公開日:

T字路での交通事故の過失割合について

2016年07月29日
ベストアンサー
御世話になります。
先日事故に会いました。概要は以下の通りです。

・県道を自足40kmで走行中、左側路地(一時停止あり)から2tトラックが突然飛び出し、私の車両左後方部に追突されました。
車は自走不能となりJAFでレッカーしました。

相手の保険会社との交渉が始まりましたが、相手は判例タイムズの(142 )により基本割合90:10を主張しております。
事故直後に私が左ウインカーを点灯させながら接近してきた、という言い訳もはっきりと「錯覚でした」と言っております。
本件は予測不能な衝突であり、90:10の過失割合は到底納得がいきません。

そこでご相談なのですが、本件重大な過失を相手に認めさせることができれば100:0も狙えると思います。

1.衝突個所が車体後方部なので一方的に衝突された、すなわち相手方の重大な過失にあたりませんでしょうか。
2.運転中に携帯を使用している可能性もあるため、通話履歴の提出を求めることは可能でしょうか。
3.「錯覚した運転」は重大な過失だと思いますが、違うのでしょうか。

該当ケース:別冊判例タイムズ38(5)丁字路交差点における事故

どうかアドバイスのほどよろしくお願いいたします。
相談者(472809)の相談

みんなの回答

三野 久光
三野 久光 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府9 交通事故に注力する弁護士
ありがとう
1、双方走っている中での事故ですから、衝突部位で相手の重過失は決まりません。
2、請求は出ますが、強制力はない。通話しているのを見たのであればそういえば警察が調べるでしょう。
3、一応目視した状態を前提とした弁解ですね。わき見運転等著しい前方不注視(道交法七〇条)とはいえないでしょうから、それで重過失とはいえないと思います。

2016年07月29日 15時39分

相談者(472809)
三野様

早々にご回答頂き有難うございます。
多謝でございます。

ということは本事案は、9:1で確定、当方にも1割の責任があるということでよろしいでしょうか。
これを10:0にすることは困難であるということでよろしいでしょうか。

先方の車の前を通過中での衝突なので、当方は予期も回避もできませんでした。
何か少しでも当方の過失割合を減する方策はありませんでしょうか。

以上、アドバイスのほどよろしくお願いいたします。

2016年07月29日 17時39分

三野 久光
三野 久光 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府9 交通事故に注力する弁護士
ありがとう
おっしゃるとおり、原則9対1の事例と思われます。
更に相手の過失を加重する事実としては、判タでは次の事実が指摘されています。
①わき見運転等著しい前方不注視②著しいハンドル・ブレーキ操作不適切③携帯操作、携帯画面注視等④時速15キロ以上の速度超過⑤酒気帯び運転等です。
これらのうちどれかの事実があれば、更に相手の過失が加重されます。

2016年08月01日 09時52分

相談者(472809)
三野さま

お忙しい中ご回答有難うございます。

更に相手の過失を加重する事実としては、判タでは次の事実が指摘されています。
①わき見運転等著しい前方不注視②著しいハンドル・ブレーキ操作不適切③携帯操作、携帯画面注視等④時速15キロ以上の速度超過⑤酒気帯び運転等です。
これらのうちどれかの事実があれば、更に相手の過失が加重されます。

とのことですが、現在先方には事故時間帯の携帯通話履歴の提出を求めておりますが、
保険会社共々拒否されております。
警察に強くこの点訴えるつもりです。
また

①わき見運転等著しい前方不注視
②著しいハンドル・ブレーキ操作不適切

とは具体的にどのような行為をさすのでしょうか。
今回優先道路を直進している車に対して、左側後方に衝突しているので、
「わき見運転著しい前方不注意」にはあたらないのでしょうか。
著しい前方不注意だからこそ、私の車が目の前を通過後に衝突したのではないでしょうか。

すみませんが、今一度アドバイスをお願いいたします。

2016年08月02日 20時54分

三野 久光
三野 久光 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府9 交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
読んで字のごとしです。わき見していたということです。どこをみていたのかは、本人が警察にどう証言したかあるいはあなた又はだれか第三者が目撃した事実で立証する必要があります。できないことを推測であれやこれやいってもかえって信用を失いますから、落ち着いて警察の取り調べ等から相手の言い分を聞くほかありません。

2016年08月03日 11時15分

この投稿は、2016年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【交通事故】過失割合に納得できない…どんな事情があれば修正される?

