横断歩道の一時停止義務

道交法・第38条 2項についてなのですが

率直に言いますと対向車側にもそれにあたるのでしょうか。

「横断歩道の一部が直前でも死角となる状態のこと」と私は認識しておりますが、
対向側が渋滞等で停止していても、横断歩道の前後に適正な距離で停止していたら、
「停止できるような速度」だと認識しております。

ですが、横断歩道又は直前(自車からみて)に停止していたら、一時停止の義務は発生するのでしょうか。
また、そのような状況では、当該車両の後続の車両が、横断のために停車したと判断できなくないと思います。
徐行で通過したとしても直前で横断されたら、事故を回避することは難しいと思います。

この場合一時停止義務はあるのでしょうか。
b4_a53fさん
2017年02月27日 15時36分

みんなの回答

池田 毅
池田 毅 弁護士
ありがとう
> 横断歩道又は直前(自車からみて)に停止していたら
というのは、対向車線のことでしょうか。すなわち、対向車線では横断歩道を過ぎたところに渋滞で停止している車両があった場合という意味でしょうか。

そのような場合は、38条2項というよりも1項の問題となると思われます。
対向車線が渋滞していて、横断歩道上を見通せない場合は、「横断しようとする歩行者等がないことが明らかな場合」に該当しないのが通常でしょうから、徐行や場合によっては停止しなければならないといえると思います。

2017年02月27日 16時50分

b4_a53f さん (質問者)
回答ありがとうございます。

先にも書きましたが、そのような時は1項の問題だと思います。

2項の状態が対向車線にある場合はそれに該当しないのでしょうか?

2017年02月27日 17時55分

池田 毅
池田 毅 弁護士
ありがとう
議論がかみ合っているか自信がないのですが、
2項は、「当該停止している車両等の側方を通過してその前方に出ようとするとき」と規定し、あくまで進行方向に車両が停止してそれを追い越す(等)場合の規定です。少なくとも対向車線を走行中(停車中)の車の「前方に出る」という表現はしません。

2017年02月27日 18時06分

b4_a53f さん (質問者)
ご丁寧な回答ありがとうございます。

疑問点はまさしくそれです。
車両等が路面電車の場合、単線で対面通行でない可能性もあるのではないでしょうか。

駐車車両が逆向きの場合や、車両等が障害物も含めるのなら、そもそも前後は無いはずです。

また、対向車との距離を考慮して、2項は反対車線に含まれないと言うことでしょうか。

2017年02月27日 19時36分

b4_a53f さん (質問者)
横断歩道の手前で一時停止する場合、歩行者の有無に関係なく停車でしょうか

道交法38条 2項が当てはまらないのでしょうか?

2017年03月01日 00時00分

この投稿は、2017年02月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

何をするべきか知りたい方へ

交通事故_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

状況別に知りたい方へ

関連度の高い法律ガイド

車線変更が原因で事故が発生…過失割合はどうなる?3事例をもとに解説

交通事故が起こる原因の1つに、車線変更があります。この記事では、車線変更が原因で起こった交通事故の過失割合について「[みんなの法律相談](https:/...

追突事故のケース別過失割合…追突された側にも過失がつく場合とは

交通事故の中で比較的発生件数が多いと言われているのが、追突事故です。追突事故において、追突した側と追突された側の過失割合は、どのように考えら...

【交通事故】巻込み事故の過失割合はどうなる?3つの事例をもとに解説

左折車や右折車の内側で接触する事故のことを、一般的に「巻込み事故」といいます。ここでは、「[みんなの法律相談](https://www.bengo4.com/bbs/)」に...

あおり運転など相手の危険な運転が原因で事故…「過失割合」はどうなる?

あおり運転や進路妨害からの急ブレーキなど、相手の危険な運転が原因で事故が起きるケースがあります。このような場合、自分と相手の過失割合(事故が...

交通事故のケガで「下まぶた」が麻痺…後遺障害等級認定を受けられる?

交通事故で顔面骨折などのケガをすると、骨折自体は治っても、顔の一部に麻痺の症状が残ることがあります。そのような場合に、後遺障害等級認定を受け...

この相談に近い法律相談

  • 横断歩道での自転車

    以下の状況おいて、自動車の対応について法律上の正誤を願います。誤の場合、理由もお願いします。 1)乗車状態の自転車が自転車横断帯がない横断歩道を渡ろうとしている場合は、一時停止しなくて良い。 2)乗車状態の自転車が自転車横断帯がある横断歩道を渡ろうとしている場合は、一時停止しなくてはならない。

  • 横断歩道における歩行者の優先について

    対向車線が渋滞している道路で自分は走行中、前方に横断歩道があるとき、法令上、一時停止義務があるかどうか知りたいです。

  • 物損事故の過失割合について

    信号機のないT字路で事故にあいました。 私の車線に停止線があり、相手車線が優先です。 私は停止線で一旦停止をし右折するため、優先道路の右からの車を確認するため徐行で前に出ました。 右から車が来るのが見えたので、停止しました。 停止位置は、優先道路にはみ出していません。1mほど手前で停止しました。 そこに、右から来...

  • 過失割合が10対0となる定義・判例は?

    事故状況 見通しの良い片側3車線、道路幅は約60M(右折信号あり)交差点内の接触事故(物損)。 信号は青になって間がない。直進(私)で、対向右折車の3台目(交差点内に少し入った位置で停止)が相手です。 先行車と私の前方が少し開いていたので、2台が右折。(この時点で、私が交差点内に進入。アクセルを緩める) 3台目(相手...

  • 二車線道路で右側歩道に横断歩道を渡ろうとしている人がいる場合

    二車線道路(片側一車線)走行中です。 前方に横断歩道があります。 右側歩道にその横断歩道を渡ろうとして 立っている人がいます。 ①横断歩道手前で一旦停止する義務はありますか  (反則切符は切られますか?) ②道路交通法では 道路交通法 第3章 車両及び路面電車の交通方法  第6節の2 横断歩行者等の保護のための...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  2. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  3. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  4. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  5. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  6. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  7. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。