交通事故 被害者

歩道を歩行中後ろから居眠り運転の車に引かれ死亡被害者は弁護士をたてたほうがいいのですか?
miki さん
2013年09月08日 21時25分

みんなの回答

北山 祐記
北山 祐記 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
賠償金の額が大きいですから、被害者の法定相続人の方は弁護士に委任して賠償請求を行った方が良いでしょうね。

2013年09月08日 21時45分

鐘ケ江 啓司
鐘ケ江 啓司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県2
ありがとう
間違いなく立てた方が良い事例です。
無料相談などをやっている事務所も沢山ありますし,死亡事故であれば賠償金の中から弁護士費用は後払いということもありますので,まずは相談されることをお勧めします。

2013年09月08日 23時09分

弁護士A
ありがとう
被害者は弁護士をたてたほうがいいのですか?

もちろん相続人自身でもいいのですが,専門家である弁護士に依頼されたほうがいいと思いますよ。

2013年09月09日 05時00分

この投稿は、2013年09月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,954名の弁護士から、「交通事故に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

選んで簡単!

交通事故_やること診断イラスト

被害に遭われた方が
今するべきことがわかります
やること診断

状況で調べる

関連度の高い法律ガイド

任意保険未加入で車を運転中に自転車と事故…被害はどう弁償する?

任意保険未加入の状態で車を運転していて、自転車と交通事故を起こしてしまった場合、どのように被害を弁償していけばよいのでしょうか。「[みんなの法...

【交通事故】人身に切り替えると被害者も罪に問われる?【弁護士が解説】

事故直後は物損事故として処理されても、事故後数日経ってから身体に痛みなどの症状が出てきた場合に、人身事故への切替えを検討する人もいるでしょう...

死亡事故の加害者はどのような刑事責任を負う可能性があるのか

交通事故で被害者が亡くなった場合、加害者を厳重に処罰してほしいと考えると遺族もいるでしょう。この記事では、交通事故の加害者がどのような法的責...

知らないことで損をする?交通事故の被害者が失敗しないために知っておきたい4つのこと

交通事故にあってしまった際に、治療に専念し、納得のいく解決を得るために、まず最初に知っておきたいことが4つあります。この記事で紹介する4つのこ...

死亡事故の加害者に厳罰を望む場合に遺族ができること【弁護士Q&A】

交通事故で大切な家族を失った場合、加害者に厳重な処罰を望む遺族の方もいるでしょう。そのために遺族ができることはあるのでしょうか。「[みんなの法...

この相談に近い法律相談

  • 人身事故の意識障害ありの事故の流れ

    先月4月28日の夜7時頃当方一時停止の脇道から一時停止をし信号のない交差点を右折をしようとし、左からの車が遠く行けると思い右折をしたら横断歩道の中央にいた歩行者75歳に気づかずはねてしまいました。 歩行者は救急車で運ばれすぐに実況見分をしました。その時は前方から歩行者が来たと思うと告げましたが今では違うように思います...

  • 軽車両と歩行者の人身事故について、ご教授下さい。

    自転車と歩行者の接触事故です。 先方が歩行者側で、遺症が怖いので、と人身事故として被害届を出されました。 (診断・全治10日間) この場合、被害届を取り下げて頂くことは難しいでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 危険運転致死傷罪

    このような場合危険運転致死傷罪に相当しますか? 一方通行の道路を逆走し人身死亡事故を起こした。 事故は団地内の一方通行道路、被害者は1歳の子供、加害者は近道しようとして逆走、前をよく見ていなかったと証言しています。

  • 交通事故の処罰について

    少し前、交通事故を起こしてしまいました。 私が加害者であり、車を運転中右折する際、横断歩道を横断中の歩行者に気づかず接触してしまいました。時速は約10キロでした。 被害者の方は打撲や打身とおっしゃっていました。 今後、被害者の方が診断書を警察に提出すると思いますが、提出された場合、加害者である私にはどのような...

  • 交通死亡事故の歩行者過失について

    70代くらいの叔父が車にはねられ、死亡しました。 国道の、横断歩道も歩行者信号も無しのところで、夜中の事故です。 自動車専用道路から車が、降りてきて、国道と合流する地点で、自動車専用道路を降りるところの信号は青でした。 渡りきったところの歩道まで、三車線は渡らないと行けないので、あまり、地元の人の話ですと、人は渡...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。