交通事故において、人身事故と物損事故との違い

知人が一昨日交通事故に遭いました。

交差点で信号待ちをしていたところ、居眠り運転をしていた後ろの車両が左後方にぶつけられたとのことです。

その際は警察に立ち会ってもらい保険会社への連絡を済ませ、相手方の保険会社の担当の方からは、物損事故でも、もし今後痛み等が出て、通院されるようならば、その費用も保障すると言われた為、その時は物損扱いにしたそうです。

ところが昨日の午後から、腰に痛みが出てきてしまい、徐々に悪くなってきているので明日整形外科へ行くとのことです。

もし今後治療が必要になるのなら、警察に診断書を出し、人身事故扱いにすべきか迷っていたようで、相手の保険会社の担当の方に相談したところ、物損でも人身でも保障される金額は違いはありません、というお返事だったそうです。

万が一、この事故で腰を痛めてしまってたとして今後通院が続いたり、最悪後遺症が残ってしまったり等、、、、色々と不安そうです。

相手方の自動車保険会社に問い合わせしたところ、やはり同じように言っていたようです。

物損であれば通院費用は保障されないものと今まで認識していたので、疑問が残っています。

体の具合が悪いようなら
人身事故にすべきでしょうか?
もし、人身事故扱いにすべきであれば
その理由が知りたいです。

人身事故と物損事故の違いを
わかりやすく教えて頂けるとありがたいです。

宜しくお願い致します。
2019年07月01日 18時17分

みんなの回答

井上 祐司
井上 祐司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 広島県1 交通事故に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
> もし、人身事故扱いにすべきであれば
> その理由が知りたいです。
>
> 人身事故と物損事故の違いを
> わかりやすく教えて頂けるとありがたいです。

 人身事故は過失運転致傷罪という罪で警察が捜査し,検察官が終局処分を下す必要があります。これに対して物損事故は,通常は過失の器物損壊を罰する規定がないため,前方不注視,安全運転義務違反などの道路交通法違反を別にすれば,必ずしも警察が捜査する必要はありません。
 交通事故証明書において物件事故(物損事故)となっていても,人身事故届出不能理由書という書類を作成することによって,保険会社が人身事故として扱い,治療費や慰謝料などを支払ってくれることは実務上,普通のことです。したがって,保険金の支払がされるかどうかだけを気にして人身事故として届け出る必要はあまりありません。

 人身事故として届け出る必要があるのは,事故の発生状況に関して,相手の言い分と自分の言い分が大きく違う場合です。この時は人身事故として届け出て実況見分を警察にしてもらったうえで,捜査の結果としての実況見分調書を作成してもらわないと,お互いの言い分が水掛け論となり決め手を欠く結果,最終的に,被害者なのに泣き寝入りしなければならない,という事態になる可能性が出てくることもあります。
 そのため,明らかな追突事故で相手も全面的過失を認めている場合などは,相当不自然に治療が長引かない限り,人身にしてもしなくても結果は変わらないことが多い,といえるでしょう。

2019年07月01日 19時13分

坂本 学
坂本 学 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 神奈川県5
弁護士が同意1
ありがとう
 お答えします。

 ご相談の文脈での人身事故と物損事故は,警察の処理のことを言っていると推測されます。
 警察からすれば,過失による器物損壊が犯罪でないため,物損事故であれば刑事事件として捜査する必要がありません。
 他方で,人身事故であれば,過失による負傷者がいる可能性がありますので,現場検証等を行い,刑事事件として捜査する必要があります。
 もっとも,軽症の場合には刑事事件として立件することはあまりありません。

 これは警察の処理ですから,保険の処理とは直接関係ありません。
 そのため,物損事故のままケガについての保障を受けられる事例もあります。
 双方の保険の担当者が問題ないとの意見であれば,人身事故への切り替えをすることなく,ケガについての保障を受けられる可能性は高いでしょう。
(この意味では,保証される金額は変わらない可能性が高いです)
 もっとも,人身事故への切り替えは,時間がたつと困難になる可能性が高いため,可能であれば切り替えておくことをお勧めします。
 怪我人がいなかったとの外観は,なくしておいた方が,余計な紛争は起きにくくなります。

2019年07月01日 19時14分

相談者
非常にわかりやすい説明で、助かりました。

今回は物損事故の扱いのまま通院をすることにした様です。

警察と保険とでは、また違うのですね。

今回は通院が続いたら、保険会社の方から人身事故扱いに切り替えるように言われるかもしれないと言われたようです。でも、相手方が居眠り運転していて非を認めているので、問題なく保障が受けられることがわかり安心したようです。


私自身もとても勉強になりました。
本当にありがとうございました!!

2019年07月03日 06時22分

この投稿は、2019年07月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【物損→人身への切替え】期限・事故相手に拒否された場合の対処法は?弁護士が解説

事故当初は物損事故として処理されても、後になってから身体に痛みが出てきた場合など、物損事故から人身事故に切り替えられる可能性があります。切替...

物損事故から人身事故に切り替えるべきケースとは【弁護士Q&Aまとめ】

交通事故が起きた直後は物損事故として処理をされても、数日経ってから身体に痛みなどの症状が出てくることがあります。このような場合、保険会社に治...

物損事故から人身事故に切り替えられたら刑事責任を問われる?

物損事故として処理されていたのに、後から被害者が人身事故に切り替えた場合、加害者は刑事責任を問われて前科がつくのでしょうか。このような疑問に...

【自転車同士の事故】物損から人身への切替えで罪に問われる?弁護士が解説

自転車同士がぶつかった事故で、直後は物損事故として処理されても、事故後数日経ってから身体に痛みなどの症状が出てきた場合に、人身事故への切替え...

【交通事故】ケガをしたのに加害者が「物損事故で届け出て」…応じてよい?

交通事故の加害者から「人身事故ではなく、物損事故で届け出てほしい」と頼まれた場合、要求に応じていいのでしょうか。ケガをしているのに物損事故と...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 交通事故での人身事故、物損事故について

    事故を起こしてしまいました。 加害者です。 とりあえず当事者は全員怪我はないとのことで事故処理をしていましたが、処理途中相手方のお子さんが心配でとりあえず救急車は呼び、病院での診察の結果、軽い打撲だろうというあいまいなもので、特に全治○日などの回答も無く、また後日症状が出るようなら来院して下さいとの結果でした。 ...

  • 追突事故による保障や人身か物損の判断

    質問お願いします。本日通勤途中に交通事故にあいました。私が運転中会社への脇道に入ろうとウィンカーをあげ対向車が切れるのを待っていると後ろから衝突されました。その場では事故はお互い様なのでと思い、車だけ現状復帰してもらえばいいと思い連絡先を交換し保健会社へ連絡。その後相手の保健会社からも連絡があり必要書類を送付。...

  • 交通事故による物損から人身への切り替えについて

    交通事故で、相手を怪我させました。しかし、人身にはしないということで、こちらの任意保険で対応していましたが、事故から 5か月経って、所轄の警察から、「相手側から診断書が出て人身に変わりましたので、出頭してください」旨の連絡がありました。 そこで、お尋ねしたいのですが、5か月もたってからでも、警察は人身扱いに切り替...

  • 交通事故 人身事故か物損事故かどうでしう。

    交通事故にあいました。 100対0の被害者です。 病院に通ってますが、警察に届けなければいけませんか。 ちなみに、1ヶ月半くらい通院してます。 ムチウチです。 保険屋さんが出せと言ってきます。

  • 交通事故の整形外科の転院

    母が交通事故に遭い(相手車、母は自転車) 通院中です。整形外科の先生の対応があまりにひどく、転院をお願いして紹介状を受け取りました。(保険会社には娘のところから通うと伝えました)紹介状の中身は非公開です。 新しい先生を探すときに一度診察を受けてから決めたいと思っていますが、その際初診の時に紹介状は出さなくても大丈夫...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。