追突事故の治療の過程の費用について

公開日: 相談日:2020年03月01日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

追突事故後のMRIで腰の椎間板ヘルニアが判明。また頚椎は飛びだしてはいないものの、その徴候が伺えるとのこと。
整形外科ではリハビリと痛みが楽になる姿勢治療3ヶ月と言われたました。
事故後、痛みに波がありましたが今は寝ている状態でも腰の痛みが強い状態です。
こちら直進走行中に後方からレーンを飛び出して衝突されたので過失割合はまだ、決まってませんが動いていたので少し過失は出るとの事。
座り仕事にて、夕方にかなり痛みが来てとても辛いです。
整形外科の先生から、姿勢をただしてくれて痛みが楽になる座椅子の様な姿勢治療機がネットで売っているからと勧められました。
そこで質問です。
①この様な治療器具は自費で購入、後日保険会社へ請求出来るのでしょうか?
それとも事前に相手の保険会社へ購入のお伺いを立てないといけないのでしょうか。
②リハビリ3ヶ月と言われ、手術の提案はされませんでしたが手術希望の場合は、手術費用も請求出来るのでしょうか
③腰と首〜肩の整形外科通院にて、土曜日出勤を他の方々へ代わって貰っており、会社より都度状況報告を求められているため、ヘルニア追記の診断書を提出しなければなりません。
その際の会社提出用の診断書費用も保険会社へ請求可能でしょうか。
宜しくお願い致します。

897634さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    >①この様な治療器具は自費で購入、後日保険会社へ請求出来るのでしょうか?それとも事前に相手の保険会社へ購入のお伺いを立てないといけないのでしょうか。
    →ケースバイケースですが、事故と法的な因果関係が認められる損害額を請求することができます。相手方保険会社に事前に伝える義務はありませんが、無用なトラブルを防ぐためにも、一度相手方保険会社に問い合わせをしてみても良いかもしれません。

    >②リハビリ3ヶ月と言われ、手術の提案はされませんでしたが手術希望の場合は、手術費用も請求出来るのでしょうか
    →手術が治療として必要かつ相当と認められれば、請求は可能です。医師と相談されると良いでしょう。

    >③腰と首〜肩の整形外科通院にて、土曜日出勤を他の方々へ代わって貰っており、会社より都度状況報告を求められているため、ヘルニア追記の診断書を提出しなければなりません。その際の会社提出用の診断書費用も保険会社へ請求可能でしょうか。
    →交通事故との法的な因果関係が認められない可能性がそれなりにある部分かと思われます。保険会社が認めてくれるケースもないわけではありませんので、まずは相手方保険会社に請求してみてはいかがでしょうか。

    お困りのことかと思いましたので、一般論の限りで恐縮ではございますが、回答させていただきました。

この投稿は、2020年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました