1. 弁護士ドットコム
  2. 民事・その他
  3. 濫訴の損害賠償請求の規定

公開日:

濫訴の損害賠償請求の規定

2015年10月21日
ベストアンサー
濫訴の損害賠償請求は法律に定められていますか?
検索しても見当たりません。

相談者(393864)の相談

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
濫訴の損害賠償請求は法律に定められていますか?

濫訴ということは定められていません。
根拠は不法行為です(民法709条)。

2015年10月21日 06時11分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ベストアンサー
ありがとう
濫訴の損害賠償請求は法律に定められていますか?

認められています。
条文根拠は不法行為で、判例上は「訴えの提起が相手方に対する違法な行為といえるのは,当該訴訟において提訴者の主張した権利又は法律関係が事実的,法律的根拠を欠くものである上,提訴者が,そのことを知りながら,又は通常人であれば容易にそのことを知り得たといえるのにあえて訴えを提起したなど,訴えの提起が裁判制度の趣旨目的に照らして著しく相当性を欠くと認められるときに限られるものと解するのが相当である(最高裁昭和60年(オ)第122号同63年1月26日第三小法廷判決・民集42巻1号1頁,最高裁平成7年(オ)第160号同11年4月22日第一小法廷判決・裁判集民事193号85頁参照)。」という要件で認められています。

2015年10月21日 07時55分

この投稿は、2015年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

みんなの法律相談とは

みんなの法律相談は、2007年に、一般の方の法律の疑問に対して、弁護士が回答するサービスとして開始しました。2020年6月までに、一般の方からの93万件...

「法には曖昧なところが多い」法社会学者から弁護士に、棚瀬孝雄氏ロングインタビュー

棚瀬孝雄氏は、法社会学者として法を自律的な体系とみなし、法の答えは法の中にあるという見方に懐疑的な姿勢を貫いてきた。離婚事件やインドでの国際...

ミネルヴァ破産にみる弁護士法人経営のリスクとは 士業経営を支援する弁護士に聞いた

東京ミネルヴァ法律事務所(以下、東京ミネルヴァ)が、6月24日に破産手続きの開始決定を受けた。負債額は弁護士法人としては過去最多となる約51億円。...

未熟児や難病の子どもの医療費を援助してもらえる制度と必要な手続き

生まれた子が、未熟児だったり、難病にかかったりしていた場合、入院や治療などで高額な医療費が必要になる可能性があります。そうしたとき、医療費を...

感染者の個人情報保護、どう図る コロナ禍のプライバシーについて折田明子氏に聞く

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、いつ、どこで感染が発生したかなど、感染者をめぐる情報への関心は高い。一方で、感染者が少ない地域では、職...

この相談に近い法律相談

  • 請求原因は訴訟に

    損害賠償の訴状には、損害賠償の請求原因が書かれていますか? 訴状のコピーを被告に送付して、訴状の原本は手元に残せますか?

  • 著作権違反 損害賠償金額

    著作権違反の損害賠償金額について質問です。 損害賠償金額を算定するにあたり、算定規定が3つ有ると思うのですが、状況によって3つの内どれか1つに当てはまるものを選び、それに従って算定するということですか? 規定1、規定2を合わせて請求する事はありますか? ちなみに著作権物が違法にアップロードされたサイトページ(アッ...

  • 民法上、和解条項違反は

    民法上、和解条項の違反は何に当たりますか? 不法行為ですか。 相手方が否定やゴネれば和解条項違反かどうかを判断するのも違約金の支払い請求も訴訟が必要になりますか。

  • 損害賠償請求の訴えの請求要件

    損害賠償請求の訴は、損害の客観的証拠がなければ出来ないのか、それともある程度の状況証拠があれば提訴できるのか教えて下さい。 例えば、後者の場合だったとして提訴出来たとしても、結局は客観的な証拠がないということで裁判では勝てないということなのか。 ちょっと一般的、抽象的で申し訳ないですが、法律上の一般常識とい...

  • 共有物分割請求訴訟の原告と被告を弁護することは可能か?

    共有物分割請求訴訟で原告Aと被告Bと被告CDEFがいます。 原告Aと被告Bは親子です。 代理人弁護士が原告Aと被告Bを弁護することは可能でしょうか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士を探す

最近検索されたキーワード

民事・その他の法律ガイド

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。