郵便局委託会社との交通事故

公開日: 相談日:2015年09月27日
  • 1弁護士
  • 1回答

郵便局の委託会社の運送者と事故となりました。私は自転車で過失割は0パーセントです。委託会社・損保会社との話し合いは進んでおりますが、大元の当該郵便局からは事故当日も含め一切謝罪や連絡がありません。その後も親会社である日本郵便株式会社に連絡しても連絡は無く、基本的に一切責任は無いという立場です。事故を起こした本人が責任を取るべきでそれ以外のものに責任は無いというのは法律上の結論で、会社として責任云々ではなく謝罪や連絡があるのが常識だと思います。こういった態度はどの会社でもあり得ることなのでしょうか?大きな事故では無いから軽んじられているのか?もし死亡していても同じ対応なのでしょうか?

387492さんの相談

回答タイムライン

  • 久保田 匡彦 弁護士

    注力分野
    交通事故
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    郵便局に法的責任まで認められるかはなかなか難しい問題だと思います(たとえば、民法上の使用者責任についていえば、実質的な指揮監督関係を及ぼしていたとまで言えるか微妙かもしれません)。

    安易に謝罪等すれば法的責任を認めたと受け取られると郵便局が考えているのかもしれませんし、あるいは、委託関係上、郵便局には何らの(法律云々ではなくて社会常識上の)落ち度がないケース(と郵便局が考えている)のかもしれません。委託契約がどのような内容で、郵便局が現実の運送にどのような影響を与えていて、実際問題として郵便局が事故を防止できるような立場にあったのかといったところ次第でしょうか。

    普段扱っている交通事故の案件ですと、加害者が自分の保険会社任せきりで謝罪に来ないといったケースはたまにあります。保険会社が対応するから別にいいやという発想なのかもしれませんが、社会常識的にどうなのかと思わざるをえません。

この投稿は、2015年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから