1. 弁護士ドットコム
  2. 民事・その他
  3. 法的なサポートは弁護士か司法書士か

公開日:

法的なサポートは弁護士か司法書士か

2015年08月03日
ベストアンサー
合同会社を設立します。
登記書類は、税理士、司法書士に依頼しました。
小さな会社です。
税理士は顧問契約しましたが、法的なサポートは費用を考えて司法書士または弁護士のどちらに委任する方がよろしいですか?
また、弁護士費用は経費として、処理することはできますか。
相談者(372686)の相談

みんなの回答

久保田 匡彦
久保田 匡彦 弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
司法書士の先生のメインの業務分野は登記です。それに加えて、法務大臣の認定を受けた司法書士の先生の場合は、簡易裁判所における訴額140万円以下の訴訟等も業務分野になります。(以上については、司法書士法第3条、司法書士法施行規則第31条参照)
これに対して、弁護士の場合は、「簡易裁判所」とか「訴額」といった制限を受けることなく、訴訟一般に対応できます。
したがって、期待される法的なサポートの内容にもよりますが、基本的には弁護士に委任した方がよろしいかとは思います。ただ、顧問料の多寡や相性の問題もあるでしょうから、最後はご自身の判断になるかと思います。

顧問料は経費処理できたかと思います。

2015年08月03日 21時12分

この投稿は、2015年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

ミネルヴァ破産にみる弁護士法人経営のリスクとは 士業経営を支援する弁護士に聞いた

東京ミネルヴァ法律事務所(以下、東京ミネルヴァ)が、6月24日に破産手続きの開始決定を受けた。負債額は弁護士法人としては過去最多となる約51億円。...

司法試験受験料返還、取りやめた受験生に

法務省は6月19日、試験の延期を理由に受験を取りやめた司法試験・司法試験予備試験受験生に対し、受験手数料を返還すると発表した。

全国一斉アンケート調査から読み解く 弁護士を選ぶ基準と 相談・依頼に対するハードル Chapter.2

弁護士ドットコムでは例年、マーケティング・リサーチ企業「マクロミル」の協力により、法的トラブルに関するアンケート調査を行なっている。今回は18...

【全国一斉アンケート調査から読み解く】弁護士を選ぶ基準と相談・依頼に対するハードルChapter.1

弁護士ドットコムでは例年、マーケティング・リサーチ企業「マクロミル」の協力により、法的トラブルに関するアンケート調査を行なっている。今回は18...

【全国一斉アンケート調査から読み解く】弁護士を選ぶ基準と 相談・依頼に対するハードル Chapter.3

弁護士ドットコムでは例年、マーケティング・リサーチ企業「マクロミル」の協力により、法的トラブルに関するアンケート調査を行なっている。今回は18...

この相談に近い法律相談

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士を探す

最近検索されたキーワード

民事・その他の法律ガイド

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。