交通事故の後遺障害について、認定の可能性

公開日: 相談日:2019年01月31日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

バイク転倒単独事故の後遺障害認定についてです。
2017年末に右鎖骨を骨折し観血的手術でプレート固定しました。半年リハビリし、約一年後の現在2019年1月にプレート抜去。
任意保険会社から「後遺障害について医師に確認してほしい」と言われ、次の診察時に確認する予定です。
現在の状態としては、肩の可動域についてはほぼ9割方は回復しています。
ただ、鎖骨周辺のしびれ(皮膚感覚があまり感じられない)が残っており、これを「神経症状」として申請できるかどうか、考えています。
保険会社からは、「かなりきびしいと思われる。診断書やCD-Rの費用がもったいないのでは」と言われました。

お聞きしたいのですが、このような現状で、後遺障害について申請するのは、意味のないことでしょうか?
つまり、「認定の可能性はきわめて薄い」と考えられるでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

757435さんの相談

回答タイムライン

  • 五十嵐 亮 弁護士

    注力分野
    交通事故
    タッチして回答を見る

    骨折⇒観血的手術(ボルト固定・プレート固定等)⇒骨折は治癒(癒合不全なし)⇒1年以上通院したが痛み・しびれ残存のケースであれば、14級の可能性はあると思います。
    過去に何度か経験したことがあります。

    必ず認定される保証はないと思いますが、申請を止めるほどではないと思います。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県6位
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    1 可能性は五分五分ではないでしょか。
    2 骨折後の神経症状も14級9号の対象となり得ます。
    しかし,骨折は癒合がなされていれば,周辺の軟部組織・神経・血管も問題を生じることはありません。だが,プレート固定を1年以上していたことから,周辺のそれらを損傷させてしまった可能性があります。
    3 ただし,鎖骨周辺のしびれというのは,気になります。しびれは神経圧迫を意味するからです。骨折後の不正癒合,特に転位(骨のズレ)で神経圧迫があるとは考えにくいのでCDーRをとっても何も映らないと思います。また,骨折後のしびれというのも一過性のもので,時間経過と共に軽減消失すると推定がされやすいものです。
    4 医師と相談の上で診断書のみならず,「しびれ」の範囲を図示したり,常時しびれがあり,どのようなときに増悪するかなどの詳細な補充書を御自分でも作成して後遺障害診断書に一体のものとしてつけて提出して下さい。

この投稿は、2019年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す