交通事故の過失割合の交渉で、「納得いかない」と感じることがあるかもしれません。交渉次第では、過失割合が修正される可能性はあるのでしょうか。あ...

自転車を運転中、一時停止無視の車と衝突…過失割合はどうなる?

自転車を運転中、一時停止をしなかった車と接触して事故が起きた場合、過失割合はどうなるのでしょうか。また、事故で壊れた自転車の修理費用を請求で...

「スマホ操作」自転車と衝突した場合の過失割合【弁護士Q&Aまとめ】

車を運転中に、スマートフォンを操作しながら走行している自転車とぶつかってしまった。このような事故が起きた場合、車側にも過失があると判断される...

過失割合10対0の交通事故で治療を受けるときに相手方の任意保険会社とやり取りする場合のポイント

過失割合10対0の交通事故でケガの治療をする際に、相手方の任意保険会社から、「健康保険を使って治療してほしい」「労災保険を使ってほしい」といった...

交通事故の過失割合を事故のパターン別に弁護士が解説

交通事故の過失割合は、保険会社から支払われる保険金(損害賠償金)の額に大きく影響します。そのため、自分の過失割合を正しく理解しておくことが保...

やること診断

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • バイク直進 車右折での右直事故の過失割合について。この内容で「0:100」での示談は可能でしょうか?

    バイクで私が優先道路を走行、 先方車は左右の確認全くせずさらに一時停止不停止で右折し、私のバイクと衝突しました。 私は法定速度通り40kmで走行しており、100m手前で車を視認し微減速、交差点手前で車が急に加速し出てきたため回避出来ずに衝突しました。 損害状況は自身の怪我は全治10日の診断でバイク全損(購入後1ヶ月の新...

  • 車対車 T字路 判例を教えてください

    T字路、車対車の事故です。当方直進。相手が右側より左折。道幅は当方5.8m。相手方3.6m。信号標識センターラインなしです。 状況は、当方が時速20km位で交差点に進入、相手が見えたので、交差点内で停止しました。相手も同じく停止しました。その後、相手が発進し、停止中の当方に接触。相手が発進するのが見えたので当方が警笛を鳴...

  • 交通事故における過失割合の修正要素について教えてください。

    昨年の7月下旬、250cc単車(私)と自動車との事故で、相手保険会社と過失割合について交渉中です。 【事故内容】 片側二車線の国道で私が車の後ろの外側線内側を走行していました。(事故の時間帯は道がやや混んでいたので、制限速度50キロのところ、40キロ弱で走行) 前方の車が交差点近くに差し掛かる直前、急にウィンカーを出し...

  • 自動車同士の事故の過失割合について

    先日交通事故に遭いました。 場所:信号の無い交差点 当方:センターライン(黄)のある優先道路を直進 相手:一時停止のある道路を直進(当方から見て左側から) 当方は交差点の50m以上手前から相手が一時停止しているのが見えていました。 交差点の5mくらい手前で相手が急に直進し、ブレーキは間に合わないと判断して、対向車線側に...

  • 車同士の物損事故での過失割合について。

     事故現場の状況としては、センターラインのない道路全幅員6.5m(路側線間の幅が4.0m)の県道で天候は小雨でした。  事故発生状況としては、当方車両が下り方向で走行、前方の急なブラインドの左ヘアピンカーブがあり、その手前で減速し徐行(5.0km/h以下)状態でカーブを回り、出口付近で対向車を確認し徐行状態を維持のまま道路...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

過失割合に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

過失割合の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。