懲戒処分の不服申し立て

営業職です。故意に実績の操作をし、不正に報奨金を得たとして懲戒処分になりました。過去には黙認されていた行為ですが上長がかわった事で問題視されました。(法律にふれる内容ではありません)
現在も社内で横行している行為で、不正のチェック機能もありません。
会社側は実情に気付かないふりで人柱をたてた体です。
また懲戒処分内容は減給と降格で文書を交わしましたが、その後「罰として」勤務場移動もあり二重に懲罰が行われました。
納得がいかず、法的に訴えたいですが可能でしょうか。
また可能な場合はどのような方法ですか。弁護士の探しかたなども教えていただけると有り難く思います。
2013年12月15日 01時14分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
ありがとう
争い方としては平等原則に反する、懲戒処分が厳しすぎる、手続き違反があるなどといったことが中心になると思います。これらの立証がどの程度出来るのかで争うべきかどうかを検討することになろうかと思います。
懲戒が無効であり減給処分や配転が無効であるという争い方になるように思います。
弁護士は弁護士会やネット、自治体の無料相談などいろんな媒体を使って労働問題に詳しい弁護士に相談する方がいいと思います。

2013年12月15日 01時26分

相談者
解決(懲戒処分の無効)方法として訴訟以外にもあるのでしょうか。弁護士入ってほしいのですが費用が心配です。

2013年12月15日 03時05分

弁護士A
ありがとう
訴訟以外にもあるのでしょうか。

比較的短期で終わる労働審判というものもあります。
労働紛争のあっせん,というものもあります。

弁護士入ってほしいのですが費用が心配です。

弁護士によって基準が違いますので,各弁護士にお尋ねになられるとよいと思います。HPでも出ていますよね。
費用としては,やはり訴訟が相対的に費用がかかると思います。任意解決の場合,費用が少なくなる場合も多いでしょう。

2013年12月15日 04時46分

この投稿は、2013年12月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,704名の弁護士から、「夜間・休日相談可能な弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

未熟児や難病の子どもの医療費を援助してもらえる制度と必要な手続き

生まれた子が、未熟児だったり、難病にかかったりしていた場合、入院や治療などで高額な医療費が必要になる可能性があります。そうしたとき、医療費を...

懲戒処分として減給されるケースと減給の無効を主張する方法

無断欠勤や職務怠慢など、就業規則で定められたルールに反した場合、懲戒処分として減給されることがあります。しかし、会社はどのような理由でも自由...

この相談に近い法律相談

  • 懲戒 行政処分

    例えば入社する以前、過去数年前に私生活上の非行(例:ストーカー行為をしたとして警告を受けた)をしたとして行政処分を受けたに留まっていた事件が、刑事罰も受けていたかのように誤って会社に噂が広まり経営者へ尋問され、「この非行に該当する行為があったか」と聞かれ、「経歴詐称に当たる行為をした覚えはない」と答えると懲戒解雇...

  • 特別遵守事項について。どのくらいの確率で取消になりますか?

    執行猶予保護観察中の特別遵守事項について違反した場合は即刑務所行きなのでしょうか?どのくらいの確率で取消になりますか? また、特別遵守事項違反はどうやってバレるものなのでしょうか?例えばある特定の人と会ってはいけないだとか特定の場所に出入禁止になった場合バレてしまうものなのでしょうか?宜しくお願い致します。

  • 可罰的違法性の低い行為を殊更、非難する行為について

    「ばか」と公然と発言する等、教科書的には侮辱罪に該当するが可罰的違法性の低い行為を行った者を殊更、「犯罪者」、「犯罪行為を行った」等と非難する行為は何らかの法律に抵触しますか?

  • 地方公務員特別職の採用について教えて下さい

    初めて質問させて頂きます。 私は、都内に住んでいる就職活動中の主婦です。 今度、某県の仕事を紹介して頂き受験しようと思っています。 採用後の身分としては…地方公務員法に定める特別職(非常勤)となるようです。 ただ、恥ずかしいことに2年前傷害事件を起こし、現在執行猶予中です。 よく国家公務員や地方公務員の受験資...

  • 不法行為についての質問をお願いします。

    不法行為の成立要件にある「違法な侵害」とは、法律に違反する侵害行為をいうのでしょうか? 法律に違反していなければ侵害行為をしても不法行為にはならないのでしょうか? 正当な権利の行使を妨害する行為は、不法行為となるのでしょうか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

民事・その他の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。