交通事故 示談金 計算方法

公開日: 相談日:2020年09月21日
  • 2弁護士
  • 2回答

労働能力喪失率5% (14級)で遺失利益額を計算するのは知ってますが、実際の収入減が10%をこえてます。
 過去の判例で私のような事例で、一律な計算式に当てはめるのではなく、個々の事情を踏まえた、被害者が損をしない判決はあるのでしょうか?

957789さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 957789さん

    タッチして回答を見る

    有り難うございます。残業時間が会社の産業医により制限が設けられ、月7万円位マイナスになってしまっていますが、裁判官の示談案に全く加味されてません。何をもって訴えたらよろしいですか?


     

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    交通事故
    タッチして回答を見る

    職種、後遺障害の内容から等級に対応する労働能力喪失率を超える労働能力喪失があるとみられると通常の労働能力喪失率を超える逸失利益賠償がなされることはあります

この投稿は、2020年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す