東京ミネルヴァ解散受け独自に無料相談 島根県弁護士会

弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所(以下、東京ミネルヴァ)が解散したことを受け、島根県弁護士会は6月29日から、独自に臨時の無料相談の受付を開始した。


島根県弁護士会によると、第一東京弁護士会(一弁)が22日に設置した臨時の電話窓口につながらないといった問い合わせが、東京ミネルヴァの依頼者とみられる人から数件寄せられていた。今後も相談が寄せられる可能性があると判断して、一弁とは別に相談窓口を設けた。弁護士ドットコムタイムズが調査したところ、単位会として、一弁とは別に独自の相談窓口を設けているのは島根県弁護士会のみだった。
相談は7月下旬まで実施する予定だが、「相談件数が多ければ延長する可能性もある」としている。相談は面談形式で、初回は無料で受けることができる。希望する場合は、島根県弁護士会に電話(0852-21-3450)して予約する。電話は平日の9時から17時まで受け付けている。 東京ミネルヴァを巡っては、一弁が24日、破産手続開始申立てを東京地裁に行い、破産手続の開始が決定されたと発表。帝国データバンクによると、負債額は約51億円で、弁護士法人の倒産としては過去最大の負債額という。 ※写真は島根県弁護士会ホームページ

記事のタイトルとURLをコピー