自動車任意保険会社から追加で約5万円の請求がありました。

私は先日、S保険会社で見積もりを行い、一年通して約100000円の見積もりで契約をしました。しかし、つい先日(6月中旬)に約5万円の請求書がS保険会社の方から郵便で届きました。内容を簡潔に書くと、「あなたは6等級と当社に申告しましたが、当社で調べたところ、あなたは1等級なので追加金約5万円請求します」という旨の文章でした。
私は一昨年、別のA保険会社契約中に事故で1等級まで落ちました。そして去年、保険を強制解約させられました。身から出た錆びだと思い、13ヶ月で等級がリセットされると聞いたので、1年間無保険で一度も自動車に乗らず、反省しました。そして今年の5月1日に前とは違うS保険会社で自動車保険の契約を行いました。
しかし前の保険は平成24年の4月1日に解約したとばっかり思っていたのですが、実際の解約日は5月6日になっておりました。というのも、一番最初に保険を契約したのは平成22年の4月でしたので、解約日も4月なのだとしか思わず、確認を怠ってしまいました。
従って、ソニー損保が言ってる内容を具体的に書くと、「あなたは前の保険を平成24年5月6日に解約したので、平成25年5月1日に保険を開始すると11ヶ月と24日しか経っていませんので、等級はリセットされていません。従ってあなたは1等級ですので、差額の5万円をお支払いください。」ということです。

私の甘さが生んだ問題ではありますが、見積もりや保険証にも記載されていなかった出費もきついですが、何より1等級スタートが今後を考えるときついです。保険証がくるまでの段階で申告内容に虚偽があった等のお電話はいただきませんでした。また、現在加入しているソニー損保との契約は平成25年4月23日に行い、保険開始日は平成25年5月1日にしていただくよう契約をしました。
私が考えている内容としては”契約の取消”を行いたいと考えております。契約自体をなかったことにし、等級がリセットされましたら新たに保険会社と契約したいと思っておりますが、現実的に契約取消に応じていただけるものなのでしょうか?契約してから1ヶ月半が経過しています。こういった状況下で1等級からの開始を免れることはできないのでしょうか?お知恵をお貸しください。
2013年06月17日 05時10分

みんなの回答

相談者
失礼しました。S保険会社=ソニー損保です。

2013年06月17日 05時38分

弁護士A
ありがとう
 錯誤を理由に無効を主張するには、①法律行為の要素に錯誤があること、②表意者に重過失がないこと、③動機が表示され、相手方がこれを知っていること、という要件を満たすことが必要です。
 ご相談の件の場合、①、②、③のいずれの要件も満たしていないと考えられます。特に、等級リセットについては、契約者側で申告すべきものですから、②の要件を明らかに満たしていないと考えられます。

 契約の無効を主張することは困難でしょう。

2013年06月17日 06時13分

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4
ありがとう
(1)契約を解消(解除)すること自体は、保険契約の場合、いつでもできるはずです。しかし、解除日までの保険料、手数料などを取られるでしょう。この金額が5万円より高い場合、若しくはほとんど変わりない場合、これを行なう意味がないでしょう。
(2)そして、この手数料などを取られず契約を解消する方法は、錯誤無効などの主張を行う他ないのですが、A弁護士がおっしゃるようにこの主張は難しいように思われます。
(3)とすると、(1)の方法で、あなたが有利な方法を選択されるしかないでしょう。

2013年06月17日 06時26分

相談者
弁護士A様、西田様、ご回答ありがとうございます。
今日の朝一番にソニー損保に電話しました。ソニー損保の回答は「解約の手続きは出来ますが、契約の解除はソニー損保側からするもので、お客様の方からはできません」という内容でした。また、「契約の解除を行っても等級は1等級のままで、6等級に戻すには解約後13ヶ月が経過しないといけない」という回答でした。オペレーターの言うとおり、消費者は契約を解除できないのですか?また、契約を解除しても等級はそのまま1等級なのですか?それだと”契約そのものをなかったことにする”ことにはならないと思うのですが、どうなんでしょうか?

2013年06月17日 09時32分

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4
ベストアンサー
ありがとう
<消費者は契約を解除できないのですか?>

 どのような保険契約も、消費者側から契約解消できるはずです。但し、約款により消費者側からの申し出で保険会社からの解約としていることはあるかも知れません。

<契約を解除しても等級はそのまま1等級なのですか?>

 これは契約約款による可能性があります。約款により、遡らないという扱いにしている可能性があります。

 これらについて、オペレーターの根拠を聞き、その資料を貰うこと、ご不満があれば消費者センターなどに相談することをご検討下さい。

2013年06月18日 05時33分

この投稿は、2013年06月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

未熟児や難病の子どもの医療費を援助してもらえる制度と必要な手続き

生まれた子が、未熟児だったり、難病にかかったりしていた場合、入院や治療などで高額な医療費が必要になる可能性があります。そうしたとき、医療費を...

妊娠出産費用を援助してもらえる制度と支給を受けるために必要な手続き

妊娠から出産までには、健康診断や入院、分娩など、様々な場面で金銭的な負担がかかります。これらの負担については、自治体や健康保険などから支給さ...

子育ての費用を援助してもらえる制度と支給を受けるために必要な手続き

子育てにかかる費用は、自治体から支給される手当金などにより、援助してもらうことができます。制度によっては出産後、すぐに手続きしなければならな...

育児を支援してもらえる制度と利用するための手続き

育児について様々な不安を抱えていても、「誰に相談すればいいか分からない」という人もいるでしょう。自治体によっては、育児に関する相談に応じてく...

この相談に近い法律相談

  • 雇用保険。その4月の10日分の雇用保険料はどうなるのですか?

    現在不当解雇で争っています。 4月の10日に口頭で解雇になりその日から出勤出来ずその月の末で保険の資格喪失になったという通知が6月の初旬にいきなり事務センターから来ました。 会社から何も連絡が無かったので任継も出来ず現在無保険です。 解雇を争っているので国民保険に加入をするのも慎重に考えています。 ハローワーク...

  • 産休中の社会保険料免除について

    産前産後休業中の厚生年金・健康保険料免除について 現在小さな事務所(事務員2名、雇い主1名)で働いています。経理は主に雇い主の妻が行っております。 これまで14年間働いてきて、やっと一昨年より念願の社会保険に加入してくれる事となりました。 それを機に安心して出産が出来る環境が整ったのでこの度無事に妊娠、出産...

  • 国民健康保険について

    平成26年9月末に前職を退社し10月1日付けで社会保険の資格喪失をしました。 10月より求職活動をし平成26年2月付けにて4月1日付けにて契約社員ではありますが内定をいただきました。10月から健康に留意し健康保険の手続きをしていません。 新しい職場では、4月より健康保険証を頂けると推測しております。 健康保険証...

  • 給与担当者への損害賠償請求の可否について

    私は公務員ですが、平成18年までは年末調整で一般の生命保険料と個人年金保険料の両方の所得控除を受けていました。 が、平成19年の年末調整の際に給与担当者から、個人年金保険料の所得控除はできないので記載しないようにと言われました。 それでも、年末調整用に保険会社から一般の生命保険料と個人年金保険料の支払証明書が送...

  • 「社会保険の無断手続きについて」

    社会保険の無断手続きについて。 私は、某派遣会社に派遣先を紹介され、9月30日に就業しました。 しかし、私事の事情で10月2日に就業継続できない理由があり、退社の告知をしました。 そもそも、社会保険の加入は、12月1日から(契約更新後の2ヶ月目)と聞いており、 その間は、保険適応外と言われ、未加入を確認していま...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

民事・その他の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。