無保険車 人身傷害補償

10月2日 右折待機中に後方より追突されました。 加害者が無保険ということで、現在は、人身傷害補償にて通院しております。が、先日当方の保険会社より電話があり、「通院は年内で終了でし」と伝えられました。以前、弁護士の先生が、痛みが続くなら半年は人身傷害補償にて見てもらえるときいていたので、その旨を保険会社に言うたところ「無理です」の一点張りです。実際、まだ痛みがあるので、通院したいんですが、来年以降は自費で通わなければなりませんか?それとも、半年くらいまでは補償してもらえるよう、交渉する余地はありますか?
きたさんさん
2015年12月19日 13時46分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
自覚症状のみの頸椎腰椎捻挫の治療は3か月が一つの目安です。殆どの治療は2、3か月で終わるという統計や経験則があることと、病院から取得している経過診断書から保険会社も年内と言ってきているのでしょう。もちろん、これには例外もあります。後遺障害が残らない頚椎腰椎念財でも数パーセントですが半年以上治療がかかることはあります。事故の衝撃や治療の経過等から個別に判断することですから一般論では結論は出ませんが、保険会社を納得させるためには、やはり医師の意見を聴く必要があります。医師がきちんとした理由に基づき治療が必要であると意見を出してもらえれば交渉の余地はあります。


2015年12月19日 19時44分

きたさん さん (質問者)
好川先生
早速のレスありがとうございます。
やはり、目安のような規定があるのですね。
ちなみに、頸椎ではなく、腰椎捻挫で、本日MRIを撮ってきました。
治療半年後、固定症状からの後遺症認定とよく耳にしますが、3ヶ月からでも申請は出来るのでしょうか?仮に出来るとして、やはり認定は厳しいものなのでしょうか?

2015年12月19日 20時56分

好川 久治
好川 久治 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
骨折等で癒合不全があるなど特別な場合でないと単なる腰椎捻挫では6か月通院がないと後遺障害の判断は難しいと思います。後遺障害は一生治らない障害ですから3か月程度の治療期間では判断しようがありません。医師の診断に従って、治療が必要なら自費でも通院して半年経過後に後遺障害の認定をとるべきでしょう。

2015年12月19日 22時09分

藤本 一郎
藤本 一郎 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
後遺障害の認定を受けるためには、受傷から6か月あけるのが一般的です。それだけの期間をあけても、なお症状が残っていてこそ、後遺障害と言えるのです。
そして、後遺障害の認定は、症状固定の診断を受けた時点の症状に基づいて審査されます。ですから、現時点で症状があっても、症状固定の時点では、改善している可能性があります。現時点の症状を前提にして後遺障害を認定してもらえる可能性を判断することは難しいです。

2015年12月19日 22時35分

この投稿は、2015年12月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,138名の弁護士から、「交通事故に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

何をするべきか知りたい方へ

交通事故_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

状況別に知りたい方へ

関連度の高い法律ガイド

【物損→人身への切替え】期限・事故相手に拒否された場合の対処法は?弁護士が解説

事故当初は物損事故として処理されても、後になってから身体に痛みが出てきた場合など、物損事故から人身事故に切り替えられる可能性があります。切替...

ひき逃げの被害にあい加害者不明の場合でも被害を回復する方法

ひき逃げの被害にあい、加害者が見つかっていないような場合でも、被害を回復する方法が全くないわけではありません。被害者が加入する「人身傷害保険...

物損事故から人身事故に切り替えるべきケースとは【弁護士Q&Aまとめ】

交通事故が起きた直後は物損事故として処理をされても、数日経ってから身体に痛みなどの症状が出てくることがあります。このような場合、保険会社に治...

【交通事故】人身に切り替えると被害者も罪に問われる?【弁護士が解説】

事故直後は物損事故として処理されても、事故後数日経ってから身体に痛みなどの症状が出てきた場合に、人身事故への切替えを検討する人もいるでしょう...

物損事故から人身事故に切り替えられたら刑事責任を問われる?

物損事故として処理されていたのに、後から被害者が人身事故に切り替えた場合、加害者は刑事責任を問われて前科がつくのでしょうか。このような疑問に...

この相談に近い法律相談

  • 個人賠償責任保険加入 相手に骨折を負わせてた慰謝料額

    質問します。 今年の4月1日に私が慌てて道路を走っていた時に立ち止まっていた女性にぶつかり転倒させて左手薬指を複雑骨折させてしまいました。 その日は土曜日で病院がどこも開いておらず翌日の日曜日でしたが休日開いている病院があったので 被害者に同行して診察してもらい、その時の治療代を約2万円位私が支払いました。 被...

  • 過失傷害の損害賠償額について

    過失傷害の被害者です。 ・治療期間2週間(通院2回) ・眼球打撲 ・休業はありません。 ・後遺障害無し この場合の慰謝料として、どの程度が妥当でしょうか。

  • 個人賠償責任保険に加入 被害者への慰謝料増額方法

    個人賠償責任保険の一億円までに加入しています。 私が慌てて走っていて止まっていた被害者とぶつかり怪我をさせました。 加入している保険会社で通院費用や休業損害費用と通院慰謝料が支払い可能と言う事で現在も通院治療されています。 交通事故の様に保険会社が間には入れないみたいなので、私と被害者が電話連絡して現在の状況等...

  • 傷害の損害賠償について

    示談交渉について質問があります。 弁護士に聞くのが休み明けになるので、教えてください。 傷害被害者学生 過失0 入院・通院、全治5ヶ月の骨折。弁護士に委任。相手は加害者損保 治療費、入通院関連実費(交通費、診断書や付き添い料など全般)は支払い済みです。 今回損保にて後遺症が12級併合の11級に認定されました。 ...

  • 後期障害の非該当と通知がきましたが納得できません。事故により身体障害者に認定されました

    平成25年4月に交通事故により、平成27年8月に身体障害者となりました(上肢5級)が 加害者加入の保険会社より自賠責の後遺障害について非該当と通知がありました。 内容については、外傷等(骨折・入院)見当たらず眩暈も事故が原因とはいえない等が記載されていましたが、事故前は眩暈等の既往症は全くなく、事故後に生じた痛みも無...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  2. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  3. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  4. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  5. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  6. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  7. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。