交通事故の後遺症障害について。

昨年の11月の交通事故に遭いました。
症状固定をし非該当で後遺症障害の認定はされませんでした。痛いものは痛いし痺れも残ったまま視力も低下したままで弁護士の先生に神経的なものを調べて来いと言われたので脳神経外科に行き検査をした結果は脳脊髄液が漏れていて脳脊髄液漏出症の診断が下り入院してブラッドパッチの治療を行いました。
まだ漏れている所が塞がっているかはわかりませんが頭痛は治ってきていますが肩の痛み握力低下視力低下手足の痺れはまだ改善されていません。
この場合は異議申立てするにあたりどのような事をする必要があるのでしょうか?
条件でだけで言えば併合8級になるぐらいなので泣き寝入りはしたくありません。
今お願いしている先生を信用してない訳ではありませんが自分なりに知識を増やしておこうと思い相談しました。
トッシーさん
2014年11月11日 15時21分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
脳脊髄液減少症という病名で神経系統の機能障害で9級、併合8級を取ることは難しいです。起立性頭痛、小脳扁桃下垂等の画像所見、ブラットパッチで症状軽減などの条件が揃った場合の低髄液圧症候群による等級認定を受ける必要があります。画像所見がることが極めて珍しいため、実務では14級又は12級の認定になることが殆どです。

2014年11月11日 22時28分

トッシー さん (質問者)
回答ありがとうございます。
一様脳神経外科の先生は画像上漏出所見があって視力低下も髄液が漏れていて減少している事によりそれが原因だろうとは言ってくれているのですが…それでもやはり無理でしょうか?
ちなみに事故1ヶ月前の視力は裸眼で1.5あり今は矯正しても0.4までしかでません。

2014年11月11日 23時09分

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
髄液漏出所見というの問題で、RI脳槽シンチで漏出所見があるというなら所見としての価値は低いです。脳脊髄液減少症を肯定する医師は漏出所見だというし、否定する医師は漏出所見ではないと言う始末ですから、それだけでは決定打に欠けます。何を持って髄液漏出所見と判断しているのかが重要です。視力低下との因果関係が明確に判断できる画像所見があり、起立性頭痛、ブラットパッチ効果などの診断結果が揃えば可能性は出てくると思います。


2014年11月11日 23時27分

トッシー さん (質問者)
何度もありがとうございます。
シンチはやっていません。造影剤を使ったMRIで私にはよくわかりませんが脊髄の流れててはいけない所に流れて写っていたみたいでした。起立性頭痛もありました。
脳神経外科の先生は目の周りにも脊髄液が流れているから漏出していて減少していると少しの減少でも神経を引っ張る事があるみたいな事を言ってました。

2014年11月12日 00時32分

この投稿は、2014年11月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

何をするべきか知りたい方へ

交通事故_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

状況別に知りたい方へ

関連度の高い法律ガイド

【交通事故】症状固定後の治療費を加害者に請求できる? 弁護士Q&Aまとめ

交通事故で負ったケガ。医師から「これ以上回復の見込みがない(症状固定)」と言われたけど、まだ治療は続けたいーー。症状固定後も通院を継続した場...

【交通事故】視力低下や斜視は後遺障害等級認定される?弁護士Q&Aまとめ

交通事故によって頭部に強い衝撃を受けると、視力低下や斜視といった症状が出ることがあります。これらの症状は交通事故の後遺障害等級認定を受けられ...

頭を負傷し「脳脊髄液減少症」に…後遺障害等級認定受けられる?

交通事故で頭に強い衝撃を受けると、症状固定(これ以上治療を続けてもよくならない状態)後も、様々な症状が残ることがあります。この記事では、「脳...

交通事故後から続く頭痛やめまい…後遺障害と認められる?弁護士Q&Aまとめ

交通事故被害で負ったケガは、心身に大きなダメージを与えます。事故からしばらく経っても「頭が痛い」「クラクラして立っていられない」など、辛い症...

この相談に近い法律相談

  • 交通事故の後遺症障害について。

    一昨年の11月に交通事故に遭い頸椎捻挫、腰椎捻挫と診断され病院に通って症状固定をし後遺症障害診断書を書いてもらい提出しましたが非該当で返ってきました。 未だに起立性頭痛、頚部痛、右肩関節痛、指先の痺れ、握力低下、右足痺れ、視力低下、不眠、発汗異常などの症状があり脳神経外科に行って検査したところ脳脊髄液の漏出所見が...

  • 交通事故の後遺症障害について

    一昨年の11月に交通事故に遭い頸椎捻挫、腰椎捻挫と診断され病院に通って症状固定をし後遺症障害診断書を書いてもらい提出しましたが非該当で返ってきました。 未だに起立性頭痛、頚部痛、右肩関節痛、指先の痺れ、握力低下、右足痺れ、視力低下、不眠、発汗異常などの症状があり脳神経外科に行って検査したところ脳脊髄液の漏出所見が...

  • 交通事故の後遺症障害の申し立て…却下でした

    ・歩行中徐行中のタクシーと接触、右膝を痛めました。その後膝は完治する事無く症状固定の診断がなされ、現在示談交渉中です。事故後、膝に障害が残ったとして「後遺症障害」の申請をしましたが「本件事故による骨折、脱臼等の器質的損傷は認め難く、右膝内側側副靭帯損傷や右膝内側半月板損傷についても、本件事故による外傷性の異常所...

  • 医療過誤による慰謝料の算定及び専門の弁護士事務所があるのか?

    昨年、出産時に使用した硬膜外麻酔で医療過誤があり、腰からいれたチューブが深く入りすぎ、体内で切断され、現在も5センチ程度体内に残存しています。 それが原因で、産後様々な症状がでました。 脳脊髄液減少症により起き上がれないほどの頭痛。その後脳に硬膜下血腫が出現し、目の神経麻痺もおこり、視野に異常もでました。 3週間...

  • 後遺障害等級認定票 。このまま示談していいのでしょうか?

    事故の経緯は前の相談などを見て下さい。 昨年、事故をして頸椎捻挫、上腕部、肩を痛め通院してました。 そして、後遺障害等級診断書の結果 非該当、頸椎挫傷捻挫後のこり、鈍痛、可動痛等の症状については、画像上、特段の異常所見は認め難く、後遺障害診断書上[神経学的所見、判断たるもの認めず]とされており~ ってきました。 ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

症状固定の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  2. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  3. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  4. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  5. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  6. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  7. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。