弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

後遺障害等級

後遺障害等級と自賠責保険の限度額や等級の併合について

交通事故によって後遺症を負った際には、後遺障害の等級に認定されるかどうかが重要なポイントとなります。後遺障害に認定されれば、慰謝料や逸失利益を請求できますが、等級によってその金額は大きく異なります。また、自賠責保険で最低限支払われる保険金の限度額も等級によって変わります。ここでは後遺障害等級と自賠責保険、複数の等級に該当する場合の併合について紹介します。

目次

  1. 後遺障害等級と自賠責の限度額
  2. 後遺障害等級の認定基準
  3. 後遺障害等級と併合

後遺障害等級と自賠責の限度額

後遺障害の等級は16等級142項目に分かれています。認定手続きを行うと、「損害保険料率算出機構」が提出された資料に基き等級認定を行います。認定手続きについては「交通事故による後遺障害認定の流れ - 被害者請求や非該当となった際の対処法」をご覧ください。

等級が認定されれば、慰謝料と逸失利益を損害賠償として請求できることとなります。詳しくは「交通事故による後遺症慰謝料の相場 - 等級別基準別の相場や親族や非該当に対する慰謝料」や「交通事故による後遺症と逸失利益の計算 - 基礎収入や期間の算定方法」をご覧ください。

自賠責保険で支払われる金額には上限があり、慰謝料と逸失利益の総額がこれを超えてしまうことも珍しくありません。上限を超えた場合には、任意保険による支払いとなりますが、自賠責保険の限度額が保険会社の提示する示談金の基準となるため、等級ごとの限度額を確認しておきましょう。

等級 自賠責の限度額 等級 自賠責の限度額
要介護第1級 4,000万円 第7級 1,051万円
要介護第2級 3,000万円 第8級 819万円
第1級 3,000万円 第9級 616万円
第2級 2,590万円 第10級 461万円
第3級 2,219万円 第11級 331万円
第4級 1,889万円 第12級 224万円
第5級 1,574万円 第13級 139万円
第6級 1,296万円 第14級 75万円

後遺障害等級の認定基準

後遺障害の認定基準は、国土交通省が公開しているため、各等級の基準を知ることができます(参考:国土交通省の等級表)。

しかし、項目数が多く、複雑で医学的な知識を必要とします。これに基いて正しい等級認定を行うため、ポイントを押さえた診断書の作成や必要な検査を医師に依頼するべきです。ただし実際には被害者自身が適切に対処することは難しいでしょう。専門家への依頼を検討したほうがよいです。

後遺障害等級と併合

後遺症の症状によっては、複数の等級に該当する場合があります。そのような場合には原則として次のような基準で等級を決定します。これを等級の併合と言います。

  • 第5級以上が二つ以上ある場合は一番重い等級を3級繰り上げる
  • 第8級以上が二つ以上ある場合は一番重い等級を2級繰り上げる
  • 第13級以上が二つ以上ある場合は一番重い等級を1級繰り上げる
  • それ以外は一番重い等級を採用する

後遺障害等級に該当するかどうかで、適切な補償を受けられるかどうかが左右されるため、経験豊富な弁護士に依頼することをおすすめします。少なくとも、セカンドオピニオンとしてでも、一度弁護士に相談した方がよいでしょう。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故を扱う弁護士を探す

後遺障害等級に関する法律相談

  • 後遺障害等級を争いたい。事故の裁判と一緒に出きる?

    交通事故後遺障害後遺障害等級

    後遺障害認定について 14級が認定されましたが、MRI画像がはっきりと写っていない?のか12級になりませんでした。異議申し立てはしてません。 そこで、 交通事故の民事裁判をこれから行い...

    4弁護士回答
  • 交通事故後遺症の外貌醜状認定

    交通事故後遺障害後遺障害等級

    交通事故の後遺症で顔面に線状の傷痕が2か所残りました。一か所は4センチ、2か所目は2センチです。 外貌醜状の等級認定では、2か所の長さは合算されるでしょうか。

    2弁護士回答
  • 追突事故と難聴・耳鳴りについて

    交通事故後遺障害後遺障害等級

    昨年の10月に追突事故で被害に遭い個人整形外科医でリハビリ中です。 低髄液の疑いがあり大学付属病院の脳神経外科で診察中ですが、難聴・耳鳴りがあり耳鼻科を紹介して頂く事ができました...

    1弁護士回答
  • 労災後遺症障害等級について

    交通事故後遺障害後遺障害等級

    ご質問させて頂きます。 労災後遺症障害等級12-13に局部に頑固な神経症状を残すものとありますが14級の神経症状を残すものとの違いは何でしょうか?

    2弁護士回答
  • 交通事故 後遺障害認定について

    交通事故後遺障害後遺障害等級

    交通事故の後遺障害認定について。 夏頃に車同士の事故で頚椎を傷め、 治療から約5ヶ月が経過し現在も整形外科に通っております。 怪我の状態は、手の痺れ、手の浮腫み、頚椎の痛みです。 ...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 「歩きスマホ」VS「3人乗り自転車」歩道で事...
  2. 追い越し車の「飛び石」でマイカーのフロント...
  3. 赤信号の交差点に進入した「パトカー」が車と...
  4. 交通事故で異例の「刑免除」判決、背景にある...
  5. 「十分な注意が必要」ノーリードで犬飼育、ペ...
  6. 北関東でお馴染み?「鬼ハンドル」「カマキリ...
  7. 「会議に遅れられない」緊急停車中の電車を降...