車対車 T字路 判例を教えてください

公開日: 相談日:2012年11月29日
  • 2弁護士
  • 3回答

T字路、車対車の事故です。当方直進。相手が右側より左折。道幅は当方5.8m。相手方3.6m。信号標識センターラインなしです。
状況は、当方が時速20km位で交差点に進入、相手が見えたので、交差点内で停止しました。相手も同じく停止しました。その後、相手が発進し、停止中の当方に接触。相手が発進するのが見えたので当方が警笛を鳴らすが、相手には聞こえなかったそうです。
原因は相手の前方不注視で、相手もそれを認めています。当方が停止していることは相手保険会社が損傷具合から認めていますが、交差点内で少し停止しただけでは過失0にはならないと相手保険会社に言われ、過失割合は9対1を提示されました。
双方の主張の相違点は、「相手が真ん中をオーバーしていた」とのことです。
損傷か所は、当方車‐右前ドア、相手車‐右前角です。

質問①
停止中に損害を被った場合、過失割合は0だと思っていたのですが、交差点内でちょっと止まっただけでは0主張はできないのでしょうか?

質問②
相手車の全長、全幅は、3,395 x 1,475 です。
センターラインオーバーせずに左折は可能でしょうか?
相手の運転技術はどちらかというと低いほうです。事故後バックした際に後部を電柱にぶつけていましたので。

以上です。よろしくお願い申しあげます。

152418さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    停止した時のお互いの位置関係が不明なので、正確な答えはできません。しかし、不満ならば、裁判を起こすしかありませんが、物損だけだとすると、「1割」でどれくらい違うのかと裁判費用とを比較する必要もあるでしょう(必ず10割勝てるとも言い切れない以上)。任意保険に弁護士費用補償がついていて費用負担がないならば、考えてもよいかもしれないですね。

  • タッチして回答を見る

    「交差点内に」「停止」しているわけですから、過失と呼べるか否かは不明ですが、あまり望ましい状況ではないと思われます。
    どうして、相手車からあなたの車が見えなかったのか不思議ですが、「T字路」・「あなたの方が広い道路」を前提にすると、基本過失割合は「あなた:相手」=「2割:8割」で、「相手の著しい過失」で10%修正で1割修正というのが保険会社の理屈の建て方でしょう。
    その1割を争うなら、やはり訴訟でしょうね。ただ、弁護士特約を使わないなら、この1割のために訴訟を起こすのは、経済合理性はないです。

  • 相談者 152418さん

    タッチして回答を見る

    ご回答いただき、ありがとうございます。

    正野先生のご回答に「停止した時のお互いの位置関係が不明なので、正確な答えはできません。」とありましたので、厚かましとは存じますが、再度投稿させていただきました。

    交差点内で双方が一時停止をしたときの当方と相手方の車間距離は1~2mです。
    一瞬、ぶつかったのだと勘違いをしたほどです。

    相手からみて12~1時の方向に当方車両が停止していたと思います。

    損傷は双方軽微で、先生にお願いするのも申し訳ないのですが、住宅街で前方を見ずに発進し、後方を確認もしないでバックする危険な運転者には、前後に居たのが自転車や歩行者だったら・・という反省のない印象を受けたので、心情的に許せないのが1割にこだわる理由です。

    弁護士費用特約を付保していますので、お願いしようと思います。

    でもその前に
    「交差点内の一時停止時における事故は0主張できないのでしょうか?」




  • 相談者 152418さん

    タッチして回答を見る

    ご回答いただき、ありがとうございます。

    正野先生のご回答に「停止した時のお互いの位置関係が不明なので、正確な答えはできません。」とありましたので、厚かましとは存じますが、再度投稿させていただきました。

    交差点内で双方が一時停止をしたときの当方と相手方の車間距離は1~2mです。
    一瞬、ぶつかったのだと勘違いをしたほどです。

    相手からみて12~1時の方向に当方車両が停止していたと思います。

    損傷は双方軽微で、先生にお願いするのも申し訳ないのですが、住宅街で前方を

  • 相談者 152418さん

    タッチして回答を見る

    ご回答いただき、ありがとうございます。

    正野先生のご回答に「停止した時のお互いの位置関係が不明なので、正確な答えはできません。」とありましたので、厚かましとは存じますが、再度投稿させていただきました。

    交差点内で双方が一時停止をしたときの当方と相手方の車間距離は1~2mです。
    一瞬、ぶつかったのだと勘違いをしたほどです。

    相手からみて12~1時の方向に当方車両が停止していたと思います。

    損傷は双方軽微で、先生にお願いするのも申し訳ないのですが、住宅街で前方を見ずに発進し、後方を確認もしないでバックする危険な運転者には、前後に居たのが自転車や歩行者だったら・・という反省のない印象を受けたので、心情的に許せないのが1割にこだわる理由です。

    弁護士費用特約を付保していますので、お願いしようと思います。

    でもその前に
    「交差点内の一時停止時における事故は0主張できないのでしょうか?」




  • タッチして回答を見る

    第一に文章だけでは正確なイメージがつかめないので、図面や写真等で確認する必要があります。第二に「証明」との関係で、「その停止した時の状況やその後の相手の動き」について争いがないのかどうかも問題になります。その点を争われたら、立証責任は原告側にありますので、なかなか難しいでしょうね。相手が今は争っていないならば、その点の確認書を取ってから、提訴すべきでしょう(弁護士雇って裁判起こすといったら、まずいと思って争いだすことは少なくありません)。また、「その距離・位置関係で左折を再開したら必ずぶつかる」ということの証明まで裁判所から求められたら、専門家の意見書等をもらわねばならないこともあり得ますが、その費用までは弁護士費用補償ではカバーされないと思います(裁判所から求められるかどうかは、図面等で詳細を検討しないと、なんとも言えません)。

この投稿は、2012年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから