交通事故 無保険加害者への示談金請求について

公開日: 相談日:2019年05月04日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

事故時、相手が車、当方自転車の接触事故の被害者です

相手は任意保険に加入していましたが、自賠責が切れており任意保険の人身事故が使用できなかったため、加害者本人に示談金を一括払いで請求しましたが、「家庭の事情」という理由でこちらの請求金額より大幅に減額された金額で一括払いをしたい旨返答がありました。

一括払いができないのであれば、分割でも良いため話し合いをしたいと持ちかけましたが、理由の説明もなく分割でも一括で支払える金額と変わらないと断られました。

上記の状況ですが、この場合、以下についてお教えいただけますでしょうか。

①相手は収入がありますが、「家庭の事情」を理由に分割払いも断れるものでしょうか?収入があり、車を保有している時点で、多少なりとも生活費に余裕があると思います。その余裕分を毎月少ない金額でも支払えると思っています。
断れるとしても、相手の給与明細や源泉徴収表と月々の支出を証明できるものを開示してもらわないと納得できませんが、それを開示するよう要請はできますでしょうか?
②今後のやりとりで分割払いで解決できることなった場合、公正証書を作成することを考えていますが、作成費用は加害者負担でよろしいでしょうか?
③相手は車を当然保有していますので、車を売却して示談金に充てるよう要請はできますでしょうか?
④今後、示談が成立しない場合、訴訟も視野に入れていますが、判決が出た際の金額に弁護士費用を上乗せして請求できますでしょうか?

宜しくお願い致します。

794201さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    > ①相手は収入がありますが、「家庭の事情」を理由に分割払いも断れるものでしょうか?収入があり、車を保有している時点で、多少なりとも生活費に余裕があると思います。その余裕分を毎月少ない金額でも支払えると思っています。
    > 断れるとしても、相手の給与明細や源泉徴収表と月々の支出を証明できるものを開示してもらわないと納得できませんが、それを開示するよう要請はできますでしょうか?
    お金がないということで支払額を下げて欲しいと仰る方はいらっしゃいます。
    要請はされても良いと思います。

    > ②今後のやりとりで分割払いで解決できることなった場合、公正証書を作成することを考えていますが、作成費用は加害者負担でよろしいでしょうか?

    加害者が合意すれば、それでも良いと思います。
    ただ、公正証書を作ったとしても、強制執行するには、相手の財産がどこにあるかを把握する必要がありますが、それは御自身で探す必要があります。
    国は助けてくれません。財産開示手続はありますが実効性がありません。

    > ③相手は車を当然保有していますので、車を売却して示談金に充てるよう要請はできますでしょうか?
     要請はできますが、応じなければそれまでです。
     また、売却しても、金額が損害額を満たさない可能性もありますのでご注意ください。

    > ④今後、示談が成立しない場合、訴訟も視野に入れていますが、判決が出た際の金額に弁護士費用を上乗せして請求できますでしょうか?
     総損害額の1割程度を弁護士費用として請求できますが、それだけです。
     弁護士費用全額は難しいでしょう。 
     
    御自身が加入されている保険に弁護士費用特約がついているか調べてください。
    自転車の保険や火災保険やとにかく御自身の入ってる保険全てを調べてください。

    弁護士費用特約がついていれば、特約を使って一度弁護士に相談された方が無難です。

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    タッチして回答を見る

    >相手は収入がありますが、「家庭の事情」を理由に分割払いも断れるものでしょうか?

    法的には、原則一括での支払となります。
    相手があなたに対して、分割払いを強制させることはできません。

    >断れるとしても、相手の給与明細や源泉徴収表と月々の支出を証明できるものを開示してもらわないと納得できませんが、それを開示するよう要請はできますでしょうか?

    求めることは自由です。
    一方で、相手方が応じるかどうかも自由です。

    >今後のやりとりで分割払いで解決できることなった場合、公正証書を作成することを考えていますが、作成費用は加害者負担でよろしいでしょうか?

    加害者が同意するなら、問題ありません

    >相手は車を当然保有していますので、車を売却して示談金に充てるよう要請はできますでしょうか?

    要請は自由です。
    相手が従うかどうかも自由です。

    >今後、示談が成立しない場合、訴訟も視野に入れていますが、判決が出た際の金額に弁護士費用を上乗せして請求できますでしょうか?

    こちらも、請求は可能ですが、応じるかどうかは相手次第です。
    裁判になれば、一般的には、認められる損害額の1割を弁護士費用として請求できます。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > ①相手は収入がありますが、「家庭の事情」を理由に分割払いも断れるものでしょうか?収入があり、車を保有している時点で、多少なりとも生活費に余裕があると思います。その余裕分を毎月少ない金額でも支払えると思っています。
    > 断れるとしても、相手の給与明細や源泉徴収表と月々の支出を証明できるものを開示してもらわないと納得できませんが、それを開示するよう要請はできますでしょうか?

    要請はかまいません
    応じてもらえないなら訴訟も検討するほかないでしょう

    > ②今後のやりとりで分割払いで解決できることなった場合、公正証書を作成することを考えていますが、作成費用は加害者負担でよろしいでしょうか?
    特に決まっていませんが、加害者負担という取り決めもありうるでしょう

    > ③相手は車を当然保有していますので、車を売却して示談金に充てるよう要請はできますでしょうか?

    要請自体はかまいません
    判決をもらい、強制競売という方法もありえます
    > ④今後、示談が成立しない場合、訴訟も視野に入れていますが、判決が出た際の金額に弁護士費用を上乗せして請求できますでしょうか?

    判決では認容額の10パーセント程度が弁護士費用として認められます

この投稿は、2019年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す