自動車同士の事故の過失割合について

先日交通事故に遭いました。

場所:信号の無い交差点
当方:センターライン(黄)のある優先道路を直進
相手:一時停止のある道路を直進(当方から見て左側から)

当方は交差点の50m以上手前から相手が一時停止しているのが見えていました。
交差点の5mくらい手前で相手が急に直進し、ブレーキは間に合わないと判断して、対向車線側にはみ出して回避しましたが、左側後方部に衝突され、その衝撃で車が斜めに振られて電柱に衝突しました。
左薬指骨折、左膝打撲挫創で全治3週間です。

法定速度40km/hで当方も40km/hくらいで走行していたと思いますが証拠はありません(対向車線回避時にアクセル踏んだかも知れません)
相手はこっちを全く見ていなかった事を認めています。

保険会社同士で示談してますが過失割合は基本過失割合の通り1(当方):9(相手)になってしまいそうです。
保険会社に話をしても「動いていたから仕方ない」しか返ってきません。

このような場合やはり過失1はついてしまうのでしょうか?
過失修正を交渉して0:10にする事は可能でしょうか?

よろしくお願い致します。
deepskyさん
2010年01月19日 22時58分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
保険会社同士のやりとりを修正するというのは事実上困難です。1:9で動いているわけですから。

0:10にするのであれば弁護士を頼む、強硬かつ徹底的に拒否するしかないと思います。もっともそれだけ体力と時間を使って、いったいどれくらいの利益になるのかという側面もあります(なので弁護士に頼むのは非現実的です)。

2010年01月19日 23時37分

稲野 正明
稲野 正明 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
大変な目に合われましたね。

さて,過失相殺ですが,たぶん裁判の判決も0:100にはならないと思われます。詳しい説明を保険会社の担当者に求めれば「別冊判例タイムス」という過失相殺のガイドラインのような本の抜粋を元にして説明をしてくれると思います。

お気持ちはお察し致しますし,ご相談者からご不満をお聞きすることはまれでありません。

このへんはいつもご相談者が不満を抱かれるところなのですが,「普通に交通ルールを守っている」というだけでは,民事不法行為法上の過失相殺の場面では,たいてい不十分であるとされます。事故回避という点から見ると,回避措置が取りえたという評価です。

本件のような場合では,法定速度ではなく徐行(時速20km程度)していれば,0:100です。相手方車両をやり過ごす直前に相手車両が急加速で飛び出して衝突した場合もそうでしょう。しかし,そうでなければ,10%程度の過失を取られてしまいます。
外国の人や帰国子女のような合理的発想をする人にこういう説明をすると,「なぜ法的に徐行義務がないのに,徐行しなかったことで不利に扱われるのか理解しがたい。そのルールは間違いだ」といって怒られてしまいますが,交通安全の道交法ルールと民事賠償責任は次元の違う話であるということよりも,日本の法文化ということだろうと思います。

ご不満でしょうが,ご理解をいただければと。


一日も早いご回復と,賠償問題の円満な解決をお祈り致します。

2010年01月20日 12時00分

この投稿は、2010年01月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

選んで簡単!

交通事故_やること診断イラスト

被害に遭われた方が
今するべきことがわかります
やること診断

状況で調べる

関連度の高い法律ガイド

交通事故の被害回復を弁護士に依頼することのメリット

交通事故の被害にあって保険会社と示談交渉するとき、弁護士に交渉を依頼することで適切な賠償(保険金)を受けられる可能性が高まります。弁護士は、...

この相談に近い法律相談

  • 車対車 T字路 判例を教えてください

    T字路、車対車の事故です。当方直進。相手が右側より左折。道幅は当方5.8m。相手方3.6m。信号標識センターラインなしです。 状況は、当方が時速20km位で交差点に進入、相手が見えたので、交差点内で停止しました。相手も同じく停止しました。その後、相手が発進し、停止中の当方に接触。相手が発進するのが見えたので当方が警笛を鳴...

  • 直進バイクと右折車の右直事故過失割合について。

    初めまして。 先日昼間、片側4車線の幹線道路の1番左車線を中型バイク法定速度以下のスピードで直進中、信号有り交差点内(右折矢印の無い)で、右折してきた軽自動車と接触しました。 当方が走っていたレーンは、左折と直進両方可の道路表示です。 信号は双方とも青でした。 こちらはすぐに救急車で運ばれ、火傷と打撲で全治1週間...

  • 交通事故の過失割合について

    ■状況 片側2車線の幹線道路(制限速度50km/h)の左車線を加害者が運転する普通車が走行していました。通勤時間帯で交通量は多かったのですが、渋滞はしておらず時速30km/hぐらいで進んでいました。 当方はバイク(125cc)でその左斜め後ろ(2車線左車線の更に白線の左側)を同じく時速30km/hぐらいで走行していたところ、相手車は方向指示器...

  • 自動車同士の交通事故(物損事故)

    過失割合について、 当方見解:当方0:相手方100 相手方保険会社:当方90:相手方10 当方は弁護士費用特約有り 1.事故状況 (1)優先道路(方位:北から南へ進行)と側道(方位:西から東で優先道路に合流)のT字路での自動車同士の物損事故 (2)当方が側道から優先道路に進入し右折する(南方向)ために中央線をやや越え...

  • 速度を出していないときの側面からの衝突された場合の過失割合、他について

    先日、一方通行路(幅約5m1車線のみ)を直進していたところ、十字路の右側(幅約3m)から出てきた車が右側面に衝突しました。相手は、一旦停止したと説明しています。私は、交差点左側角にあるスーパーに入る予定であっため時速は3kmも出ていません。事実、相手方が横に見え1秒以内に停止していますし、擦り傷も30cm未満です。(前記時...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

示談交渉の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。