症状固定1か月前の私に出来ることはありますか

公開日: 相談日:2019年01月02日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

ちょっと考えすぎかもしれませんがアドバイスを宜しくお願いします。
バイクと車の事故で過失割合15:85の被害者側です。
事故当日に自分の車で、病院へ行き、全身打撲1週間の診断書を持って警察に行きました。
担当医が週1の非常勤の方で月3回のペースで通院。
2ヶ月後、痛みが全く良くなってないのに、もう大丈夫と言われ
びっくりしてしまいましたが、そうは言えずに
次の週、挨拶がてらお菓子を持参し、お世話になりました、と伝え
「もう大丈夫と言われたので治療終了かと思いました」と伝えたら
「痛ければ来ていいんですよ」と言われ、私の痛みが伝わってないのかなと思い
次の週に、痛みを紙に書き出して提示したところ
「⁉今までと違うぞ」と言われ、(いや 今までもそう伝えてきたよと心の中で思ってましたが)

事故から2か月以上経って MRI CT の検査になり 手の骨折、肩の傷害が分かりました。
その後2ヶ月医師の指示通り、月一回程度の通院、再度 CT 検査をして骨癒合に至りました。

その後の通院も医師の指示で月1回、4週以上空いた治療通院日もあり、
7か月ほどで症状固定予定、後遺障害申請に至る形になりますが
今思うと、最初の2か月の診断や、4週以上空いた経過観察が、等級を取るのにわざわざ難しい嫌がらせのような通院形態のように感じてしまいました。
私自身も交通事故に関する知識がなかったばかりに、医師の指示どおり通院してきましたが
医師自身が診断書は書くけど障害等級は難しいよと言っており等級が取れないなら通院したほうが痛みも残ってるのでいいように思うのですが
担当医は保険屋さんが終了って言ってるでしょ、あとは自然治癒と言われました。

痛みも気になる点も残ってるのに、医師の判断でこれ以上、私は、何も出来ないのでしょうか。
他院でMRIでも撮影してもらったほうがいいでしょうか。
自費で通うなら他へ通うつもりですがお世話になった先生でもあり、私が曲解してるだけかとも思うのですが、ぎりぎり症状固定前の私に何が出来るでしょうか。

746850さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    1 どの時点で,症状固定との診断を受けるかは,事案によっては,非常に悩ましい問題と考えます。症状固定時期に関しては,裁判では,医師の判断が尊重される傾向にあり,大きく外れた判断でなければ,医師の判断がそのまま症状固定時期として認められることが多いです。
    2 ただ,主治医の方では,純粋に医学的な観点のみで症状固定時期を決めているわけでない場合もたびたびみられるように思われ,その判断は,保険会社とのやりとりや患者の意向にも左右されているように感じます。
    例えば,医師が保険会社からの医療照会に対し,ある時期で症状固定の見込みと回答した場合には,後の医師の判断も,その回答に縛られがちになることもあるように思います。
    一方で,患者が治療を希望し,実際に治療を受けて一時的にも楽になるなど,なんらかの反応がある場合には,病院の方で,無理に症状固定と判断して,一方的に治療自体を打ち切ることも少ないと思います。
    3 私個人としては,大変悩ましい問題ですが,少なくとも1年を超えない治療期間であれば,一定の強い症状が残り,治療を希望されるのであれば,治療を継続することを勧める場合が多いです。保険会社が症状固定に至ったとして治療費の支払いを打ち切ってしまった場合には,健康保険の自己負担分を負担しながら,治療を継続することになります。この場合,予め主治医や事務担当者(医事課)に,治療終了時に,経過診断書,診療報酬明細書,後遺障害診断書の作成をお願いすることになる見込みであることをお願いしておくこともあります。
     なお,主治医や病院との間で治療費の取り扱いに関してトラブルになることは避けるべきです。この辺りの医療機関への説明は,弁護士でないと難しい面があるかもしれません。
    4 あと,後遺障害の立証のために,他の専門的な病院での検査が必要な場合には,症状固定前に可能な限り行っておいた方がよいと思います。紹介状がある方がスムーズです。
    5 私としては,後遺障害が問題になり得る事案のようにも思われますので,お近くの弁護士に相談に行かれることをお勧め致します。





