1. 弁護士ドットコム
  2. 民事・その他
  3. 「民事・その他」の法律ガイド

「民事・その他」の法律ガイド

「民事・その他」に関する基本的な知識の解説や、トラブルに遭った際の対処法をまとめました。

47件の記事が見つかりました 1 - 47件

岡口裁判官に2回目の戒告処分、最高裁 フェイスブック投稿巡り

SNSの1つであるFacebookへの投稿を問題視されて、2回目の裁判官の免官・懲戒に関する分限裁判にかけられていた仙台高裁の岡口基一裁判官(54)について...

みんなの法律相談とは

みんなの法律相談は、2007年に、一般の方の法律の疑問に対して、弁護士が回答するサービスとして開始しました。2020年6月までに、一般の方からの93万件...

手弁当ではなく寄付で公益活動持続 韓国の公益弁護士がプロボノの課題語る

社会や人権に関する課題について問題意識のある弁護士らで構成された「JFPIL(Japan Forum on Public Interest Lawyers)」が8月27日、弁護士の公益活...

法テラス特措法案めぐり議論紛糾 日弁連定期総会

日本弁護士連合会(日弁連)は9月4日、新型コロナウイルスの影響で延期されていた定期総会を東京・霞が関の弁護士会館で開催した。

司法試験短答式合格者2793名 予備試験合格者は合格率99%

法務省は9月8日、2020年の司法試験の短答式試験の合格者が2793人だったと発表した。2020年の司法試験受験者数は3703人(途中欠席者39人含む)で、採点...

裁判所の冷房停止、この夏相次ぐ 裁判日程への影響も

この夏、裁判所の冷房設備の長期間停止や故障が相次いで発生した。7月には福岡地裁飯塚支部などが入る庁舎で冷房設備が故障し、現在も不安定な状況が続...

延期の人権擁護大会 2021年10月に岡山で開催へ

延期が決まっていた日本弁護士連合会(日弁連)の人権擁護大会が、2021年10月14日・15日に岡山で開催されることが9月9日までにわかった。

「法務省の信頼回復に取り組む」「死刑廃止、現在は適切ではない」上川法相が初登庁後会見

9月16日に発足した菅内閣で法務大臣に就任した上川陽子衆議院議員が同日深夜に初登庁し、法務省内で記者会見を開いた。上川法相は、今回で3回目の法務...

「弁賠事例集」編集弁護士に聞く 弁護過誤事例の傾向と対策

法令の解釈誤りや、書類提出漏れなどの弁護過誤が後を絶たない。全国弁護士協同組合連合会(全弁協)が今年1月に刊行した「弁護士賠償責任保険の解説と...

死刑執行停止求める決議可決、東弁臨時総会 反対派からも意見相次ぐ

東京弁護士会(東弁)は9月24日、東京・霞が関の弁護士会館で臨時総会を開催し、弁護士会として死刑の執行の停止を求める決議案について議論し、賛成多...

関弁連 定期大会・シンポジウムをオンラインで配信

関東弁護士会連合会(関弁連)は9月25日、第67回定期大会とシンポジウムを横浜市内で開催した。関弁連によると、定期大会は、新型コロナウイルス感染拡...

弁護士と「若旦那」の二足のわらじ 地元山梨で旅館の再生を目指す弁護士の挑戦

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くのホテルや旅館が廃業・閉館に追い込まれている。こうした状況の中、都内で企業法務などに携わる山田安人弁...

Web会議システムを活用する弁護士に聞く 民事裁判IT化に向けた弁護士の準備と心構え

今年2月に始まった民事訴訟に関する裁判手続き等のIT化(裁判IT化)は、全国拡大に向けて準備が進められている。共同通信によると、最高裁は9月10日、...

弁護士成年後見人の信用保証 日弁連、10月1日から開始

日本弁護士連合会(日弁連)は9月29日、成年後見人になった弁護士が横領などの不正をしたときの損害を保証する制度を、10月1日から開始すると発表した...

「法律学に興味を持ってもらうきっかけになれば」 弁護士では成し得ないことを、小説を通して成したい

司法試験の合格者の五十嵐律人氏が2019年4月、小説『法廷遊戯』(講談社)で、新人作家の登竜門として知られるメフィスト賞(主催:講談社)を受賞した...

