後遺障害 14級 遺失利益に関して

公開日: 相談日:2021年01月23日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

後遺障害 14級に認定された場合の逸失利益に関してですが
中小企業会社役員で実質は労働者との兼務役員の場合
給料の減少がない場合などでも請求は可能なのでしょうか?
また、自賠責からはどうなるのでしょうか? 


990593さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府2位

    松島 達弥 弁護士

    注力分野
    交通事故
    タッチして回答を見る

    自賠責の場合には、慰謝料と逸失利益が併せて75万円しはらわれます。
    次に、実質労働者役員の場合にも一般的に逸失利益は認められます。
    労働実態にもよるのですが、実質従業員的な立場の役員であれば、現実に減収がない場合であっても、14級による5%の喪失分を努力により補っていると評価され逸失利益が認められる可能性は十分にあると考えます。

  • 相談者 990593さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    喪失分を努力により補っていると評価されているのは
    こちらで証明をするのでしょうか?
    証明方法の材料はなんでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    京都府2位

    松島 達弥 弁護士

    注力分野
    交通事故
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    同様の主張を数十件訴訟で行ってきましたが、14級の事案では特段高度な立証がなくとも、詳しめの主張や陳述書のみで認められているのが実情です。
    おそらくですが、「14級の事案の場合、喪失率が5%とそれ自体少ない割合であるため、仮に減収がなくてもその程度であれば、努力でカバーされていると評価しやすい」というのが理由なのだと考えます。

この投稿は、2021年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから