選択的請求について。の選択的請求はできるのでしょうか?

選択的請求できるのか、選択的請求で認容額の大きいほうを採用してもらえるか、の質問です。

契約期間2ヶ月を残して不当解雇され、自己都合退職処理までされました。
最終的に、失業手当を受給できる機会を失ってしまいました。

主位的に、地位確認と未払賃金請求をします。

予備的に、
解雇を認めるかわりに、①残2ヶ月分の給与+逸失利益6ヶ月相当分の賃金。
雇止め有効に備えて、②残2ヶ月分の給与+失業手当5ヵ月分の損害。
の選択的請求はできるのでしょうか?

また、①のほうが請求額が大きいのですが、審理の結果、①より②のほうが認容額が大きかった場合、裁判所は②を採用してくれるのでしょうか?

選択的請求の理解が足りず、解釈が間違っているかもしれませんが、何かご回答いただけましたら有難い次第です。よろしくお願い致します。
2013年05月21日 18時41分

みんなの回答

相談者
予備的請求1 残2ヶ月分の給与+逸失利益6ヶ月相当分の賃金
予備的請求2 残2ヶ月分の給与+失業手当5ヵ月分の損害
とした方がいいのでしょうか?

2013年05月22日 01時27分

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ベストアンサー
ありがとう
予備的請求をおこなうことは構いませんが、裁判所から「主位的請求に自身がないのではないか」と思われてしまいかねません。

地位確認と未払賃金請求訴訟だけで訴訟提起した方がいいのではないかと考えます。
金銭解決が妥当と判断されれば、裁判所からその旨の打診があると思われます。

予備的請求を記載する場合には、予備的請求1、2とした方が分かりやすいでしょうね。

>①のほうが請求額が大きいのですが、審理の結果、①より②のほうが認容額が大きかった場合、裁判所は②を採用してくれるのでしょうか?

審理の結果、①と②のどちらが認容されるかの問題であって、金額が大きいかどうかで判断されることはないと思われます。

2013年05月22日 07時05分

相談者
黒岩弁護士、ご回答いただき誠にありがとうございます。

私は登録型派遣社員であり、現在、労働審判手続きの審尋において、雇止め有効を示唆されており、本訴でも同じ結果になる公算が高いものですから、また、敗訴でも判決文が欲しいと思っていますので、予備的請求はしておきたいと考えています。

「どちらが認容されるかの問題」ということで、大変参考になりました。

2013年05月22日 07時53分

この投稿は、2013年05月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

交通事故のケガによる収入減や顔の傷を理由に逸失利益を請求できるか

交通事故被害に遭い、後遺障害等級認定を受けると、後遺障害に対する慰謝料とは別に、逸失利益を請求できる可能性があります。この記事では、事故後に...

専業主婦が交通事故被害にあったら「逸失利益」を支払ってもらうことはできるのか

交通事故の被害にあった場合、加害者に対して「逸失利益(事故にあわなければ得られた利益)」を請求できるケースがあります。では、事故当時に専業主...

無職で就職活動中に交通事故の被害者に…「逸失利益」は認められる?

交通事故被害に遭い、後遺障害等級認定を受けると、後遺障害に対する慰謝料とは別に、逸失利益(事故に遭わなければ得られた利益)についてもお金を支...

【後遺障害の逸失利益】失業者の逸失利益の計算方法

交通事故で後遺障害を負った場合、後遺障害にならなければ得られた収入を逸失利益として賠償してもらうことができます。この記事では、失業者の逸失利...

【交通死亡事故の逸失利益】失業者の逸失利益の計算方法

交通事故で被害者が死亡した場合、被害者がもし生きていれば得られた収入を逸失利益として賠償してもらうことができます。この記事では、被害者が失業...

やること診断

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 給与減額、即日解雇請求方法は...どうすればよいですか?

    雇用契約し、固定給で9ヶ月目…いきなり支給当日に今回から減額したと。査定基準などの理由も伝えられないため、説明を求め、不合意の減額差額を請求しました。やっと指定日に、話しをしたオーナーは…減額差額は支払う事に、本意ではないが、支払うと。その直後、給与支給額に異を唱えた事に、我慢できないので、その場で私物等の整理を...

  • 解雇無効による退職金の請求

    解雇無効により給料・賞与を請求すると思いますが、解雇から判決まで長期間に至る場合には、その間も在職したものとして、退職金の請求も可能でしょうか? また、賃金の請求になると思われますので、通勤定期代(所得税では非課税ですが、社保では課税)も請求が出来るのでしょうか?

  • 過去の一定日時についての地位確認?

    登録派遣の雇用契約期間中に、債務不履行がないのに交代させられ、残2ヶ月を待たずに不当解雇されました。それから1年以上経っています。 主位的に地位確認請求し、予備的に残期間分の賃金請求をしたいと考えていますが、予備的請求の記載についての質問です。 予備的請求には、「地位にあることを確認する。」との文言は訴えて...

  • 逸失利益と失業手当の関係

    8ヶ月働き雇止めされ、自己都合退職と虚偽作成され、1年以上経過したため、失業保険を受けられなくなりました。 主位的に雇止め無効、予備的に逸失利益と失業手当分の損害賠償請求を考えています。 そして、逸失利益と失業手当分の損害請求を、同時にするか、別にするか2パターンあるのですが、どちらが適当でしょうか? パター...

  • 解雇による慰謝料、賃金請求について

    お忙しいところ恐縮ですが、以下の質問への回答をよろしくお願いします。 以前とあるお店の従業員として働かせていただきました。 就業時間超過分の時間を強制的にカットされていた超過時間分の給与を請求したところ、解雇されました。 そのため、 ・深夜勤務1人態勢による休憩時間を取らないにも関わらず強制的にシフト時間を改竄 ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

逸失利益の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。