差額ベッド代

公開日: 相談日:2011年09月14日
  • 1弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

咽頭炎で入院する事になりました。

他の患者さんに感染のおそれがあるので、個室に入って下さいと先生より指示がありました。

こちらの都合ではなく、病院からの指示で個室に入るのに、差額ベッド代を請求されました。

差額ベッド代請求は病院側の自由なのでしょうか?承諾書にはまだサインしていません。

法律?国?では差額ベッド代支払いについては、どういう決まりになっているのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

78604さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    厚労省によれば,「病棟管理の必要性等から特別療養環境室に入院させた場合であって、実質的に患者の選択によらない場合
    (例)・MRSA等に感染している患者であって、主治医等が他の入院患者の院内感染を防止するため、実質的に患者の選択によらず入院させたと認められる者」については,差額ベッド代金を請求出来ないとされているので,本件はこれに該当しないのか,について納得いくまで病院に説明を求めてみられると良いでしょう。
    資料は下記にありますのでご参考に。

    なお,文中の「特別療養環境室」は差額ベット代が発生する部屋のことです。

    「療担規則及び薬担規則並びに療担基準に基づき厚生労働大臣が定める掲示事項等」及び「保険外併用療養費に係る厚生労働大臣が定める医薬品等」の実施上の留意事項について」等の一部改正について(保医発第0328001号)
    http://www.mhlw.go.jp/topics/2008/03/tp0305-1.html(厚労省のHP)

    (抜粋)
    患者に特別療養環境室に係る特別の料金を求めてはならない場合としては、具体的には以下の例が挙げられること。なお、?に掲げる「実質的に患者の選択によらない場合」に該当するか否かは、患者又は保険医療機関から事情を聴取した上で、適宜判断すること。
    ? 同意書による同意の確認を行っていない場合(当該同意書が、室料の記載がない、患者側の署名がない等内容が不十分である場合を含む。)
    ? 患者本人の「治療上の必要」により特別療養環境室へ入院させる場合(例)・救急患者、術後患者等であって、病状が重篤なため安静を必要とする者、又は常時監視を要し、適時適切な看護及び介助を必要とする者
    (中略)
    ? 病棟管理の必要性等から特別療養環境室に入院させた場合であって、実質的に患者の選択によらない場合
    (例)・MRSA等に感染している患者であって、主治医等が他の入院患者の院内感染を防止するため、実質的に患者の選択によらず入院させたと認められる者なお、「治療上の必要」に該当しなくなった場合等上記?又は?に該当しなくなったときは、(6)及び(7)に示した趣旨に従い、患者の意に反して特別療養環境室への入院が続けられることがないよう改めて同意書により患者の意思を確認する等、その取扱いに十分に配慮すること。

  • 相談者 78604さん

    タッチして回答を見る

    回答有り難うございました。

    厚生省による…院内環境をたもつため、患者本人の治療上の都合により、病院側から特別室へ入院させられた場合基本的に払う必要はない…ていう項目に当てはまっている気がします。

    このことに患者側があてはまらないか、病院側に説明を求めてみます。

  • 相談者 78604さん

    タッチして回答を見る

    最後にもう1つ質問させてください。

    病院側が「厚生省の通知内容に患者様はあてはまりますが、当院では特別室に入院した場合はいかなる場合でも差額ベッド代はお支払いただきます。」と言ってきたら…やはり支払うしかないのでしょうか?

    厚生省の通知内容は、絶対的な決まりではなく、出来ればそうしてください的なレベルでしょうか?
    法的な拘束力?はないのですか?

    よろしくお願いいたします。

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    再質問気付かずすみません。

    ちょっとそこまでははっきり分からないのですが,以下考えていることを書きます。

    差額ベッド代金自体は健康保険外だと思いますが,治療費は,保険診療点数とかかわるので,そんなあからさまに請求されたら少なくとも指導が入ると思うのです。
    行政庁の通達は,解釈を示すだけで,病院を直接拘束するものではないのですが,行政庁は通達に示された解釈をもとに処分とかするので,通達違反があれば,指導,処分がされるはずです。病院としてはその不利益を回避したいので,きちんとした手続きを取るはず,というのが理屈だと思います。

    対応としては,病院が差額ベッド代金請求が通達に反するものであることを認識しているなら断固として支払を拒絶するのがいいでしょう。
    と同時に厚労省の地方厚生局に相談してみてはどうでしょうか。

    ちょっと半端な回答で申し訳ないです。

  • 相談者 78604さん

    タッチして回答を見る

    実は、都道府県庁の国保援護課というところに相談をしました。

    やはり…患者からの希望ではなく病院側からの指示で個室に入る場合は差額ベッド代は請求できないようです。
    それらの決まり?は厚生省からの通知が各病院にはいっているはずだと…色々と説明を受けました。

    もう一度、病院側と話し合いがあります。

    結果はまたご報告します。

  • 相談者 78604さん

    タッチして回答を見る

    結果報告

    差額ベッド代免除になりました。

    後で指導も入るようです。
    色々と有り難うございました。

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    すばらしい。
    他の皆さんにも役立ちますね。

    しかし,こうまでしないと,正しい請求にならないっておかしいですね。
    不満を持ちながらも支払っている人が多いことが予想されますね。

この投稿は、2011年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました