交通事故_示談書の清算条項(物的損害)について

物損と人身の交通事故ですが、
物損については、示談する事になりました。
最終的には、弁護士の先生に確認するつもりですが、
いろいろ調べてみたのですが、下記の文言でよいでしょうか。
(物損については、今後、一切の請求がお互いにない事を確認したいのです。)
示談書の清算条項(物的損害)について、
甲と乙は、本件事故による損害賠償問題のうち物的損害について、
本示談書に定めるところにより全て解決したことを確認し、甲と乙の間には、本示談書に定めるもの(人的損害を除く。)のほかに、何らの債権債務がないことを相互に確認する。
以上です。宜しくお願いします。
2017年09月24日 03時07分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
特に問題ないと思います。

記載の文言のある示談書にお互いの署名押印をされれば、物損の請求権については、示談書記載のもの以外には請求できなくなるでしょう。

2017年09月24日 06時55分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
「本件事故による」と特定された事故について(関連があるように思えても、本件事故に含まれないものは別となります。)
「損害賠償問題のうち物的損害」の限度では、一切の請求はないということになります。

2017年09月24日 07時09分

この投稿は、2017年09月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

交通事故の被害回復を弁護士に依頼することのメリット

交通事故の被害にあって保険会社と示談交渉するとき、弁護士に交渉を依頼することで適切な賠償(保険金)を受けられる可能性が高まります。弁護士は、...

清算条項に合意していても年金分割を請求できるのか

夫婦の一方は、離婚するとき、配偶者が支払った厚生年金保険料の納付記録を分けてもらい、将来受け取れるはずの年金額に反映させることができます。年...

物損事故から人身事故に切り替えられたら刑事責任を問われる?

物損事故として処理されていたのに、後から被害者が人身事故に切り替えた場合、加害者は刑事責任を問われて前科がつくのでしょうか。このような疑問に...

物損事故と人身事故の違いと人身事故へ切替えを検討すべきケース

交通事故は、大きく分けて「物損事故」と「人身事故」があります。交通事故にあったとき、物損事故と人身事故のどちらで処理されるかによって、利用で...

【自転車同士の事故】物損から人身への切替えで罪に問われる?弁護士が解説

自転車同士がぶつかった事故で、直後は物損事故として処理されても、事故後数日経ってから身体に痛みなどの症状が出てきた場合に、人身事故への切替え...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 準備書面について

    準備書面を書くのは2回目です。1回目の被告から帰ってきた、準備書面の答弁書は、反論でした。その上、損害賠償事件で人をけがさせといて謝罪をする気はなく、治療費も払う気がないとのこと。原告としては、2回目の準備書面には "否認乃至争う" という言葉を使いたいのですが、本人訴訟のため一度確認させて下さい。この意...

  • 公判での上申書は有利に評価されるのか?

    刑事事件での公判において、被害者からの提案により被害額の約4割の被害弁済をしました。 その際、証拠提出するために領収書と被害額の4割の弁済を受けたのでこれ以上被害弁償を求める意思はない旨、付け加えて、被告人を寛大な処分にしてほしい文言が入った[上申書]に署名を頂き提出しました。 被害者は検事に対して、決して許した...

  • 示談の効力

    不法行為により被った被害者に生じた現実の損害を金銭的に評価し、加害者にこれを賠償させ、一定の金額を受領することで満足し、その旨示談しました。 その後、被疑者・被告に対する刑事処分が確定しました。確定後、被疑者・被告の供述調書等閲覧しましたところ、事故との相当因果関係についての結果に影響を及ぼす虚偽が多かったので...

  • 示談書について。その内容について損害賠償とか起こせますか?

    妻が不倫相手と交した示談書について、不倫相手が示談書交した後で示談書の内容に違反しました。 その内容について損害賠償とか起こせますか?

  • 傷害罪 加害者の反省の態度(民事→刑事)

    傷害事件の被害者です。 民事訴訟中で加害者が準備書面中で犯行を否認しています。 診断書・警察の調書・写真等の証拠があります。 全治2ヶ月です。 刑事訴訟で争う場合、「加害者が反省していない」という証拠として 民事訴訟の被告の準備書面を見せる、または、引用して告訴状に書けば、 反省をしていない態度、不合理な...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

示談交渉の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。