過失の割合について

公開日: 相談日:2015年02月14日
  • 2弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

 自転車で自転車通行可の歩道を走行する。その後信号がある交差点が青信号だったので直進し、横断歩道を走行中、同方向進行の道路から四輪車が右折し衝突されました。この状況の場合、過失はどのようになるのでしょうか?

322425さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    ティモンズ様

    歩行者用信号規制対象自転車と青信号で右折する四輪車との事故ということかと思いますので、自転車:四輪車の過失割合は、10:90がベースになると考えられます。

    10:90の割合は、自転車が普通の速度(15キロ程度)で走行していたことを前提としています。
    したがいまして、ティモンズ様の走行する自転車の速度が歩行者と同程度の4~5キロ程度であったのであれば、四輪車において事故の回避は容易だったことになりますので、ティモンズ様の過失の度合いが減少することになります。

    また、四輪自動車が、右折時に徐行していないような場合には、四輪自動車の過失の度合いが高まることになります。

    事故発生時の個別具体的な事情により、ベースである10:90の割合は、増減して、変化することになります。

  • 相談者 322425さん

    タッチして回答を見る

     解り辛い文章ですいません。歩道は右側を走行していましたので、同方向とは、四輪車が左側を走行して、右折レーンに入り、衝突してきたという事です。

  • 相談者 322425さん

    タッチして回答を見る

    ご回答有難うございます。歩行者用信号規制対象自転車とはどういう事でしょうか?

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    歩道は右側を走行していましたので、同方向とは、四輪車が左側を走行して、右折レーンに入り、衝突してきたという事です。

    歩道ということは、あなたは進行方向に向かって車から見たら左側を走行していたわけですよね。そうすると車が右折レーンに入っても、衝突しないかと思うのですが。

    貴方が左にいる以上、車が衝突するのは車が同方向で進行中で左折の時か、同方向でなく対抗する形で(前から)車がきての右折の場合かでしょう。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    ティモンズ様

    ・歩行者信号規制対象自転車について
    歩行者信号規制対象自転車とは、「歩行者・自転車専用」の表示のある信号機が設置された横断歩道の横断を開始した自転車のことです。
    自転車通行可の歩道ということでしたので、「歩行者・自転車専用」の表示のある信号機が設置された横断歩道という前提で回答致しました。
    単に歩行者用信号機でも、ベースは同様と考えられます。

この投稿は、2015年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました