交通事故:接触無い事故(?)なのに保険会社より一方的に過失責任があるから交渉しろと言われている

自動車事故 保険会社の対応について相談です。
一方的な要求に困っています。
状況・経緯
自車一時停止、見通しの悪い交差点の出来事で、自車一時停止後、ゆっくり発進したところ、右側から走行してきた車が相当なスピードで道路対方向にあるミラーに激突しました。
現場状況(相手軽傷など)から突然のことで接触あるかも知れないので警察に連絡し、現場検証に立ち会いました。
この時点で相手車に接触無し、道路にはカラーペイント上に、自社停車位置にスリップ痕が残り、交差点の道路にも自車は、はみ出ていない状況でした(画像撮影)
警察の現場検証でも、免許証、車検証の提示。接触無、相手車の道路にもはみ出し無し、過失無いので帰ってよいとのことで、相手にその旨を警察の立会いで伝え、帰宅。この時点で私の保険会社には連絡。

その後、相手の保険会社より、私の保険会社経由で、警察の判断には誤りがある可能性あり、私にも過失(急発進など)があるのではないかとのことで、交渉の申し入れがあり、私の保険会社経由で状況を説明(保険会社は事故ではないので関与できない)
交差点の状況、私の停止した位置など状況から、相手の保険会社→私の保険会社経由で責任は相手車にあるので、今回の事故状況については交渉は取り下げるとの連絡を受けました(保険会社経由口頭です)

ところが数週間後、相手の保険会社が警察の事故証明書を確認。甲(加害者)欄に私の名前が記載されており、事故類型も「出会い頭衝突」記載なので、何らか過失があるとして、一度取り下げたにも関わらず、私の過失責任について、交渉したいとの連絡を受けました。(これも相手の保険会社→私の保険会社経由)

私の保険会社も特異なケースで接触していないケースは初めてであり、保険会社としても介在できない。また、一度取り下げたことを言ってくるケースも初めてであることコメントされる。相手に回答は保留中です。

・一度取り下げた内容を改めて、交渉したいと言ってきたこと。
・この事象が生じた警察現場検証で、当事者ではない帰ってよいと言われたのに事故証明に甲(加害者?欄に記載されている)になっている。
・事故証明に記載された加害者の記載は加害責任を証明するものなのか
・そもそも交相手にすべき内容でしょうか(一度取り下げている)

ぜひ、ご検討お願いします。
omasaさん
2015年09月09日 18時09分

みんなの回答

窪川 亮輔
窪川 亮輔 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
・一度取り下げた内容を改めて、交渉したいと言ってきたこと。

私もそのようなケースを経験したことはありませんが、理屈として起こりえないとはいえないと思います。

・この事象が生じた警察現場検証で、当事者ではない帰ってよいと言われたのに事故証明に甲(加害者?欄に記載されている)になっている。
・事故証明に記載された加害者の記載は加害責任を証明するものなのか

甲欄に名前が記載されているが加害者であることの証明にはなりません。

・そもそも交相手にすべき内容でしょうか(一度取り下げている)

あなたがおっしゃる内容を前提にすると、相手方の自損事故だと判断するのが相当だと思います。

あなたが損害賠償に応じるべき状況ではないと思います。けれども、相手方がその点に納得しないのであれば、相手方はあなたを被告として訴訟を提起してくるかもしれません。

とりあえずは、相手方から、あなたにも過失があると主張する理由を確認してみてはいかがかなと思います。

2015年09月09日 20時54分

omasa さん (質問者)
ご回答ありがとうございます。
甲の加害者の解釈については理解しました。

状況進行したので追加で1点のみ教えて頂きたいと存じます。
「事故証明書」発行の場合、当方に過失なくとも因果関係が生じるのか。交渉に応じるしかないのか。

 警察署に確認したところ、事故発生当日は帰ってよいと言ったものの交通規則上(第36条4項と43条)から因果関係生じるため発行せざるを得ない。事故証明発行することに対して連絡をしなかったのは詫びられた。
自社保険会社からは事故証明書が発行されている以上、接触無くとも因果関係生じるため、示談交渉のベースとなるとコメントされました。自社保険会社が関与しない場合は個人で対応するとのこと。

 事故証明書を元に示談に応じるしかないでしょうか。
 こじれ、納得いかない場合、弁護士への依頼を行うことになるでしょうか。

 申し訳ありません、コメントいただきたくお願いします。

2015年09月11日 16時23分

窪川 亮輔
窪川 亮輔 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
◇「事故証明書」発行の場合、当方に過失なくとも因果関係が生じるのか。交渉に応じるしかないのか。
事故証明書を元に示談に応じるしかないでしょうか。

事故証明書が作成されるとなると、警察は、一応、あなたの運転と相手方のミラーへの衝突との間に因果関係があると判断した、ということになります。

けれども、警察が因果関係を認めるからといって、あなたの運転と相手方のミラーへの衝突に「相当因果関係」が認められるとは限りません。
相当因果関係が認められない限り、あなたには賠償責任はありません。

以上から、事故証明書が作成されたからといって、あなたが交渉に応じるしかない、ということはありません。

◇こじれ、納得いかない場合、弁護士への依頼を行うことになるでしょうか。

相手方が納得せず、訴訟を起こしてきた場合には、適切な応訴のために弁護士に依頼せざるを得ないのではないかと思います。





2015年09月11日 17時26分

omasa さん (質問者)
ご回答ありがとうございます。

・回答いただいた「相当因果関係」とは、具体的にはどのような状況になるでしょう。

・相当因果関係が認められない限り、あなたには賠償責任はありません。とコメントいただきましたが、「認められない限り」とはだれが判断するようになるでしょうか。
 保険会社からは、第3者調査機関を使って過失割合を判断する手段もあるとコメントされました。
 
  大変申し訳ありません、コメントいただければと存じます。

2015年09月12日 20時46分

窪川 亮輔
窪川 亮輔 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
◇回答いただいた「相当因果関係」とは、具体的にはどのような状況になるでしょう。

→相当因果関係が認められる状況
 交差点の手前から発進したあなたの車両と回避するために、相手方が急なブレーキ操作やハンドル操作をせざるをえない状況だった(相手方が、ブレーキ操作をしなければ、あなたの車両と相手方の車両との衝突事故が起こってしまう《もしくは衝突事故が起きる危険性が高い》ことが一般人の目から見て明らかだった。)。
 そのような状況において、相手方が急なブレーキ操作やハンドル操作をした。
 それがゆえに相手方車両がミラーに激突しまった、
 といった状況です。

◇相当因果関係が認められない限り、あなたには賠償責任はありません。とコメントいただきましたが、「認められない限り」とはだれが判断するようになるでしょうか。

訴訟になれば、裁判所が判断します。

示談段階では、あなたや相手方といった当事者が判断します。
保険会社は、あなたに対して、以下のようなことを言いたいのだと思います。
・調査会社に資料を集めてもらい、あなたに根拠を示す。
・その根拠をもとに、あなたにも過失があり、あなたの運転行為と相手方のミラーとの間に相当因果関係があることを説明するから、相手方の損害のうちあなたの過失割合分を賠償してほしい。

2015年09月14日 17時36分

この投稿は、2015年09月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,125名の弁護士から、「交通事故に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

何をするべきか知りたい方へ

交通事故_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

状況別に知りたい方へ

関連度の高い法律ガイド

【交通事故】「事故発生状況報告書」を記載する際の注意点とポイント【図解】

交通事故の被害を回復するために保険会社に保険金を請求する場合、様々な書類を用意する必要があります。その1つに、「事故発生状況報告書」という書類...

【交通事故ADR】交通事故紛争処理センターを利用するための手続きと流れ

交通事故紛争処理センターは、交通事故の紛争を解決するための代表的なADR(裁判外紛争解決手続き)機関です。法律相談や和解あっせんなど、解決に向け...

【交通事故ADR】日弁連交通事故相談センターを利用するための手続きと流れ

日弁連交通事故相談センターは、交通事故の紛争を解決するための代表的なADR(裁判外紛争解決手続き)を行う機関です。法律相談や示談あっせんなど解決...

【交通事故】ADRを利用することのメリットと利用すべき機関

交通事故の争いを解決するためにADR(裁判外紛争解決手続)を利用したいと考えているけれど、いくつもある実施機関の中からどれを選べばよいのかわから...

交通事故で保険会社との示談交渉がまとまらない場合の3つの対処法

交通事故の紛争をめぐって、示談交渉がまとまらない場合、次に選択する手続きは主に3つ(弁護士による示談交渉、ADR(裁判外紛争解決手続き)、裁判)...

この相談に近い法律相談

  • 保険会社に嘘の報告をされています

    相手が車、こちらが自転車の人身事故です。 相手側は検察へ出頭時に、時速10キロで黄色信号の交差点に入ったと認めました(実況見分では30キロでしたが) 当該交差点の信号は3秒で変わるので、その速度では事故発生場所まで、到達しません(嘘の証言) こちらは青を確認しています。 10:0の事故となるはずですが、保険会社からは、8:2...

  • 接触事故相手がごねて私が嘘を言っていると主張。弁護士の準備をしておいたほうがいいのか?

    駐車場に止めてあった私の車に接触しながらバック駐車していた車を発見。傷を確認その場で警察を呼んだ。警察と交通課の方が接触の確かな事を両車両の塗料・傷一致で確認。相手はその場で納得し、現場で保険会社に連絡した。本人の連絡が終わるまで警察と私は待った。 次の日その人の保険会社を名乗る人物から〝この傷は私がつけたも...

  • 物損から人身切り替え 自身(加害者)の対応方法

    3月に交通事故を起こしました。住宅街の双方6mのT字路で、左折のため一時停止。右側のみカーブミラーがあり(左側目視可能、左側右折待ち4台程あり)直進車を4台見過ごし、5台目の車がミラー越しにウィンカーが見えたため、発進させたところ、相手が直進してきたため、相手の側面へ追突。警察を呼び物損扱いで、互いに保険対応と言...

  • 人身事故、免取りになりますか?

    狭い駐車場内にてすれ違い時に自分の不注意で対向車(停止)に接触してしまいました。 その後警察、保険会社に連絡し諸々の手続きをし解散しました。停止中の相手に不注意でぶつかった為過失は10対0を素直に認め保険会社に一任しました。 その後相手は保険会社との交渉し車の修理見積もりを保険会社に出しましたが保険会社は法外な...

  • 通勤中の相手がいる交通事故でどの保険を優先して使った方が良いですか?

    朝、会社に通勤しようと私はバイクを走らせていました。 とある交差点を直進しようと交差点に入った際、反対斜線の右折レーンから1台の車がいきなり右折し、車の左側フロントにノーブレーキで突っ込み、私は全治3ヶ月。相手は軽症の人身事故にあいました。 相手方が救急車を呼んでくれたみたいです。 私はそのまま病院に搬送され...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。