認められることもあるので、初回の請求としては3割でいいと思います。

2016年08月04日 21時36分

この投稿は、2016年08月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,796名の弁護士から、「過失割合に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

過失割合10対0の交通事故で治療を受けるときに相手方の任意保険会社とやり取りする場合のポイント

過失割合10対0の交通事故でケガの治療をする際に、相手方の任意保険会社から、「健康保険を使って治療してほしい」「労災保険を使ってほしい」といった...

赤信号無視の自転車と車が衝突…過失割合はどうなる?

信号機のある交差点で、赤信号を無視して侵入してきた自転車と衝突してしまった場合、過失割合はどうなるのでしょうか。相手方とのその後の対応で、気...

「バイクと車」や「バイク同士」事故の過失割合は?3つの事例をもとに解説

バイクで走行中に事故にあった場合、過失割合はどのようになるのでしょうか。「バイク対車」と「バイク対バイク」の事例について「[みんなの法律相談](...

自転車を運転中、一時停止無視の車と衝突…過失割合はどうなる?

自転車を運転中、一時停止をしなかった車と接触して事故が起きた場合、過失割合はどうなるのでしょうか。また、事故で壊れた自転車の修理費用を請求で...

自転車で走行中に車と衝突…発生場所や時間帯は過失割合に影響する?

交通事故における過失割合は、個別の状況に応じて修正される場合があります。今回は、自転車やバイクで走行中に車と衝突した場合の修正要素の考え方に...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 追突事故。車両全損、保険会社の提示金額は妥当なのか?

    こんにちは。 一昨年の12月中旬、停車中に追突されました。 (当方の過失は無しです) 車の修理は100万円以上で全損となりました。 また、追突される約一ヶ月前に、エンジンを自分で修理し、この部品代が約23万円ほど掛ってます。 (修理後1000kmも乗ってません) 12月分の代車代が20日=60000円です。 他にみなし代車が500...

  • 自動車を残価設定型ローンで購入した際のもらい事故について。

    先日『残価設定型ローン』という購入方法で新車を購入しました。 私の場合は5年契約であり、車両本体価格から予め5年後の予想中古車価格(残価)をマイナスし、それにオプションや税金をプラスしたものを60(12ヶ月×5年)で割った金額を毎月の支払い額として払う仕組みです。 5年後には車を返却するか、予想中古車価格(残価)で買い取...

  • 追突事故

    追突!私0:10相手!のじこがありました!! 私の車の修理代90万円(相手保険会社見積り)! 私の車は中古で購入しまだ4ヶ月しか乗っていないので買い替えたいと思っています! 買いたい車は約170万円! 買い替えするとしても修理代の90万円までしか出ないのですか?

  • 按分弁済の計算はあっていますでしょうか?

    自己破産を検討している知人から按分弁済について相談されました。 知人の自宅の売却相場は、4000万円ほどです。2000万円の抵当が設定されています。 その他に、A氏から1500万円、B氏から1500万円、クレジットカード会社8社から計800万円の債務があります。 自宅が4000万円で売却できたとして、抵当が設定されている2000万円分...

  • 評価損。これは修理費+評価損で60万円以内なのでしょうか?

    過失割合10:0の追突事故です 事故車両の評価損を請求しようと考えています 先方が支払いを拒んだ場合は 少額訴訟をするつもりでいます 少額訴訟の場合 額は60万円までとのことですが これは修理費+評価損で60万円以内なのでしょうか? 評価損のみで60万円以内なのでしょうか? また 請求は加害者本人か保険会社のどちらににした...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

過失割合の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。