横断歩道での事故。やはり求刑どうりの判決になるのでしょうか?

横断歩道での事故なのですが、私の不注意によるもので相手の方に診断書で、頭部外傷30日以上、90日未満の診断書が出ました。行政処分は、30日の免停でした。先日、検察庁より呼び出しがあり、自動車運転過失傷害で正式裁判になりますと伝えられました。原因としては、相手側の怪我の具合との事です。今も、耳鳴りがすると言われて、週1〜2回通院されてます。なので、示談も済んでいません。そして、検察側から禁固刑を求刑すると言われました。この場合、完全に禁固刑は確定になるのでしょうか?検察側は、執行猶予が付くから大丈夫などと言っているのですが、禁固刑になれば仕事を辞めなくてはなりません。やはり求刑どうりの判決になるのでしょうか?事故を起こしたので、禁固刑になるのはしかたないのですが、何事も早目に次の仕事や弁護士さんなど、準備をしたいので気になってしかたありません。どなたか、よろしくお願いします。
2010年07月15日 14時29分

みんなの回答

泉田 健司
泉田 健司 弁護士
交通事故に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
正式裁判になるのであれば、国選弁護士を頼むことが出来ます。まずは、国選弁護士さんに意見を聞くといいと思います。自動車運転過失傷害罪の場合、正式裁判が初めてであれば、執行猶予付判決になる事案がほとんどです(ちなみに私も多くの自動車運転過失傷害の事案を扱いましたが、正式裁判がはじめての方で禁固刑に課せられた方はいません)。きちんと反省をされて、国選弁護士さんとよく相談されながら公判に望んでください。

2010年07月15日 16時40分

弁護士A
ありがとう
1確定ではありません。
しかし,横断中の被害者に30日以上の傷害を負わせれば,ほとんどの場合,執行猶予付の禁固判決になります。

2ただ,罰金になる可能性も,極少しですがありますので,あえて禁錮刑が出るまでに仕事を辞める必要はないでしょう。
交通事犯では量刑相場というものがあるので,私選を頼んでも,特別な事情でもない限り,何らかの利益を得られるということはないでしょう。
国選弁護人に任せておけばよいでしょう。

2010年07月15日 16時47分

弁護士A
ありがとう
1確定ではありません。
しかし,横断中の被害者に30日以上の傷害を負わせれば,ほとんどの場合,執行猶予付の禁固判決になります。

2ただ,罰金になる可能性も,極少しですがありますので,あえて禁錮刑が出るまでに仕事を辞める必要はないでしょう。
交通事犯では量刑相場というものがあるので,私選を頼んでも,特別な事情でもない限り,何らかの利益を得られるということはないでしょう。
国選弁護人に任せておけばよいでしょう。

2010年07月15日 16時47分

相談者
早速の、回答ありがとうございます。この場合は、罰金になることはないのでしょうか?死亡事故で、禁固刑を求刑されましたが、罰金50万円で済んだものもあるみたいなのですが。よろしくお願いします。

2010年07月15日 16時47分

泉田 健司
泉田 健司 弁護士
交通事故に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
A先生ご回答のとおり、僅少ですが罰金で済む可能性もあると思います。
法律上、罰金刑→執行猶予付禁固刑→禁固刑実刑の順で重いとされています。執行猶予の場合、罰金を払わなくていいという意味で金銭的負担はないですが、執行猶予期間中にまた正式裁判となれば、再度の執行猶予はきわめて限定的で、ほぼ間違いなく刑務所に行かなければならないという意味で重い刑とされているのです。

2010年07月15日 17時05分

相談者
ありがとうございます。大変、参考になります。国選弁護士さんは、よくあてにならないや、検事さんとツーカーと聞きますが、本当なのでしょうか??

2010年07月15日 17時24分

泉田 健司
泉田 健司 弁護士
交通事故に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
国選弁護士の場合、自分で弁護士を選べないので、どのような弁護士がつくかわからないのが不安要素ですね。しかし、弁護士は高い職業倫理が課せられており、あなたの不利になる行動はしてはいけないことになっています。また、国選弁護士の場合、弁護士費用の負担をさせるかについても裁判官が決めることになり、裁判官が費用を負担しなさいといった場合でも、基本的に10万円以下ですので、私選(自分で気に入った弁護士を選んで選任すること)よりも費用面での負担が低いです。

2010年07月15日 17時37分

この投稿は、2010年07月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

交通事故の被害回復を弁護士に依頼することのメリット

交通事故の被害にあって保険会社と示談交渉するとき、弁護士に交渉を依頼することで適切な賠償(保険金)を受けられる可能性が高まります。弁護士は、...

やること診断

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 刑事裁判になった場合

    過失運転致傷罪の重大事故を起こしてしまい、 交差点の事故で一旦標識見落とし左右確認を怠るなど、過失が自分側にあります。被害者が、全治3ヶ月意識不明です。事情聴取が終わり、被害者側の書類ができあがり次第、今後警察庁から連絡があると言われています。 初犯です。任意保険には加入していてお相手には謝罪をし続けるのみです...

  • 自動車運転過失傷害について

    先日、当方の前方不注意で、 横断歩道を歩行中の方を、車ではねてしまいました。 その場で、自動車運転過失傷害の現行犯ということで逮捕され、 身柄を拘留されました。 48時間以内の地検送致の結果、 「再拘留の必要なし」ということで、 現状今は、在宅で過ごしているのですが、 被害者の方は、 大怪我はして...

  • 危険運転致死傷罪? 実刑判決について

    ご相談させて頂きます。 半年前6/20に、 酒気帯び運転(呼気5.0)、信号無視(故意ではなく見落とし主張)、 人身事故で逮捕されてしまいました。 幸い相手方の怪我が全治3日と軽く、示談等も済み車も処分しています。 当方:初犯 過去の交通違反ありません。 しかし、先日検事様と初の取り調べがあり 相手の怪我も軽いし事実を...

  • 酒気帯び運転

    酒気帯び運転で検挙されました(数値0.15) 事故もなく、その場で調書を取り家に帰されました。 当初赤キップを渡され簡易裁判所へ行く予定になっていましたが、後日警察から連絡があり、赤キップの返却と身上調書をとるということで呼び出しがありました。今は検察からの呼出を待っている状態です。 これは、公判請求になる可能性が高い...

  • 傷害事件で相手側の弁護士さんからの連絡

    また前回、 前々回からの質問に 追加しての質問になりますm(__)m 簡単に説明させて 頂きますと、 現行犯逮捕(暴行) ↓ 10日留置(16日まで) になっています。 診断書を提出したので 容疑は暴行から 傷害に変わっているかも 知れません。 (警察は罪を暴行から 傷害って言って 罪を重く出来るから。とは 言ったもの...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

示談交渉の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。