交通事故でまとまらない過失割合について、被害者への対応について

どなたか弁護士殿御返事をお願い致します。現在交通事故後の示談について揉めております。こちらが加害者で過失割合は9:0となっております。簡単に申しますと右直事故で私がバイクで右折をしようと思い、対向車は左折表示、右折レーンにも前に車がいました。その前の車を対向車線側に入り抜かしつつ右折をしようとし、右折先の横断歩道に歩行者がいたので止まりました、この時車体は斜めです。すると左折しようとしている対向車の私から見て左側から原付がきて、斜めになっている私のバイクに接触し被害者さんは転んで怪我をしました。
その後の対応は適切な対処をし、被害者さんもその時は私も前方不注意だった等仰ってくれました。その時は目の上の傷だけだったのですが、6カ月近くがたち、後遺症が残りその治療をしていると連絡が入りました。私は保険会社に任せていたので連絡をしてみると、まだ物損の方も解決していないと言うのです。
被害者さんは過失割合で納得がいかないらしく、私にも連絡してきました。私が悪いと思っているので私は10:0で良いと言っているのですが、保険会社が認めてくれません。おそらく人身の方の額が膨らむため、そこは認めたくないと予想されます。また私は保険会社が払わない分を払う意思は示していますが人身の方が膨らむ可能性があるため一概には言えないと言っています。私が誠実な対応をしているのは被害者さんにはご理解頂いてるのですが、保険会社の対応が悪いので納得する額が保険会社から回収できなかったら、私を訴訟するなど、今後どうするかわからないと言っています。
また私は教育者をしており、被害者さんは知りあいに保護者がいるのでそのことを言う等、仕事に支障が出てきそうなことを言いはじめています。保険会社の対応の悪さは本当に申し訳ないと思っておりますが、現在6カ月超たっても進展していません。被害者さんからすれば保険会社は無茶苦茶なことを言っているようで、録音等もしているそうです。私は保険会社にお金を支払ってもらう立場なので10:0にして下さいと強く言えません。三者間での連携がうまくいっていない状態です。

2015年07月20日 18時38分

みんなの回答

相談者
①質問です。現状で保険会社に過失割合を10:0に変えてもらうことはできるのでしょうか。

②まとまらない場合裁判等で過失割合等を決めると思うのですが、それで被害者さんが納得いかなかったら、保険会社でなくて私を訴訟するなんてことができるのでしょうか。

③現在私が教育者なため業務に支障が出てきそうなことを言われています、またその部分で相当な圧力をかけられています。仕事にも集中できていません。これは止めて頂きたいと思っているのですが、それは可能でしょうか。おそらく9:0で決着がついた場合、このことで圧力をかけ、1の部分を私に請求してくる可能性が伺えます。

何方か弁護士殿御返事をお願い致します。また質問等あるかもしれません、お助け願います。

2015年07月20日 18時39分

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
①⇒10ゼロの事案なら10ゼロになる可能性はありますが、お書きの事例で10ゼロはないと思います。被害者が10ゼロと主張して保険会社と調整がつかないなら、裁判で解決するのが筋です。過失以外の点で保険会社に理不尽な言動があるならともかく、そうでなく過失の点だけで保険会社を責めるのは筋違いです。

②⇒そうではなく、示談が成立しなければ被害者は質問者を被告として裁判を起こします。裁判で判決が出ればその結果に基づき保険金が支払われます。裁判所が認めなかった原告主張の過失分を別途請求することはできません。

③⇒事故を起こしてしまったことについては処分を甘んじて受けるべきですが、そうでないところで圧力をかけるのは筋違いです。そんなことをしても結論が変わるわけではありません。請求以外のことで理不尽な要求があれば是々非々で対応すべきです。代理人を通じてそのようなことのないよう通知すべきでしょう。裁判で決着することを嫌がることはないです。

2015年07月20日 21時13分

相談者
好川先生、お忙しい中御返答感謝申し上げます。不安が少し解消されました。
保険会社からは被害者さんとは連絡をとらない方が良いと言われていますが、任せっきりにしてしまうと明らかに拗れるのは目に見えているので、これは自分で判断して被害者さんとの関係の調整役になっても宜しいんでしょうか。
また、保険会社に任せて拗れているので、弁護士さんにお願いしようと思うのですが、その場合代理人として立てるには保険会社から紹介してもらう弁護士では少々不安です、自分で探した方が宜しいんでしょうか。

