生活保護費の返還 催促状

公開日: 相談日:2016年12月17日
  • 1弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

現在、生活保護を受給中です。母子家庭 数ヶ月前に20歳になった障害者の子供有りです。

先日、担当のケースワーカーから電話で
「20歳になったら出さないはずの特別児童扶養手当分を数ヶ月分間違えて振り込んでしまった」ので、
「返還するように」と連絡がきました。12万円弱です。
「今すぐには、そんなお金はありませんので支払えません。」
と伝え「数ヶ月先から何とか少しずつお返ししたい」と話しました。
ところが本日、市役所から封書が届き、来月始めまでに支払えと催促状がきました。

毎月、市役所から送られてくる生活保護変更決定通知書には
最低生活費、収入充当額、扶助額しか書いておらず、
いくらが児童扶養手当分で、いくらが障害者加算分で、いくらがアルバイト収入分なのか
全く判らず、入金された額で生活しています。
毎月全く計画が立てられません。

突然ケースワーカーの計算間違え分を返せといわれても、納得も行きません。
しかも突然このような封書が届くのも、納得できません。

支払えない場合はどうすれば良いのでしょうか。
生活保護で最低の生活費しかないのに、どうやって返せというのでしょうか。

このような ずさんなやり方では、毎月振り込まれてくるお金をいくら使って良いのか
全くわかりません。
最低の生活すら出来ません。

509839さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 509839さん

    タッチして回答を見る

    八坂 玄功 弁護士 様

    ご回答ありがとうございます。
    このまま返還できなかったら、保護費から強制的に引かれてしまうのではないかと
    不安で睡眠もあまり取れなかったので、そのような方法を教えていただき
    少し安心しました。
    不服申立をしたらケースワーカーの人には何かペナルティーのようなものはあるのでしょうか。
    その後、何か気まずくなるようなことがあるのではないかと心配ですが。
    でも、このままでは我が家は生活できませんので、不服申立をしようと思います。
    不服申立をすると、どのような流れになるのでしょうか。
    返還を免れた例などはありますか。



  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 不服申立をしたらケースワーカーの人には何かペナルティーのようなものはあるのでしょうか。

    ペナルティーはありません。

    > 不服申立をすると、どのような流れになるのでしょうか。
    > 返還を免れた例などはありますか。

    埼玉県への審査請求になるのではないかと思います(紙に書かれているか問い合わせをしてよくお確かめください)。
    審査請求で結論が変わらない場合は訴訟を提起することができます。
    同様のケース(行政の誤りによる過払金の返還請求)で、審査請求や訴訟によって返還命令を取り消しているケースはあります。

  • 相談者 509839さん

    タッチして回答を見る

    八坂 玄功 弁護士 様

    何回もご回答頂きありがとうございます。感謝します。

    最初に封書で届いた書類は「生活保護変更決定通知書」7枚と「戻入通知書兼領収書」5枚です。

    金額は「生活保護変更決定通知書」に~返納額~という形で書いてあり、
    「この決定に不服があるときは決定があったことを知った日の翌日から起算して
    3ヶ月以内に、埼玉県知事に対し審査請求できる」とは書いてありますが、
    具体的な方法は書いてありません。

    「戻入通知書兼領収書」には、この金額を納期限までに納入してください、と書いてあり
    納期限は『この書類が届いた日よりも前』になっていて訳がわかりません。

    そして最初の封書が届いた一週間後くらいに、二回目の封書が来て、それは「督促状」5枚で
    来月初めまでに納付しろというものでした。

    書類の枚数も多く、理解するのも大変です。
    「納付期限」や「生活保護変更決定通知書」の『日付』も納得できないです。

    「審査請求」や「審査請求で結論が変わらない場合の訴訟の提起」等は
    書類の書き方など、わからない事ばかりで不安なのですが、
    やはり、弁護士さんのお力をお借りした方が良いのでしょうか

    こういう場合、自分でできるのでしょうか。

  • 相談者 509839さん

    タッチして回答を見る

    八坂 玄功 弁護士 様

    頑張ってみます。

    色々とありがとうございました。
    感謝します。

この投稿は、2016年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから