直進四輪車と後続バイクの追い越し→左折?による事故の過失割合

公開日: 相談日:2015年12月20日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

直進四輪車(当方)と後続バイクの追い越し→左折?による事故です。場所は信号のある交差点です。

片側1車線、中央線が白線の道路で、対向車線に大型車が停車していたため、対向車が走行できるよう左側に寄って走行していました。(左側に寄ることでやっと対向車が走行できる状態です。)

自分は時速40km程度で走行しており、ルームミラーにてバイクが当方の真後ろにいるのを確認しました。バイクの方の頭〜ハンドルが写る程接近しておりましたが、対向車とのすれ違いもあるため、安全上それ以上速度を上げることはできませんでした。

その後、交差点10〜20m手前で当方を右側から追い越し(そのまま左折?)し衝突しました。
http://www.jiko-online.com/jiba3.htmの「バイクが追い越して左折」の図のうち、バイクが真後ろにいた状況が近いです。

当方のドライブレコーダーの映像により、バイクが左ウィンカーを出しているのを確認しましたが、対向車線の状況もあり、かなり当方寄りの場所をバイクが走行していたためサイドミラーの死角になっていたと思われます。

口頭で損保に状況報告をした際、「過失割合は8(当方):2でしょう」と言われましたが、かなり無理な追い越し・左折?だったため納得しかねます。

この場合の過失割合はどの程度が妥当でしょうか。

なお、物損扱いのため、当方のドライブレコーダーと対向車線にいた方の証言が証拠となりそうです。
バイクの方は当時の事を覚えていないと言いつつ、衝突されたと言っているようです。

410157さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    過失割合は判例タイムズの事案のとおり相手80、当方20が基本過失割合でしょう。反対車線に大型車が停車していたこと、車道がかなり狭い状況であったことなどの事情を考えると相手車両が追い越して左折進行することを予測することが困難であった状況なら、相手にプラス5を加算することも考えてよいかと思います。

  • 相談者 410157さん

    タッチして回答を見る

    好川先生、早急なご回答をありがとうございます。
    相手にプラス5を加算できないか、損保に掛け合ってみたいと思います。

この投稿は、2015年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから