人身事故、0対10で相手の過失で労災、自分の任意保険が絡んでいる事故です。

公開日: 相談日:2019年03月13日
  • 3弁護士
  • 3回答

勤務中に相手のよそ見運転が原因で相手の完全過失の人身事故に遭いました。
相手が任意保険未加入だった為、労災と自分の入っている任意保険の障害補償を適応しているのですが。

膝の骨折と尾骶骨の骨折、肩の打撲と診断されて1年程でやっと症状固定と診断が貰えそうなのですが。
加害者に支払い能力が無く、こちらの任意保険から慰謝料という形で支払いがあると聞いています。

ここで質問なのですが。
この場合、慰謝料に納得ができない場合、自分の保険屋との話し合いで金額はあげられるのでしょうか?

後は一点質問があり
後遺障害も残ってしまいそうで、今までの職を続けて行くことができなくなり、後遺障害についての等級の問題は弁護士に相談しようと思っているのですが、等級で相談する弁護士に保険屋との話し合いを任せたいのですが可能でしょうか?

773961さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    人身傷害補償保険の保険金は、約款で定められた支払基準に従って支払われるので、治療期間で争いある場合等でなければ、基本的に交渉で慰謝料額は増額しません。
    訴訟基準との差額等は、相手方個人に請求するのが一般的です。

    相談者様の任意保険会社との交渉のためには、弁護士費用補償特約は使えませんが、相談者様の自己負担で弁護士に委任して、相談者様の保険会社と交渉させること自体は可能です。
    後遺障害は、相談者様の保険会社にて申請する方法(事前認定)か、相談者様にて相手方の自賠責保険に請求する方法(被害者請求)で申請をすることになります。
    何れにせよ、相談者様の任意保険会社ではなく損害保険料率算出機構で判断することになりますので、等級の認定の関係では、弁護士が相談者様の任意保険会社と協議してもあまり意味がないと思います(弁護士に後遺障害の被害者請求を依頼する場合や後遺障害非該当の判断に納得ができず訴訟等をする場合であれば弁護士委任する意味はあると思います)。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    交通事故
    タッチして回答を見る

    > この場合、慰謝料に納得ができない場合、自分の保険屋との話し合いで金額はあげられるのでしょうか?
    > 保険会社の基準に従った支払いとなるので、基準に沿った金額以上にはなりません
    >
    後は一点質問があり
    >
    > 後遺障害も残ってしまいそうで、今までの職を続けて行くことができなくなり、後遺障害についての等級の問題は弁護士に相談しようと思っているのですが、等級で相談する弁護士に保険屋との話し合いを任せたいのですが可能でしょうか?

    労災か自賠責の等級を取得する際に弁護士に依頼することは意味があるでしょう

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    > 慰謝料に納得ができない場合、自分の保険屋との話し合いで金額はあげられるのでしょうか?
    >

    あなたの保険会社との関係では、補償範囲の規約規定次第ではないでしょうか。交渉は可能でしょう。

    > 後は一点質問があり
    >
    > 後遺障害も残ってしまいそうで、今までの職を続けて行くことができなくなり、後遺障害についての等級の問題は弁護士に相談しようと思っているのですが、等級で相談する弁護士に保険屋との話し合いを任せたいのですが可能でしょうか?

    相手の保険会社とは可能でしょう。
    あなたの保険会社とは、相手の保険会社と同時に依頼すると事情によっては利益がそう反するかもしれません。

この投稿は、2019年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから