交通事故における過失割合について

公開日: 相談日:2014年03月17日
  • 1弁護士
  • 1回答

自動車同士の接触事故(物損のみ)の過失割合についての質問です。

現場は南北に走る片側三車線の幹線道路から 西方向への道路に入る丁字路です。
対向右折レーン(信号あり)と左折専用レーン(信号なし)の合流地点で、合流先が一車線になっています。

左折車は幹線道路 最左車線を走行

そのまま本線から分離していく左折専用レーンに入り 合流地点から15mほど手前の一時停止で停止

右からの歩行者に横断歩道を渡らせ 右側幹線道路交差点内に対向右折車が侵入していないことを目視確認後発進

左巻き込み確認をしてから 時速10数kmで合流地点に侵入したところで合流してきた対向右折車と接触。

左折車が一時停止後の発進直後に 右折信号が青に変わり、対向右折車が右折専用レーンを発進

30mほど走行しながら幹線道路を横切り 合流地点までの30mを加速し続け、時速35kmで合流地点に侵入し 左折車と接触。その間 減速なし。

対向右折車はタクシーでドライブレコーダー搭載。左折車の一時停止後の発進はドライブレコーダーで確認できる。

互いの車両損傷箇所は
対向右折車:左前ドア中央 前よりから擦り傷+左後ドア後方に衝突による凹み
左折車:右前バンパー損傷(フォグランプとか完全にもってかれてて、シャーシも損傷)


対向右折車側は合流地点自体は信号のない丁字路(片側に一時停止あり)と主張。
左折車側は幹線道路からの対向右折車と左折車の合流地点であると主張。
基本割合からして平行線です。

過失割合はどう考えるのが妥当でしょうか?

239830さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2014年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました