接触事故の過失割合について。

公開日: 相談日:2014年12月24日
  • 1弁護士
  • 1回答

先日、ガソリンスタンド出口で接触事故に遭いました。

前のクルマが片側2車線の交通量の多い国道に右折で出ようと右折ウインカーを出していました。
(私は「交通量の多い道路で右に出るなんて無謀だなぁ。。。」と同乗者と話してました。)

私はそのクルマの左側にスペースがあったので、そのクルマの左側に左折ウインカーを出して停車(これポイントです。)していましたが、右折が無理と諦めたのか、いきなり左折に変更して私のクルマの右フロント側を舐めるように擦っていきました。

即、警察に連絡し状況の調書は取って頂きました。

私は確実に停車していましたし、過失は0だと確信しているのですが、当初、相手方は私が指摘した防犯カメラの存在を知って過失を認めていたのですが、防犯カメラは警察の手続きが無いと保険会社でも見れないと知ってからか、自身の保険会社の話では過失を認ようとしないうえ、当方に責任があると主張を覆す始末です。
確かに右折ウンカーを出していたが、左折に変更した際には私のクルマは無かった。私のクルマが突っ込んだと保険会社に説明する始末です。

頼みの綱の防犯カメラの映像が見られないとなると、水掛け論になり当方にも過失が発生しそうです。

この場合、やはり少しでも過失を認めざるを得ないのでしょうか?

そもそも左後方確認不足が原因による接触にも関わらず、証拠がない以上諦めるしかないのでしょうか?

ご意見を頂けますと幸いです。

307706さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

     弁護士費用特約は付されていませんか?弁護士費用特約が付されていれば、早急に弁護士に依頼しましょう。

     この場合、やはり少しでも過失を認めざるを得ないのでしょうか?そもそも左後方確認不足が原因による接触にも関わらず、証拠がない以上諦めるしかないのでしょうか?
    →警察に調書をとってもらっているとのことですので、警察に「実況見分調書」又は「物件事故報告書」という資料が存在しているはずです。弁護士に依頼すれば、これらの資料を取得することができ、有力な証拠になり得るはずです。
     また、車両に生じた傷跡からも、事故態様を一定程度証明することができます。一般人が見ても同じような傷跡ですが、専門家が分析すると、どの方向から力が加わったのか等様々なことが判明します。
     裁判での話ですが、証拠は、何も客観的なものに限られません。あなたの供述(言い分)も立派な証拠です。諦めずに、弁護士に相談してみましょう。

  • 相談者 307706さん

    タッチして回答を見る

    先日はご回答ありがとうございました。
    追記させて頂きます。
    残念ながら弁護士特約は付帯しておりませんでした。
    先程、相手側の保険会社より連絡があり相手方は10~20%の過失しか認めておらず逆に被害者面しておりました。
    当方の保険会社の鑑定士が年始に私のクルマの被害状況を整備工場まで確認に行ってくれますので、その結果を期待するしかなさそうです。
    防犯カメラの映像保存期間が1ヶ月程度あれば、弁護士費用は自己負担になりますが、裁判に持っていきたいと考えましたが、1週間程で上書きされてしまうようなので今からでは間に合いません。
    非常に腹立たしいです。
    良心の呵責というものはないのでしょうかね。
    現在は双方の保険会社を通しての話しになっていますが(自身の過失は0ですが年末で多忙のため早期解決の為に5%の過失を認めて保険会社に出てもらいました。)、直接相手に連絡して一括したい気持ちです。
    愚痴になってしまいましたが、よろしくお願い致します。

この投稿は、2014年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました