施設の名称と法律について

公開日: 相談日:2015年08月29日
  • 2弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

弁護士の先生方よろしくお願い申し上げます。

施設の中に、児童養護施設がありますが、一般的に児童は小学生を示し、中学生や高校生を生徒と示すと思います。高校を卒業し、大学生となれば、学生と示すと思います。

18歳場合によりましては、20歳まで児童養護施設に入れますが、生徒さんや学生さんが入られている場合、法律では、児童養護施設という名称に相応しいとの司法での見解なのでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。

379675さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位
    タッチして回答を見る

    児童養護施設は、児童福祉法で、保護者のない児童、虐待されている児童など、環境上養護を要する児童が入所する施設と定められています。

    名称の点は、児童福祉法にいう「児童」が、18歳に満たない者と規定されていることによります。

  • 相談者 379675さん

    タッチして回答を見る

    弁護士 川崎 先生

    ご回答ありがとうございます。

    名称は、児童福祉法よりとのことよく理解いたしました。

    実際は何歳までの子どもたちのが入れる施設なのでしょうか?18歳が原則で良いでしょうか?
    18歳を過ぎて、延長もあるのでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位
    タッチして回答を見る

    原則18歳までですが、例外的に20歳までの場合もあります。

    ご承知のように、中学卒業後に高校進学した場合はそのまま施設で生活できますが、中学卒業後に就労する場合は出ることになります。

    高校卒業と同時に自立に向けて調整しますが、その後しばらく延長措置をとることはできます。

  • 相談者 379675さん

    タッチして回答を見る

    弁護士 川崎 先生

    ありがとうございます。

    中学を卒業し、職に就いた場合は、施設を出なくてはならないということをうかがい理解出来る部分もあるのですが、15歳前後といういわゆる多感な時期で、仮に職を辞した場合は、施設に戻ることは何らかの条件にて帰ることは年齢や様々な境遇の状態にある少年少女には許されることになりますでしょうか?
    一度、施設から出てしまった場合は、施設に戻ることは出来ないのでしょうか?

  • 相談者 379675さん

    タッチして回答を見る

    弁護士 川崎 先生

    ご回答頂きましてありがとうございます。
    とても、とても考えさせられることがたくさん出てきてしまいました。

    例えば、事故などで両親を亡くされた子どもたちや記載するのも嫌なことではございますが、親からなどの虐待により苦しみ児童養護施設に入れ、公的な場にて社会的養護をされ、高校進学をせず、社会人になろうと進路を選択する中学生という子どもたちも多かれ少なかれいると思います。先にも記載しましたが、まだまだ十代の少年少女たちですから、我が家同然の今まで暮らしてきた施設を出てしまっても一回だけでも良いので、我が家同然の施設に戻ることが出来るよう社会的養護の体制や法律、社会的養護に関係します職員を増員すべきだと思います。
    とても切なくなりました。
    先生がおおせのように社会的養護の体制を整備し、様々な取り組みで、児童養護施設にかかわる人材を増やすことが大切で、また、何よりも子どもたちに寄り添うあたたかな法整備の確立を願うばかりです。

この投稿は、2015年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す