示談時における保険会社とのやりとり

慰謝料請求の相手方が、団体総合生活保証保険に加入しています。
おそらく示談金の交渉は保険会社とのやりとりになると思いますが、保険を使われることによって慰謝料が下がったりとの話を聞いたことがあります。
原因は外傷による視力低下ですが、過失は100パーセント相手方です。

そこで、現在治療中の為診察料等先に支払ってもらいたい場合はどうすればよろしいですか?
相手方はまとめてと言っていますが、症状固定まで何度か通院する為費用もかさみます、これは保険会社に伝えてもらっても後々面倒にはなりませんか?

保険会社が介入することによって正当に慰謝料を請求できない場合は、弁護士を雇うほかないと思いますが、その際の弁護費用等も請求することはできるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
b4_6e45さん
2019年04月21日 15時25分

みんなの回答

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県3 交通事故に注力する弁護士
ありがとう
> 現在治療中の為診察料等先に支払ってもらいたい場合はどうすればよろしいですか?
→団体総合生活保証保険となると,それに付随している賠償責任保険特約ですね。
すると,自動車事故以外の自転車事故等での被害でしょうか。ある損保の約款を見ましたが,保険会社による示談代行付きかどうかにより,保険会社が表に出てくるかどうかは異なります。その点は,相手方に確認をする必要があります。
また,自動車事故とと異なり,自賠責保険金の制度がありませんから,治療終了してからの精算ということを保険会社から契約者である相手方も言われているのかと思われます。
この治療費の支払いは,自賠責保険金のないことから,相手方あるいは保険会社との交渉によりますが,過失が相手方100%ということならば,窓口負担した分を,その都度相手方精算するように要求することは当然だと思います。
視力低下というのは,かなりの重傷ですから,弁護士に依頼をして交渉を代理してもらうべきかと思います。

> 弁護士を雇うほかないと思いますが、その際の弁護費用等も請求することはできるのでしょうか?
→交渉段階では,示談に際して相手方が弁護士費用を負担するように要求することは残念ながらできません。しかし,訴訟となれば,交通事故に準じて,弁護士費用を賠償項目として請求して判決で認められることは可能と考えられます。

2019年04月21日 18時50分

b4_6e45 さん (質問者)
お返事ありがとございます。

追加でいくつか質問させていただきたくお願いいたします。
示談金、慰謝料、逸失利益等は症状固定後の提示でよろしいのですか?
症状が固定するまでは請求できないと言うことでしょうか?

これは確認しますが、相手方保険会社に示談交渉サービスが付いていない場合はこちらの言い値、といいますか、示談金については当事者同士の話し合いで決まるものなのでしょうか?
一応相手の保険会社には示談金を支払うサービスが付いているみたいです。

2019年04月21日 19時32分

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県3 交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 示談金、慰謝料、逸失利益等は症状固定後の提示でよろしいのですか?
> 症状が固定するまでは請求できないと言うことでしょうか?
→症状固定により,後遺障害が判定されるので,後遺障害による逸失利益及び後遺症慰謝料は,当然症状固定後で無ければ理屈上発生しません。
また入通院についての慰謝料も,症状固定までの期間により判断しますので,同様です。
したがって,示談金というのは,最終解決に際して支払えるものです。
しかし,入通院の慰謝料や治療費の自己負担分,通院交通費は,症状固定までの間に発生をしているわけですから,症状固定前にも請求をすることはできます。
また,慰謝料も途中で仮払いという形で請求することもできます。

> 相手方保険会社に示談交渉サービスが付いていない場合はこちらの言い値、といいますか、示談金については当事者同士の話し合いで決まるものなのでしょうか?
→通常は,交通事故の賠償基準に従います。したがって,言い値というわけにはいきません。
示談金については,当事者同士で話し合いはしますが,示談代行付きではなくとも,支払うのは保険会社ですから,当然に金額等のチェックは入ります。そして,事実上同席して交渉に立ち会うこともあり得ます。

2019年04月21日 19時44分

この投稿は、2019年04月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,240名の弁護士から、「交通事故に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

何をするべきか知りたい方へ

交通事故_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

状況別に知りたい方へ

関連度の高い法律ガイド

【交通事故】症状固定後の治療費を加害者に請求できる? 弁護士Q&Aまとめ

交通事故で負ったケガ。医師から「これ以上回復の見込みがない(症状固定)」と言われたけど、まだ治療は続けたいーー。症状固定後も通院を継続した場...

症状固定後に交通事故とは無関係の事故や病気などで死亡した場合の賠償金

交通事故で後遺障害が残った場合、ケガや後遺障害に応じた賠償金が保険会社から支払われます。では、交通事故とは無関係の原因で被害者が死亡してしま...

症状固定後に後遺障害を苦に自殺するなど交通事故が原因で死亡した場合の賠償金

交通事故で後遺障害が残った場合、ケガや後遺障害に応じた賠償金が保険会社から支払われます。では、症状固定後に後遺障害が残ったことを苦に自殺する...

【交通事故】視力低下や斜視は後遺障害等級認定される?弁護士Q&Aまとめ

交通事故によって頭部に強い衝撃を受けると、視力低下や斜視といった症状が出ることがあります。これらの症状は交通事故の後遺障害等級認定を受けられ...

この相談に近い法律相談

  • 症状固定になるんでしょうか?

    3月に交通事故にあい、現状まだ痛みがあるため整骨院と整形外科に通院しています。 保険会社から症状固定だから早く後遺症害の申請をしろと言われていますが、担当医からは、症状固定とは言われていませんし、後遺症害の申請をするのはあと最低でも3ヶ月から半年は様子をみましょう。と言われていました。 ですから保険会社には...

  • 症状固定になりますが、、

    2月末日に症状固定となり、そのまま後遺症認定申請を致します。 医師にも後遺症申請を進められております。 ただ、頚椎捻挫で指先の痺れありで※MRI所見なし 6ヶ月目前で症状固定になります。 やはり、後遺症獲得は難しいでしょうか? 通院しておる病院の医師は弁護士がびっくりするくらい後遺症申請の書き方が丁寧だそうで 申...

  • 症状固定

    弁護士の先生へ、恐れいります。 交通事故による被害者、患者です。 今般、主治医から症状固定と告げられました。症状固定と後遺症認定はセットの様ですが、今ひとつ意味がわかりません。 後遺症認定は申請しないつもりですが、申請をしないと症状固定の診断書はとれないんですか?

  • 症状固定と保険金の支払いについて

    昨年7/27に運転中の急ハンドルで棘上筋不全断裂となりました。 現在、治療中で仕事も半休業状態で収入が半分以下の状態です。 1/27に事故半年となり保険会社より症状固定と言われています。 これには医師も同意しており症状固定の予定でいます。 しかし請求はしているものの治療費、交通費などの支払いは今だ有りません。 休業...

  • 症状固定前の示談交渉について

    傷害の怪我により、一度症状固定になりましたが、成長期により症状が悪化した為医師から症状固定の時期の延長がありました。まだ数年経過を見た方がいいという診断でした。受傷から今時点で2年2カ月です。12級に該当しそうな後遺症の診断書はかいてくれました。まだ何年かかかるようなので、悪化の追加診療などある旨の文章を添えて一...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

症状固定の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  2. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  3. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  4. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  5. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  6. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  7. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。