永住権 強制退去 執行猶予

永住権の資格中に初犯で覚せい剤取締法違反で執行猶予の判決を受けた場合、強制退去になってしまうのでしょうか?
よろしくお願いします
2019年11月12日 08時44分

みんなの回答

松尾 裕介
松尾 裕介 弁護士
国際・外国人問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
覚せい剤取締法違反は、執行猶予であったとしても強制退去事由に該当しますので、強制退去になるおそれがあると考えられます。なお、例外的に在留を認める在留特別許可という制度がありますが、認められるか否かは個々の事案に応じることになります。

2019年11月12日 12時42分

相談者
ご回答ありがとうございます。
呼び出しを受けて強制送還手続きになってしまうのですが、嘆願書を出したい場合は、どの段階で出すべきでしょうか?
初めは警備官の調査になりますが、この段階で嘆願書は無意味でしょうか?

2019年11月13日 22時32分

この投稿は、2019年11月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,014名の弁護士から、「国際・外国人問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

覚せい剤取締法違反に関する統計データl検挙人数や有罪判決数・刑罰の内容

覚せい剤取締法違反で有罪になった人がどのような刑罰を言い渡されたかや、検挙された人数といったデータを、法務省や警察庁が公表しています。この記...

覚せい剤取締法違反で逮捕された際の刑期と裁判までの流れや対処法

ここでは、覚せい剤取締法違反の罪に問われている場合、どのような刑罰が科されるのかについて、量刑の相場とともに説明します。逮捕・勾留中における...

執行猶予とは?執行猶予の要件やメリット、獲得するための対処法

一時の気の迷いで犯罪を犯してしまったら、罪を認め反省し、罪を償う代わりに、刑務所に入りたくない、早く日常に戻りたいと思うことも多いでしょう。...

【図解】刑事裁判で執行猶予がつくケースとは

刑事裁判で有罪判決を受けても、執行猶予がつけば、一定期間は刑の執行が猶予されます。新たな犯罪をすることなどなく無事に猶予期間が経過すれば、刑...

強盗罪の統計データ|検挙人数や有罪判決数・刑罰の内容・執行猶予の割合

強盗罪で有罪になった人がどのような刑罰を言い渡されたかや、検挙された人数といったデータを、法務省や警察庁が公表しています。この記事では法務省...

この相談に近い法律相談

  • 逮捕歴のある彼とのハワイ入国について

    彼には10年以上前に窃盗罪で執行猶予つきの有罪になったことがあります。近々ハワイに行く予定になったのですが、ビザなく行く事はできないでしょうか? 旅行の申込みをした後で逮捕歴があるとビザをとらないといけないと知りました。旅行の出発までにビザは間に合わずESTAの所得を逮捕歴をないことにして申請しようとしています。ただ...

  • DVを理由に親を訴えることは可能か

    親が理不尽に暴力をふるったり 人の話を聞かずに勝手に行動し、 私に迷惑をかけたりします。 訴えることは可能ですか?

  • 20年以上前の麻薬による強制退去の再入国

    私の友人の事を相談させてください。 友人は元々日本で生まれたハーフで、国籍は元々海外ですが 20歳過ぎまで日本で生活をしておりました。 詳しい内容は私も分かっていませんが 麻薬の所持?で1か月程品川の方(入国管理局?)で拘束されたのち、強制送還と なったそうです。 現在彼女は60歳を目前にしおており、もう20...

  • 一般日本語学校の払い戻し請求を拒む場合

    東京の日本語学校に通っている学生です。学校法人で通訳専門学校と日本語学校が一生のビルにあるところです。私は日本語学校にはいています。 「一度納入した学費は基本的に払い戻さない」だという学校方針によって次の学期の授業料を戻さないと言われました。 私は去年10月に1.5コースに入り今月に1年目になりますが、最初は1年...

  • 外国人の在留期間の更新と法務大臣の裁量について

    マクリーン事件の判例では外国人の在留期間の更新については、法務大臣には広範な裁量が認められている、というような判断が示されましたが、なぜ「広範な裁量が認められている」等と言い切れるのでしょう? 出入国管理令の条文の文言からあきらかに導けるようなものなのでしょうか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

国際・外国人問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。