交通事故加害者の代理人の法的立場は?

自転車対車の接触事故の被害者です。現在も治療中です。先日から物損部分についての、示談交渉をしているのですが、加害者の代理人として保険会社専属の弁護士が出てきているのですが、この代理人というのは法的にいうとどういう立場なのでしょうか?あまりにも不誠実な対応ばかりなので、本人と話をしたいのですが。教えて下さい。
simple life1103さん
2015年10月02日 15時33分

みんなの回答

林 高弘
林 高弘 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 群馬県2 交通事故に注力する弁護士
弁護士が同意2
ありがとう
弁護士が加害者の代理人になると、示談交渉等の一切を加害者に変わって行います。ですので、あなたが、もし代理人でなく、加害者本人に電話などをしても、加害者は、弁護士から、「被害者から直接連絡がきても、弁護士に任せているから、何も話せない、と答えてください。」と言われていると思います。

2015年10月02日 15時39分

窪川 亮輔
窪川 亮輔 弁護士
交通事故に注力する弁護士
弁護士が同意2
ありがとう
代理人の法的な立場
加害者との間で締結した委任契約に基づいて、加害者から、損害賠償についてあなたと交渉する権限を与えられた者、といえると思います。

法的には、あなたは加害者の代理人と交渉する義務はありませんが、あなたが加害者本人と話しをしようにも、加害者本人にもあなたと直接交渉する義務はありません。

三者において直接交渉をする義務はないのですが、交渉ができないのであれば、解決する手段として訴訟を提起するほかない、ということになります。

2015年10月02日 16時04分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ベストアンサー
ありがとう
この代理人というのは法的にいうとどういう立場なのでしょうか?

加害者の、そして保険会社の代理人でしょう。
あくまで、加害者、保険会社のために働くので、いわばあなたの敵ですので、貴方が気に入らない対応はするでしょう。

貴方としても弁護士を立てて訴訟などするかでしょう。

本人との交渉は出来ないでしょう。

2015年10月02日 16時31分

この投稿は、2015年10月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

選んで簡単!

交通事故_やること診断イラスト

被害に遭われた方が
今するべきことがわかります
やること診断

状況で調べる

関連度の高い法律ガイド

交通事故の被害回復を弁護士に依頼することのメリット

交通事故の被害にあって保険会社と示談交渉するとき、弁護士に交渉を依頼することで適切な賠償(保険金)を受けられる可能性が高まります。弁護士は、...

交通事故のケガを治療する際に注意するべきポイントと示談交渉のタイミング

交通事故でケガをしたとき、治療費など被害の賠償は、多くの場合加害者(保険会社)との話合い(示談交渉)で解決することになります。この記事では、...

この相談に近い法律相談

  • 宜しくお願いします。

    傷害事件をおこした加害者の国選弁護士が、被害者の連絡先(携帯番号 )を加害者側の友人にもらし、その加害者側の友人から示談交渉してきた場合、加害者側の国選弁護士は、罪にはならないのでしょうか? また、示談交渉してきた加害者側の友人はそんな権利があるのでしょうか? 加害者側の弁護士が示談交渉してくるのは、わかります...

  • 交通事故からの発展案件

    交通事故に付随する案件なのですが、衝突事故の被害者となり、その後暴力を振るわれ傷害事件へ。またその仲間(同じ作業着を 着ていた人数人)から車を蹴られたり、殴られたりで器物破損案件となりました。 刑事と民事は違うのは理解しております。 今回お聞きしたいのは、傷害事件に伴う治療費や慰謝料、器物破損に伴う車の修理費を...

  • 被害者と加害者の話し合いについて

    民事事件の対応ですが、被害者と加害者が直接会って話し合いをしても良いものでしょうか?それとも避けるべきでしょうか?または双方とも弁護士を同伴しないといけないでしょうか? 被害者からの要請の場合、加害者はその話し合いを拒否出来ますか?

  • 人身事故時の交渉対応

    横断歩道上の人身事故に於いて、加害者である自動車側の過失が10で、被害者である歩行者が0だったとします。 ⑴被害者側が入院中に医師に認められていない個室利用をする費用や、被害者の旦那様の手間賃(休業や病院へ通う事に対する費用)を加害者に直接、保険会社を介さずに請求してきた場合、加害者はこれを拒否して保険会社を介す...

  • 人身傷害補償特約について

    人身傷害補償特約とは、加害者側保険会社事故との示談後でも、そこに慰謝料部分で損害がでた場合など自身の加入している人身傷害特約で補填されるのが通常の解釈なのでしょうか? 又、錯誤とは、示談において争いのない事に対して勘違いしていたと云うのは、示談時に、その事実が話し合いの内容に出なかったとの解釈でいいのでしょうか...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

示談交渉の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。