  • 相談者 746850さん

    タッチして回答を見る

    紹介状を担当医に頼むのが躊躇われるのですが
    大丈夫でしょうか。
    弁護士さんは自分の加入している保険会社さんの紹介で紹介してもらいました。
    話の流れで委任になってしまった感じで、自分で相談して選んだという感じではありません。
    そのせいか少々頼りなく感じており、医師の判断としかアドバイスを頂けませんでした。
    私の報告を待つような弁護士さんで選任も私自身のミスだと反省してます。
    ただ、保険会社とのやり取りや通院などで自分自身いっぱいいっぱいで
    自分で探して相談するという行動がとれなかったのも本当で、委任してあるというだけで気持ちは少し楽ではあります。
    これまでの話をした上で医師の判断待つしかないと言われた弁護士さんですが、
    私は、今の段階で弁護士さんに何を話し、行動して頂けるでしょうか。

  • 相談者 746850さん

    タッチして回答を見る

    未だに保険会社とのやり取りも私がしています。
    なぜなら、今入ると相手の保険会社が警戒すると弁護士さんが言われてました(苦笑)
    それでも一人で頑張るより楽な気持ちは本当です。
    弁護士さんは、どうしようもない先生だねーとかしか言いませんでした。
    アドバイスらしいものがなくて困ってます。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    1 言葉足らずで申し訳なかったのですが,私としては,他院での追加の検査を受けるというのは,例外的な場合と考えています。例えば,痛みが慢性的なものでペインクリニックの治療を希望する場合や3.0テスラのMRIを追加で撮影を希望するなど,現在の医院では対応できないものをお願いするといったことです。合理的な理由もないのに,治療先自体を変更することはできるだけ避けるべきであると,私は考えます。
    2 事故後から継続的に患者を観察している主治医の判断は,代え難いものであり,仮に,検査のために他院に通院した場合でも,最終的な後遺障害診断書は,継続的に治療を担当した現在の主治医から頂いた方がよい場合が多いと考えます。
    3 現在の主治医になにをお願いするかは,相談者の症状と弁護士の戦略的な判断によると思いますので,悩まれている点を弁護士に相談した方がよいでしょう。
    4 症状固定時期は,主治医が判断するとの依頼されている弁護士の助言は正しいものです。また,私自身も反省するところもあるのですが,事故直後に受任後,症状固定に近づくまでは,特段の問題が生じない限り,治療の問題は基本的に医師と依頼人にお任せし,報告を求めないことも珍しいことではありません。症状固定が近づいた時期になって,問題点が顕在化し,対応を始めることもあります。
    5 今回,相談をして頂いた悩みを,そのまま担当の弁護士に相談をすることをお勧めします。あなたの希望に応じた方針を提示して頂けると思います。
    6 保険会社の紹介で依頼しているとのことですが,交通事故の経験が豊富な弁護士が担当されていることが多いです。今,ご依頼している弁護士に相談することを勧めます。




  • 相談者 746850さん

    タッチして回答を見る

    丁寧なアドバイスをありがとうございます。
    弁護士さんをお願いしたのは、症状固定の話が保険会社さんから出て、
    なんの事だろうとインターネットで調べて交通事故のこういったことを知りました。
    なので、自分自身にも余裕がなくて失礼しました。決して弁護士さんを批難したわけではないです。
    こちらこそ、言葉足らずで申し訳ありませんでした。
    今の弁護士さんに自分の気持ちと年末に受診した先生の話をしてお願いしてみます。
    この度は2回も内容の濃い解りやすい丁寧なアドバイスを頂きまして本当にありがとうございました。
    新しい1年が素晴らしいものでありますように。

この投稿は、2019年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから