交通事故後の治療費を保険会社が急に払わないと言ってきました。

昨年3月に交通事故に会い、治療をしていたのですが、治療を終えた時点で相手側の保険会社が急に支払えないといってきました。
相手側が一時停止に道路にいたのですが、形だけ一時停止をしてそのまま確認をせずに斜め後方から追突してきたという状況です。

すぐに症状は出なかったのですが、2日後頭痛が始まり受信しました。診断書を持って警察に行きましたが、警察から、「保険会社が保証すれば相手の人身事故扱いは取り消すとあなたが言えばこのままでいいですし、それでも事故扱いしたいのであれば手続きをします。あとはあなたの気持ちの問題です。」と言われ、保険会社が事故後の保証をして治療をさせてくれるならいいですと言ってしまいました。
保険会社からは事故後の治療はきちんと保険で面倒見ますと言っていただきましたので、
脳外科で見ていただき、その後頭痛や手のしびれが出ており、頚椎捻挫という診断が出たのですが、整形等での電気治療は改善が見込まれないため、医療保険を取り扱っている鍼灸院で治療をすることになりました。治療前に保険会社の担当者には確認をとり、治療に通っても良いか了承を得ました。また、保険会社から送られてきた鍼灸治療院に対する指定の同意書もも書き、保険会社に提出しました。
しかし、ある程度は良くなったものの、症状はやや残る形(手の痺れ)で症状固定という結果になり、
今後の鍼灸治療は自分の健康保険で行うことにしました。

治療自体は昨年中に健康保険に切り替えたのですがそれ以前の保険会社で治療していた分を今になって鍼灸院に払えないという返答が来たようで、鍼灸院から10割負担で請求しなくてはならなくなりそうだと言われてしまいました。

どう対処すればよいでしょうか?
当時の保険会社の担当者は女性だったのですが、担当が変わったということで当時の話を確認できません。
治療院側もはじめの担当者と連絡をとりその時に了承した1回の治療金額の上限等の内容確認をしたいようですが、話をさせてくれないうようです。




おにぎりさん
2014年02月10日 12時13分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ベストアンサー
ありがとう
>鍼灸院から10割負担で請求しなくてはならなくなりそうだと言われてしまいました。

保険の利く診療なら、保険適用で、3割負担での支払とすることも可能です。
3割負担しておき、その後相手保険会社に請求していく必要があるでしょう。

保険が使えない診療なら、一時的に全額立て替えて請求する必要が出てきます。

今後は後遺障害認定や損害賠償請求などをおこなっていく必要があります。
今後のことを考えると、弁護士に直接相談されることをお勧めします。

2014年02月11日 09時31分

おにぎり さん (質問者)
早速のお返事ありがとうございました。
健康保険に関しては治療院あてに医師の同意書が必要となってくるようでさかのぼって健康保険に切り替えることは困難です。

昨日再度保険会社から連絡が来ました。当時の担当者の電話の内容を確認し、わたくしに医師に指示書をとってくるように伝えたらしいのですが、指示書の様式は渡していないとのことです。
私の認識では指示書という書式の話が出れば絶対様式確認をいたしますし、治療院にも相談しているはずです。ですが、当時の担当者は「医師に確認をとってくるように」としかおっしゃらず、私も口頭で確認をとり、その旨を保険会社に伝えました。
保険会社側からすればこちらのミスを何とか探し出し、それを切り札に私の非でこうなったことにしたいようです。

私としては治療については慎重に3か月経過して通常であれば完治している状況であっても後遺症があったため、その都度担当の方に連絡を取り、体の状態を伝え、まだ続けても大丈夫かなども聞いてきたつもりです。その時は症状が残るなら大丈夫ですと言っていただいて、半年過ぎたあたりで保険会社から「症状固定」という形にしませんか?とご提案があったので、もう一度脳外科に受診し、これ以上回復が困難なため、その後の治療を医療保険に切り替える旨をお伝えした次第です。

専門家を交えたほうがよいかと相手の保険会社に確認しましたところ、わたくしが10割負担を支払った時点で損害が出たという事実を作り、それをもとに弁護士なりなんなり相談してくださいと、何とも理不尽な対応です。ただし、専門家は弁護士でないと結局堂々巡りになるので弁護士にしてください。と言われました。
こちらが弁護士さんに依頼することを怯んで結局うやむやにしようと思っているのではないかと勘繰ってしまいます。

2014年02月11日 11時07分

この投稿は、2014年02月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

選んで簡単!

交通事故_やること診断イラスト

被害に遭われた方が
今するべきことがわかります
やること診断

状況で調べる

関連度の高い法律ガイド

【交通事故】症状固定後の治療費を加害者に請求できる? 弁護士Q&Aまとめ

交通事故で負ったケガ。医師から「これ以上回復の見込みがない(症状固定)」と言われたけど、まだ治療は続けたいーー。症状固定後も通院を継続した場...

【交通事故】頚椎捻挫の治療中に保険会社から治療費打切られたときの対処法

交通事故で身体に強い衝撃を受けた場合に、頚椎捻挫と診断されることがあります。頚椎捻挫の治療中に、保険会社から「治療費を打ち切る」と告げられた...

交通事故で頚椎捻挫…治療費打切りや後遺障害が非該当だった場合の対処法

交通事故で頚椎捻挫と診断された場合に、まだ治療中であるにもかかわらず、保険会社から治療費を打ち切ると言われる場合があります。また、後遺障害等...

交通事故でしびれを発症後遺障害等級認定を申請する場合のポイント

交通事故の被害にあった後、身体の様々な部分にしびれの症状が出ることがあります。この記事では、交通事故によるしびれの症状を理由に後遺障害等級認...

【交通事故】ケガの治療は整骨院がメイン、後遺障害等級認定に影響ある?

交通事故で負ったケガの治療を、病院ではなく整骨院で受けている人もいるでしょう。後遺障害等級認定を受けるにあたって、整骨院に通院していたことは...

この相談に近い法律相談

  • 自賠責保険の鍼灸治療について 鞭打ち・自賠責保険

    4月の終わりに母の運転する車で横からぶつかられてしまい、本当に軽い衝撃だったにもかかわらず通院が続いている状態です。 そこで自賠責保険での鍼治療について教えて下さい。 診断書は頚椎捻挫・腰部捻挫全治2週間でした。 しかし現在ちょうど2週間経過、完治には至っておりません。左手の痺れや違和感、脱力感がかなり出てしまい...

  • 交通事故と怪我の因果関係の証明について教えて下さい。

    3ヶ月前に交通事故にあいまして、整形外科に通院しておりましたところ、主治医から症状固定です。と言われました。要するに、これ以上治療を重ねても元のように治らない。と言う事らしいです。 しかし、(腰痛捻挫)私は、実際、腰は痛いし、足にシビレ、足先(足全体)が冷たい、足裏の感覚がおかしい等の症状があります。しかし、医...

  • 保険会社の治療費打ち切り後の治療継続と第三者行為による傷病届

    交通事故で治療を継続していますが、保険会社から治療費が打ち切りになりました。 症状は依然残っているため、健康保険を使って治療を続け、病院にはその旨伝えましたが、 特段手続き等はしていません。 この場合、第三者行為による傷病届等の提出をしなければならないのではないのでしょうか。

  • 事故 打ち切り    

    交通事故について 9対1の交通事故の被害者です。 巻きこみ事故で単車で転倒 打ち見などの怪我をして、通院しています。 まず 加害者の務めている病院に通院して、1ヶ月もしないうちに、加害者の保険屋の許可を取って、いきつけの整骨院に転院しました。 しかし整骨院に行っても痛みが取れず、近所の病院に転院しようと...

  • 交通事故による第三者行為届について

    先日、保険会社より交通事故による怪我の治療費立て替え払いを打ちきられました。 主治医より、症状固定まで自身の健康保険を使い治療できるとうかがいまして、現在、健康保険で治療ができるよう手続きを進めております。 そこで、保険会社(加害者)より記入していただく第三者行為届につきまして、記入いただけないようなことがあった...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

症状固定の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。