憲法と法律の衝突と裁判所の役割について

憲法の規定と法律の規定が衝突した場合、裁判所は衝突を回避できる解釈を何とか考えようとし(合憲限定解釈)、それがどうしても思い浮かばない場合は法律の規定を違憲と判断するのでしょうか?
jkpawiejfopさん
2014年07月06日 18時03分

みんなの回答

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1
ありがとう
 こんばんは

 そうですね

2014年07月06日 18時05分

jkpawiejfop さん (質問者)
そこまでして法律の規定を守ろうとするのはなぜなのでしょう?

2014年07月06日 18時09分

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1
ありがとう
 こんばんは

 選挙で選ばれた国民の代表者からなる国会が作った法律には司法が口出しすべきではないという司法消極主義の建前があるからだと思います

 より実質的には、あまり簡単に法律を違憲を判断し、自民党政権と緊張関係を作ってしまうと、政府による裁判所への介入を招きかねないという恐怖心があるのだと思います

2014年07月06日 18時13分

jkpawiejfop さん (質問者)
政府はどのような手段で裁判所に介入できるのでしょう?
予算等ですか?

2014年07月06日 18時22分

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1
ありがとう
 こんばんは
 
 予算、司法制度にかかわる立法、最高裁判事の人事などがあると思います

2014年07月06日 21時07分

jkpawiejfop さん (質問者)
政府は人事については裁判所の意向を反映させなくとも良いのでしょうか?

2014年07月06日 21時33分

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1
ありがとう
 こんばんは

 もちろん、実務上は尊重していますが、憲法上は尊重すべきことは明記されていません

 政府が裁判所を攻撃しようとすれば、好き勝手な人事は可能です

2014年07月06日 21時52分

jkpawiejfop さん (質問者)
最高裁判所裁判官を総入れ替えすることも可能なのでしょうか?

また、最高裁判所裁判官以外の職員についても何らかの人事権を持っていたりはしますか?

2014年07月06日 21時57分

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1
ありがとう
 こんばんは

 政府は下級裁判所の裁判官も任命できますが、指名は最高裁なので、そこにはあまり介入できないでしょう

 政府が勝手に最高裁判事を辞めさせることはできないので、総入れ替えはできません

2014年07月06日 22時02分

jkpawiejfop さん (質問者)
では政府はどのようなことができるんですか?

2014年07月06日 22時06分

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1
ありがとう
 こんばんは

 退任する最高裁判事の後任を政府の意向に沿う人間に入れ替えていくだけでもかなり裁判所に介入することが可能だと思います

 アメリカではそのようなことが行われていますが、共和党と民主党が頻繁に政権交代するので、何となくバランスが取れているという感じだと思います。日本のように政権交代がほとんど行われない国で、同じことがなされたら、その影響は大きいと思います

2014年07月06日 22時12分

jkpawiejfop さん (質問者)
日本でそのようなことがされないのには、何か理由はあるのでしょうか?

2014年07月06日 22時15分

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県5
ありがとう
裁判所が合憲的限定解釈をするからということだったのでは。当初の問題提起が。

2014年07月07日 02時07分

この投稿は、2014年07月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

子育ての費用を援助してもらえる制度と支給を受けるために必要な手続き

子育てにかかる費用は、自治体から支給される手当金などにより、援助してもらうことができます。制度によっては出産後、すぐに手続きしなければならな...

未熟児や難病の子どもの医療費を援助してもらえる制度と必要な手続き

生まれた子が、未熟児だったり、難病にかかったりしていた場合、入院や治療などで高額な医療費が必要になる可能性があります。そうしたとき、医療費を...

妊娠出産費用を援助してもらえる制度と支給を受けるために必要な手続き

妊娠から出産までには、健康診断や入院、分娩など、様々な場面で金銭的な負担がかかります。これらの負担については、自治体や健康保険などから支給さ...

育児を支援してもらえる制度と利用するための手続き

育児について様々な不安を抱えていても、「誰に相談すればいいか分からない」という人もいるでしょう。自治体によっては、育児に関する相談に応じてく...

離婚したくない場合に考えるべきことや離婚を回避するためにできること

結婚生活を続けていると多少のすれ違いや喧嘩はつきものですが、パートナーは想像以上に悩んでいるかもしれません。ある日当然「離婚したい」と切り出...

この相談に近い法律相談

  • 裁判所の違憲審査権に限界が有るとされるのはなぜなのか?

     統治行為論等、裁判所の違憲審査権に限界が有るとされるのはなぜなのでしょう?  その場合、条文の「一切の」の語をどのように解釈すればよいのでしょうか? 第八十一条  最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。

  • 違憲判決と合憲限定解釈について

    合憲限定解釈という解釈法が存在するにも関わらず、違憲の判決が出ることがあるのはなぜなのでしょう?

  • 合憲限定解釈を採用することのメリットとは?違憲立法審査権の放棄とは評価されない?

     合憲限定解釈を採用することのメリットとはどのようなものなのでしょう?  また、そのような解釈を展開する行為は違憲立法審査権の放棄とは評価されないのでしょうか? 日本国憲法 第八十一条  最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。

  • 強行規定となる法律と、任意規定となる法律の区別は?

    先日、契約解除に際し、予め個別の契約書に 「解除の際は損害賠償は請求できないものとする」 「解除の際は金銭返還の場合は利息を付すことができないものとする」 と記載が有った場合、損害賠償や利息の請求はできないのでしょうか? という質問をしたところ、以下のような回答をいただきました。 ---- 某弁護士より 日本では...

  • 憲法第81条から最高裁判所以外も違憲立法審査権を持つという事実をどのように導き出すことが可能?

    憲法第81条の条文の文言から、最高裁判所以外も違憲立法審査権を持つという事実をどのように導き出すことが可能なのでしょうか? 最高裁判所以外は何も書かれていないように読めるのですが。 【憲法】 第八十一条  最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所であ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

民事・その他の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。