過失割合について

公開日: 相談日:2012年05月29日
  • 1弁護士
  • 1回答

交差点での右直事故において相手方保険会社と示談交渉していますが、物損において過失割合が90:10だったのに対し人身では85:15という提示をして来ているのに納得が出来ません。
今までに交通事故は何度か経験をしておりますが、物損と人身で異なる割合提示をされたのが初めてなのでどう対応すれば良いか困っています。

事故状況は、双方青信号の交差点において当方(バイク)直進に対し相手(車)が右折侵入、そして侵入後に当方に気付いたのか進路の目の前を塞がれる形で停止され接触しました。現在は通院での治療が終わり、後遺障害診断書を提出した所です。
相手方保険会社は事故状況の判例からして85:15が妥当である為に主張するという事でした。
しかしこちらとしては

・相手側車両が右折をしようと動き始めた時からクラクションで事前警告を行っている
・事故発生後、相手側は負傷して動けないでいる当方の救護義務を怠った(事故後から救急車にて搬送されるまで、一切近寄っても来ない。救護措置、救急車及び警察への通報は偶然通りがかった看護師2名が全てやってくれました。これは救護義務・危険防止措置義務違反に該当するのではないか?)

以上2点から、保険会社が言う判例で済まされるのは全く納得出来ないのです。

説明が下手なのが心苦しいのですが、このような場合過失割合を相手側保険会社に変えさせる事は可能でしょうか?保険会社には「後遺障害が認定されるかまだ分からないのに割合の話は出来ない」と言われました。

123152さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2012年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました