交通事故後の頭痛との因果関係

公開日: 相談日:2020年03月19日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

先日、信号で停止中に後ろの車から追突されました。

軽い追突ではあったのですが、生後間もない乳児もおり何かあったら怖いので、すぐに病院に行きました。
その時は特に何も症状がなかったので、先生からはまた何かあったら来て下さい、という感じでした。
その後、私がひどい頭痛に襲われ、2日程寝たきりだったので病院に行き、頸椎捻挫と診断されました。ただそれ以降は特に症状がなかったため、治療等は行なってはおりません。

この2回病院にかかった病院代に関して、相手側の保険会社が審査会?(事故審査委員会?)を開き、その結果事故との因果関係が見られないということで、支払いを拒否しています。
しかし、医療機関での診断書がありますし、そもそもぶつけられたから病院に行ったのに、その検査費用すら払わないというのはどういうことなのでしょうか?

相手方の保険会社は車の修理代のみ支払うけど、病院代の支払いは拒否している状態です。

903511さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    福岡県5位
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    恐らく、事故と頭痛の因果関係を否定しているのだと思います。

    加害者が治療費を支払わなければならないのは、「事故のために被害者が怪我を負った」という事実がある場合です。
    そして、軽い追突であったことから、客観的に見て怪我を負うようなものではないとして、「事故のために」という部分(因果関係)を否定しているのだと思います。
    また、相手方の任意保険会社のみならず、損害保険料率算出機構の調査事務所(不正確ですがこれを自賠責保険と言ったりします。任意保険会社とは別のものと考えられて結構です)も因果関係を否定しているのではないかと思います。

    法律上、因果関係については被害者が証明しなければならないルールになっているため、質問者様が「事故のために」怪我したと立証する必要があります。立証できなければ賠償は認められません。
    医師の診断書は一つの証拠に過ぎず、診断書があっても因果関係を否定されることはしばしばです。物損額(感覚的には10万円以下だとかなり厳しいです)などから衝撃が大きかったというような客観面からのアプローチが必要になります。
    このような立証は一般の方には難しいため、弁護士に相談されることをおすすめします。

  • 相談者 903511さん

    タッチして回答を見る

    現在弁護士さんにお願いしていますが、相手側保険会社が支払いを拒否しているので私の方の保険会社に払って貰えないか交渉している所です。

    しかしながら、事故に遭っていなければ病院に行くこともないのに、その病院代も払ってもらえないなんて釈然としません。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位
    タッチして回答を見る

    あなたの自動車がどの程度損傷したのか、どこにどのようにぶつけたのか、頭痛が生ずるまでどの程度の期間があったのかなどが重要な要素となると思います

    それらの要素を弁護士にきちんと主張立証してもらい、交渉などをしてもらってください

  • 弁護士ランキング
    千葉県3位
    タッチして回答を見る

    この度は、大変な思いをされていることをお見舞い申し上げます。
    お気持ちはお察しいたしますが、事故との法的な因果関係がある損害でなければ、賠償を認めてはもらえません。残念ではありますが、これが日本の裁判実務の通常の運用ですし、我々弁護士は基本的には現在存在する実務上の運用に沿ってアドバイスをする必要がありますので、どうかご理解ください。

    こじれそうな案件ですので、担当弁護士と方針をよく話し合ってください。依頼をしているのですから、遠慮は要りません。

    お困りのことかと思いましたので、一般論の限りで恐縮ではございますが、回答させていただきました。

この投稿は、2020年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました