バイク直進四輪車追越しの事故について

公開日: 相談日:2016年06月10日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

片側一車線の(路肩から中央黄色線まで3.5m)道路の左側、、路肩から1mのラインを原付で直進中に後方から追越しに来た四輪自動車が追突に近い形で、当方運転の原付の右側ハンドル部分に、四輪自動車が左側ミラーで、衝突して追い越し、原付は転倒して怪我をするという事故がありましまた。
当方原付が直進していたことは見分書でも証明されています。
四輪自動車の前方不注意で側方間隔を誤った結果で起きた事故です。
バイクを運転しているとこのような、四輪とバイクの追越しの前方不注意による側方間隔を誤り起こる、(追突、接触)事故はよく起きそうな気がしますが、同じような過失の判例や、同じようなケースなかなか探せなくて質問に至りました。
ご存知の先生どうかご教授、宜しくおねがい致します。

459178さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    H25.5.31大阪地判・交民46.3.713,H23.3.25大阪地判・交民44.2.419が参考になりそうです。詳しくは,弁護士に尋ねてみるのも良いでしょう。
    ただ,若干誤解されているように思えたのでお伝え致しますが,実況見分調書は,現場で立会をした方が,警察官に対して,事故状況について指示説明した内容を図面に反映したものですから,道路状況など客観的な状況を除いては,実況見分調書をもって,事故状況を直ちに立証できるわけではありません。加害者(又は目撃者)立会の実況見分調書で,相談者の方が指摘されているような事故状況の説明をしているのであればよいですが,被害者(のみ)立会の実況見分調書で事故状況を立証できるわけではありませんので,ご注意下さい。

この投稿は、2016年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました