過失割合0なのに確約書を書くのか

公開日: 相談日:2021年06月06日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
先日、車で左折してる最中、自転車に右後ろランプをぶつけられました。左折する前に、交差点25m手前で自転車を抜きバックミラーを見た所、自転車が右に避けたのを見て左折しました。左折時膨らみすぎたから少しブレーキを踏んだ所、追突されました。
相手は転んで怪我をしました。
私の保険やさんは車の方は10対0で過失はない、との事です。

【質問1】
保険は下りない為公務災害を使うそうなのですが、確約書を書いて欲しいとの事で、これは書いて宜しいのですか?

【質問2】
確約書の事故内容は、私が自転車の速度を考えないで抜いたのが事故の原因。と相手方か、市役所の人事の方が書いて渡してきたのですが、本人以外の方が書いて宜しいのでしょうか?

【質問3】
保険やさんの過失割合は正しいのでしょうか?

1033310さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    福岡県7位
    タッチして回答を見る

    交差点の手前30m以内において、先行する自転車を追い抜いた自動車が左折し、自転車を巻き込んだ場合、自転車:自動車=0:100の過失割合になるのが基本です。
    これは、交差点手前30m手前は追い越し禁止であり、横断歩道手前30mは追い抜き禁止であることから設定された過失割合です。
    今回は、自転車側が自動車の右後方にぶつかっており、確かに追突のようにも見えますが、先行する禁止された追い抜き行為と、左折という注意義務が加重される行為からすると、若干自転車側に過失が出るくらいだと感じます。
    これで100:0と保険会社が言うのであれば、保険会社が追突という説明に引きずられているか、不勉強か、私が質問者様の説明する事故態様を読み誤っているかです。

    確約書記載の可否については、内容によると思います。恐らく、質問者様が事故の責任を認め、後に求償を受けることを承諾する内容だと思われますので、あくまで無過失主張なら記載しないほうがいいです。なお、記載しなくとも公務災害は使用できますし、求償はきます。
    事故内容について本人以外が記載しても特に問題はありません。公務災害であるなら、行政の職員が書くのは通常のことです。

  • 相談者 1033310さん

    タッチして回答を見る

    交差点手前30m追い抜き、追い越し禁止は
    道路交通法30条の事を言ってるのでしょうか?
    これですと、軽車両は除く。ですが、自転車は軽車両ではないですか?

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    交通事故
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 質問1】
    >
    > 保険は下りない為公務災害を使うそうなのですが、確約書を書いて欲しいとの事で、これは書いて宜しいのですか?
    >
    > 【質問2】
    >
    > 確約書の事故内容は、私が自転車の速度を考えないで抜いたのが事故の原因。と相手方か、市役所の人事の方が書いて渡してきたのですが、本人以外の方が書いて宜しいのでしょうか?
    >
    それだと記載は拒否した方がいいでしょう

    > 【質問3】
    >
    > 保険やさんの過失割合は正しいのでしょうか?

    具体的な事故態様次第ですが、ありえないではないと思います
    膨らんだとか、衝突部位等次第のところもあると思います

この投稿は、2021年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す