現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 民事・その他
  3. 大阪「表現の不自由展」弁護士常駐の目的は? 実行委員会は「注意、警告、抑止効果になれば」
2021年06月18日 12時53分

大阪「表現の不自由展」弁護士常駐の目的は? 実行委員会は「注意、警告、抑止効果になれば」

大阪「表現の不自由展」弁護士常駐の目的は? 実行委員会は「注意、警告、抑止効果になれば」
表現の不自由展かんさい(公式ホームページより)

「あいちトリエンナーレ2019」で抗議が殺到し、中断された企画展の作品の展覧会「表現の不自由展かんさい」が、7月16~18日に大阪市内で開かれる。整理券を配布するほか、妨害行為への対策として、弁護士2名が会場に常駐することになった。

「表現の不自由展かんさい」実行委員会は、弁護士ドットコムニュースの取材に対し、弁護士が常駐する目的は「妨害行為などに法的な問題があったとき、その場で注意・警告してもらうため」だと話す。

「妨害などがあった際に、法律の専門家に注意してもらうとともに、法的な問題を明らかにしてもらうことで、警察への通報などもスムーズになるのではないかと期待しています。

また、弁護士が常駐していることを今回あらかじめ公表することで、妨害しようと思う人たちに対する抑止効果にもなるのではないかと考えています」(実行委員会)

東京都内で6月25日から開催する同様の展覧会をめぐっては、当初予定していた会場に妨害電話やメールが届いたり、中止を求める街宣活動などがおこなわれ、会場変更を余儀なくされた。

そこで、期間中は有志の弁護士が複数でシフトを組み、少なくとも2名の弁護士が会場に常駐する体制にする予定だという。

実行委員会は、「我々が一番大切にしているのは、(来場者に)ちゃんとゆっくりと作品を鑑賞してもらうこと」と話す。委員会内のメンバーにも弁護士がおり、開催準備にあたって、「法的なアドバイスをもらいながら進めている」という。

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

関連記事