自力救済の禁止、報復の禁止で上告を考えています。

私が運転する車と歩行者が信号のに横断歩道上で接触事故(タイヤで足を踏む)を起こし、その被害者(以後、相手)が直後に私の車を蹴って逃走、追いかけて捕まえる際に相手が転倒しました。相手が暴行傷害事件として刑事事件化するのと並行して、民事訴訟を起こしたので、器物損壊で反訴、相手が主張する暴行障害は現行犯逮捕として全否定しましたが、相手の暴行障害、私の器物損壊とも、2:8の過失割合で敗訴、控訴するも棄却されました。一連の事件の発端が私の道交法違反にあったとは言え、相手の不法行為の責任の大半を私に負わせることは、自力救済を容認する判決で違憲(憲法31条)として上告を考えています。あわせて、上告受理申立を考えていますが、報復行為を容認する判決で法令違反としたいのですが、民法90条公序良俗はしっくりこないのですが、どうでしょうか。何か、しっくりくる法令はあるのでしょうか。
原審時は知人弁護士に代理人をお願いしたのですが、控訴の時点で費用対効果の視点で本人訴訟となりました。忌憚ないご意見、お力添えをお願いいたします。
2018年07月30日 05時12分

みんなの回答

岡村 善郎
岡村 善郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 鹿児島県2
ありがとう
下記の判例が応用可能かも知れません。
さらに私人による現行犯人逮捕の場合と警察官による場合とでは,暴行の程度が違うとする判例も検討願います。
【事件番号】 最高裁判所第1小法廷判決/昭和48年(あ)第722号
【判決日付】 昭和50年4月3日
【判示事項】 一,現行犯逮捕のため犯人を追跡した者の依頼により追跡を継続した行為を適法な現行犯逮捕の行為と認めた事例
       二,現行犯逮捕のための実力行使と刑法35条
       三,現行犯逮捕のための実力行使に刑法35条が適用された事例
【判決要旨】 一,あわびの密漁犯人を現行犯逮捕するため約30分間密漁船を追跡した者の依頼により約3時間にわたり同船の追跡を継続した行為(判文参照)は,適法な現行犯逮捕の行為と認めることができる。
       二,現行犯逮捕をしようとする場合において,現行犯人から抵抗を受けたときは,逮捕しようとする者は,警察官であると私人であるとを問わず,その際の状況からみて社会通念上逮捕のために必要かつ相当であると認められる限度内の実力を行使することが許され,たとえその実力の行使が刑罰法令に触れることがあるとしても,刑法35条により罰せられない。

2018年07月30日 08時21分

岡村 善郎
岡村 善郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 鹿児島県2
ありがとう
暴行の程度について,例えば
【事件番号】 最高裁判所大法廷判決/昭和43年(あ)第837号
【判決日付】 昭和48年4月25日

2018年07月30日 08時26分

この投稿は、2018年07月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

交通事故で保険会社との示談交渉がまとまらない場合の3つの対処法

交通事故の紛争をめぐって、示談交渉がまとまらない場合、次に選択する手続きは主に3つ(弁護士による示談交渉、ADR(裁判外紛争解決手続き)、裁判)...

自転車事故でケガをした場合に被害を回復する方法

自転車と衝突してケガをした場合、自転車を運転していた加害者に治療費などを支払ってほしいと思うでしょう。しかし、自転車事故は、自動車との事故と...

交通事故の被害にあったらどうすればよい?事故現場での対応まとめ

交通事故はある日突然発生します。予想外のことに動揺してしまうかもしれませんが、できるだけ落ち着いて対応することが、事故の被害を解決する第一歩...

【交通事故】人身事故の被害を回復する手段と解決までの流れ

交通事故でケガをした場合、加害者側の任意保険会社から賠償金を支払ってもらうことができます。この記事では、事故処理が終わった後にどのように手続...

交通事故に強い弁護士の選び方

交通事故による損害賠償を請求するにあたって、加害者側の提示する賠償額が、不当に低いことや、被害者の知識が乏しいために妥当なのか判断がつかない...

やること診断

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 道交法違反について。

    夜、お酒に酔った主人を助手席に乗せ国道を運転中些細な事で口論となりました。すると突然後続車がいるにもかかわらず助手席からいきなりサイドブレーキを引いて完全に急停車させました。慌ててサイドブレーキを下ろして発進させましたが、主人はその行為を4,5回繰り返しました。幸い大事には至りませんでしたが、主人が行った行為は道...

  • 器物損壊 任意保険。交通事故に限られますか?

    車の任意保険は、イタズラとかで車壊されたときも、保険金請求できるのでしょうか? 交通事故に限られますか?

  • 道交法違反で執行猶予中の道交通法違反逮捕

    私は、道路交通法違反、道路運送車両法違反、自動車損害賠償法違反で、懲役1年6ヵ月執行猶予3年の判決を受け、2年3ヵ月が過ぎましたが、先日、無免許速度違反が、再度逮捕されましたが、身体障害で、肢体不自由、糖尿病、心臓、高血圧で多数の薬を服用しており、留置拘束されず。取り調べに自宅から出頭しています。今後、裁判で再度、...

  • 道交法52条第2項について、ハイビーム運用の正解とは

    道路交通法52条第二項で、夜間の車両の灯火についての規定があります。私はいわゆるハイビームが夜間は所定だと聞いたことがありますが、この条文を見ていても本当にそうなのかと感じます。専門家の方にこの条文の解釈をお伺いしたいと共に、夜間のハイビームの運用についてお教えいただきたいです。

  • 国の救済処置について

    車検切れの車で人身事故を起こし国の救済処置を適応する時に、相手側から保険機構への提出書類に書面捺印をしてくれと、言われています。保険機構に問い合わせた所その書類には、何処の保険機構へ提出するかが、書いておらず 相手側は、兎に角書類に書面捺印をしろと言っているのですが、国の救済処置の書類を取り寄せた所そのような書...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

交通事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。