日弁連が定例会見を半年ぶりに再開 荒会長「声明や談話が実を結んでいる」

日本弁護士連合会(日弁連)は9月30日、約半年ぶりとなる定例記者会見を、東京・霞ヶ関の弁護士会館で開催した。定例会見はこれまで週1回を基本に開催...

「受刑者に濡れたタオルで拭身を」東京弁護士会が府中刑務所に勧告

受刑者は許可なく水で体を拭いてはならないという府中刑務所のルールについて、東京弁護士会は9月30日、改善を求める勧告を出したと発表した。勧告は9...

みんなの法律相談とは

みんなの法律相談は、2007年に、一般の方の法律の疑問に対して、弁護士が回答するサービスとして開始しました。2020年6月までに、一般の方からの93万件...

夫の遺志継ぎ40歳で司法試験合格 自死遺族支援に取り組む弁護士の足跡

広島県で「はつかいち法律事務所」を開く佃祐世弁護士は、4人の子どもを育てながら30代で法科大学院に合格し、40歳で司法試験に合格した。弁護士になっ...

3弁護士会が任命拒否問題で声明

日本学術会議が新会員候補として推薦した6名の研究者の任命を、菅義偉内閣が拒否した問題で、長野県・愛知県・京都の3弁護士会が12日、会長声明を発表...

「法には曖昧なところが多い」法社会学者から弁護士に、棚瀬孝雄氏ロングインタビュー

棚瀬孝雄氏は、法社会学者として法を自律的な体系とみなし、法の答えは法の中にあるという見方に懐疑的な姿勢を貫いてきた。離婚事件やインドでの国際...

【全国一斉アンケート調査から読み解く】弁護士を選ぶ基準と相談・依頼に対するハードルChapter.1

弁護士ドットコムでは例年、マーケティング・リサーチ企業「マクロミル」の協力により、法的トラブルに関するアンケート調査を行なっている。今回は18...

全国一斉アンケート調査から読み解く 弁護士を選ぶ基準と 相談・依頼に対するハードル Chapter.2

弁護士ドットコムでは例年、マーケティング・リサーチ企業「マクロミル」の協力により、法的トラブルに関するアンケート調査を行なっている。今回は18...

【全国一斉アンケート調査から読み解く】弁護士を選ぶ基準と 相談・依頼に対するハードル Chapter.3

弁護士ドットコムでは例年、マーケティング・リサーチ企業「マクロミル」の協力により、法的トラブルに関するアンケート調査を行なっている。今回は18...

司法試験受験料返還、取りやめた受験生に

法務省は6月19日、試験の延期を理由に受験を取りやめた司法試験・司法試験予備試験受験生に対し、受験手数料を返還すると発表した。

新型コロナ拡大時に災害起きたら宿泊施設活用を 福島県弁護士会が要請

福島県弁護士会は6月24日、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況で、自然災害が発生した場合に、従来のような公共施設を利用した大規模な避難所...

みんなの法律相談とは

みんなの法律相談は、2007年に、一般の方の法律の疑問に対して、弁護士が回答するサービスとして開始しました。2020年6月までに、一般の方からの93万件...

東京ミネルヴァ解散受け独自に無料相談 島根県弁護士会

弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所(以下、東京ミネルヴァ)が解散したことを受け、島根県弁護士会は6月29日から、独自に臨時の無料相談の受付を開始...

「受験生が密にならないよう」司法試験の会場が決定 会場数増などで新型コロナ対策

法務省は6月30日、例年より遅れて8月に実施される司法試験と司法試験予備試験(短答式試験)の会場を発表した。新型コロナウイルス対策のため、例年よ...

司法修習生が企画するシンポジウム「7月集会」、コロナと人権問題や選択的夫婦別姓などテーマに

第73期の司法修習生が企画・運営するシンポジウム「第73期7月集会」が、7月18、23~26日と9月(日程未定)に、オンラインミーティングツール「Zoom」等...

妊娠出産費用を援助してもらえる制度と支給を受けるために必要な手続き

妊娠から出産までには、健康診断や入院、分娩など、様々な場面で金銭的な負担がかかります。これらの負担については、自治体や健康保険などから支給さ...

子育ての費用を援助してもらえる制度と支給を受けるために必要な手続き

子育てにかかる費用は、自治体から支給される手当金などにより、援助してもらうことができます。制度によっては出産後、すぐに手続きしなければならな...

未熟児や難病の子どもの医療費を援助してもらえる制度と必要な手続き

生まれた子が、未熟児だったり、難病にかかったりしていた場合、入院や治療などで高額な医療費が必要になる可能性があります。そうしたとき、医療費を...

司法試験新型コロナ対策が発表 感染疑いあれば受験不可、5年目なら資格喪失も

法務省は7月15日、8月に実施される司法試験と司法試験予備試験会場での新型コロナウイルス対策を公表した。受験生にマスク着用を求めるほか、試験場で...

日弁連 事務総長が新型コロナに罹患、会長らは陰性確認

日本弁護士連合会(日弁連)は7月20日、事務総長を務める弁護士が新型コロナウイルス感染症に罹患したと発表した。日弁連によると、事務総長は16日に発...

育児を支援してもらえる制度と利用するための手続き

育児について様々な不安を抱えていても、「誰に相談すればいいか分からない」という人もいるでしょう。自治体によっては、育児に関する相談に応じてく...

同性婚訴訟までの一つの「道」 寺原真希子弁護士ロングインタビュー

四大事務所、少人数事務所、米国留学、企業内弁護士と、多様なスタイルの実務経験を有し、2010年に独立した寺原真希子弁護士。企業法務や一般民事事件...

日弁連定期総会が9月に延期 事務総長の新型コロナ感染理由に

日本弁護士連合会(日弁連)は7月27日に臨時の理事会を開催し、31日に開催予定だった定期総会を9月4日に延期することを決めた。

司法試験受験予定者数が発表 全体で4100名、東京・大阪に約8割集中

法務省は7月30日、8月12日から実施される司法試験の受験予定者数が4100人と発表した。東京会場で受験する予定者が2296人で最も多く、全体の56%を占め...

ミネルヴァ破産にみる弁護士法人経営のリスクとは 士業経営を支援する弁護士に聞いた

東京ミネルヴァ法律事務所(以下、東京ミネルヴァ)が、6月24日に破産手続きの開始決定を受けた。負債額は弁護士法人としては過去最多となる約51億円。...

司法試験が3か月遅れてスタート 感染対策徹底、講師のエールも控えめに

新型コロナウイルス感染拡大の影響で実施が遅れていた2020年の司法試験が、8月12日からはじまった。受験予定者数は4100人。新型コロナウイルスの感染者...

刑事事件の裏側に見た障害者の姿 福祉との接点をつなぐ挑戦 浦﨑寛泰弁護士インタビュー

PandA法律事務所(東京都千代田区)の弁護士・社会福祉士、浦﨑寛泰氏は、 一般社団法人東京TSネットを立ち上げ、障害者支援を行っている。 東京TS...

時代に合わせて変わるトラブルの 「カタチ」 ペット問題の解決に尽力した20年 渋谷寛弁護士インタビュー〈前編〉

渋谷総合法律事務所(東京都新宿区)の渋谷寛弁護士は、長年にわたってペットの法律トラブルの解決に尽力してきた。時代の変遷とともにペットのあ...

時代に合わせて変わるトラブルの 「カタチ」 ペット問題の解決に尽力した 20年 渋谷寛弁護士インタビュー〈後編〉

渋谷総合法律事務所(東京都新宿区)の渋谷寛弁護士は、長年にわたってペットの法律トラブルの解決に尽力してきた。時代の変遷とともにペットのあり方...

感染者の個人情報保護、どう図る コロナ禍のプライバシーについて折田明子氏に聞く

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、いつ、どこで感染が発生したかなど、感染者をめぐる情報への関心は高い。一方で、感染者が少ない地域では、職...

「親から虐待」「望まぬ妊娠」コロナ禍の子どもの悩みに東京弁護士会がQ&A公開

「自粛生活で親から虐待を受けている」「休校で彼氏といる時間が増え、性行為の求めを拒否できず妊娠してしまった」。新型コロナウイルスの影響に起因...

弁護士が被災者支援に取り組む意義は 「支援カード」で情報発信する弁護士に聞いた

地震などの災害で被災したとき、生活が困窮したとき、どうやって支援を受けてよいのかわからないーー。こうした悩みに応えるため、永野海弁護士は、災...

民事・その他に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識