2015年07月20日 22時33分

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
殊更被害者との関係を悪化させる必要はありませんが、とはいえ被害者の言い分を全て鵜呑みにして了解していると、不合理な要求にも応じなければならなくなります。やはり調整役と言っても当事者ですから限界があります。結局は被害者が納得しなければ紛争になるのですから、一定の距離を置いて接すべきでしょう。謝罪と誠意を示すことと、被害者の要求を全て受け入れることとは違いますので。
弁護士は、保険会社の紹介だから、ということで避ける必要もないです。依頼者は当事者である質問者ですから、一番相性のある人を選べばよいと思います。

2015年07月20日 23時24分

相談者
好川先生お忙しい中御返答感謝申し上げます。弁護士の件了解致しました。
仰られたように私も被害者さんの要求を全て受けたいわけではありません、通らないものは通らないと言いたいのですが、冒頭に申しました通り私は被害者さんから相当な圧力をかけられており、業務に支障が出るようなことをいつされるかわかりません。好川先生からもありました通り「代理人を通じてそのようなことがないように通知する」をできれば、行いたいのですが、それには法的な力があり止めて頂けるのかがわかりません、その通知というのはそのように力のあるものなのでしょうか。私としては仕事に集中できず、業務を妨害されているようなものなので、、
お忙しいと思いますが、御返答お待ちしております。

2015年07月21日 14時12分

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
常識的な人間であれば弁護士から注意すれば不当な言動はなくなるのが通常です。生活の平穏や円滑な業務も法的に保護される利益ですから、あまり無茶なことをしてくるようなら強く警告していけばよいでしょう。

2015年07月21日 22時13分

この投稿は、2015年07月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

交通事故の被害回復を弁護士に依頼することのメリット

交通事故の被害にあって保険会社と示談交渉するとき、弁護士に交渉を依頼することで適切な賠償(保険金)を受けられる可能性が高まります。弁護士は、...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 知人の車で追突事故を起こして保険適応外の場合

    知人の車で追突事故を起こしました。 信号待ちでブレーキの踏みが甘かったようで5㌔ぐらいの速度で前方の車に当たってしまいました。 被害者の車の後ろ側が少し歪んでしまったのと、一部亀裂がはいってしまいました。 スグに警察に連絡し物損事故として処理されました。 被害者の方もその時はお腹に衝撃が来たけど何も無い。と話さ...

  • 自転車接触事故、被害者側が保険会社関与を拒んだ場合

    未就学児と私の自転車後方が接触、被害者側が被害届を警察に提出し事故扱いとなりました。 私が加入の保険屋さんに問い合わせをし、保険屋さんと被害者様がお話をして、同意書など書類が届いたようなのですが、被害者様が保険会社を通さずに行いたいと言ってきました。 私も取り急ぎ終わらせたい案件のために口約束にて手渡しにて...

  • 交通事故 100対0の加害者になります。

    交通事故100対0の加害者です。 軽い追突事故で被害者の方は人身事故に切り替えて 病院(腰痛)に行きました。 ただ、事故後に被害者の方が溝に落ちてしりもちを付いたのを目撃してしまい保険会社に伝えた所 治療費は被害者の方に出して貰い 車のキズを見てからと言う話になっております。 心配なのは治療費の支払いを保険会社が拒否...

  • 事故その後

    2ヶ月ほど前、追突事故を起こしました。事故後、相手方に謝罪しに行き、保険会社に間に入ってもらい対応してもらってました。1、2週間後に被害者側から連絡があり休業保障で納得がいかず、差額をみるよう強く言われました。言い方がきつく恐怖を感じたのでその旨があったことを保険会社の担当に伝え、金銭面でもきちんと対応するよう申...

  • 追突事故の罪の重さについて

    追突事故を起こしました。10対0で私が悪いです。警察を呼び任意保険に加入しておりましたので保険屋さんにはすぐ連絡しました。被害者の方は運転手の方と同乗者一名です。首が痛いとおっしゃっており事故の日に病院に行っていただきましたが、特に異常なく病名などつかず2.3日様子を見てまた痛みがあるようならまた病院へ来て下さいと言...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

示談交渉の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。