示談についてお教えください。

交通事故(追突事故)に会い(当方過失0)、これから示談交渉に入ります。
任意保険の弁護士特約に加入していたため、弁護士に交渉をお願いする予定です。
後遺障害併合14級、通院期間9ケ月、通院日数100日、現在50歳(会社員)、前年度年収500万としてどのくらいの金額が妥当でしょうか?
また、弁護士基準、裁判基準の何割位が落としどころでしょうか?
よろしくお願いいたします。
b4_6136さん
2017年11月22日 10時07分

みんなの回答

鬼沢 健士
鬼沢 健士 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 茨城県1 交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
弁護士です。

あくまで参考程度にしてください。

慰謝料109万、後遺障害慰謝料110万、逸失利益108万2375円が1つの基準になると思います。

示談の場合には8~9割主張を提案されることが多いです。
保険会社は治療費総額も気にしながら解決します。

2017年11月22日 10時28分

この投稿は、2017年11月22日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

選んで簡単!

交通事故_やること診断イラスト

被害に遭われた方が
今するべきことがわかります
やること診断

状況で調べる

関連度の高い法律ガイド

交通事故の被害回復を弁護士に依頼することのメリット

交通事故の被害にあって保険会社と示談交渉するとき、弁護士に交渉を依頼することで適切な賠償(保険金)を受けられる可能性が高まります。弁護士は、...

刑事事件における示談の重要性や示談金の相場、交渉方法

刑事事件の行方は、警察や検察の取り調べや裁判での弁論の中だけで決まるようにも考えがちですが、被害者のいる犯罪では、被害者感情も判断に大きく影...

【交通事故】複数の後遺障害があると等級が繰り上がる?「併合」のルールを弁護士が解説

交通事故による後遺症は1か所だけとは限りません。場合によっては複数の部位に後遺症が残ることもあります。複数の後遺症が、それぞれ後遺障害等級認定...

交通事故で親族が死亡した場合の示談交渉の流れと請求できる賠償金の範囲

死亡事故で保険会社と示談交渉する場合、あらかじめ示談交渉の流れや請求できる賠償金の範囲を知っておくことで、落ち着いて交渉に臨むことができます...

交通事故で保険会社との示談交渉がまとまらない場合の3つの対処法

交通事故の紛争をめぐって、示談交渉がまとまらない場合、次に選択する手続きは主に3つ(弁護士による示談交渉、ADR(裁判外紛争解決手続き)、裁判)...

この相談に近い法律相談

  • 交通事故慰謝料 自賠責基準>弁護士基準ってあり得ますか?

    交通事故で追突され「頚椎捻挫により2週間の加療を要する」と診断され通院中です。 診療時間や混雑に加え、整形外科は痛み止め薬と湿布の処方のみ、整骨院ならば状況に合わせた施術ということもあり、現在まで整形外科には2週に1回、整骨院に週に5~7回と、主に整骨院に通院しています。 このサイトから、慰謝料の算定には「自...

  • 交通事故の損害賠償の算定方法等について

     平成26年7月5日に,私の運転する2輪車と,相手方の運転する自動車が,交差点内で接触する交通事故(以下,「本件交通事故」といいます。)が発生しました。  尚,双方共に,任意保険に加入おりまして,又,本件交通事故の過失割合を,相手方保険会社は,私5%相手方95%と言ってきており,それにつき私は,その過失割合を争...

  • 通院期間に比較して実通院日数が少ない場合の慰謝料額について

    交通事故で、現在、相手方の保険会社と示談交渉をしているのですが、提示された慰謝料額について質問です。 被害者は2名で、怪我の程度はいずれもむち打ち等、一方は通院期間が117日で実通院日数が18日、もう一方は通院日数が67日で実通院日数が12日です。 このように、通院期間に比べて実通院日数が比較的少ないため、保...

  • 交通事故による,傷害慰謝料について

     平成26年7月5日に,私の運転する2輪車と,相手方の運転する自動車が,交差点内で接触する交通事故(以下,「本件交通事故」といいます。)が発生しました。  尚,双方共に,任意保険に加入おりまして,又,本件交通事故の過失割合を,相手方保険会社は,私5%相手方95%と言ってきており,それにつき私は,その過失割合を争...

  • 交通事故の損害賠償請求権に対する遅延利息の起算日について

    仮に、事故日が平成24年2月15日で、症状固定日が平成24年11月15日とすると、治療費、通院交通費、休業損害、通院慰謝料、後遺障害逸失利益、後遺障害慰謝料、弁護士費用に対する遅延利息(年5分)の起算日は、それぞれいつからになるのでしょうか。 依頼した弁護士の先生から送られてきた訴状案には、一律に上記合計金額に対して、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

示談交渉の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。