二重国籍者の配偶者ビザについて

日米の二重国籍の方とアメリカ国籍の方で国際結婚をしました。彼はずっと日本国籍で日本在住です。
アメリカ人として日本人の配偶者ビザを取得することは可能でしょうか?来日の渡航歴などを調べられると二重国籍がバレてしまう可能性はありますか?

日本国籍喪失を選択すれば、在留資格はとれるのでしょうか。
2019年09月05日 23時59分

みんなの回答

外海 周二
外海 周二 弁護士
国際・外国人問題に注力する弁護士
ありがとう
日米の二重国籍の方について、その実態がわからないのですが、もし、元々日本国籍であった方で、米国の市民権を自ら取得したが日本で国籍喪失届を提出していないということであるならば、その方は二重国籍者ではなく、米国籍しか持っていないことになります。
日本人が自らの意思で外国籍を取得した場合、法的には当然に日本国籍を喪失することになるからです。

したがって、その方の配偶者は、日本人の配偶者とはなりませんので、配偶者ビザを取得することはできません。国籍喪失届が出ていないことから形式上は日本国籍を有しているように見えても、在留資格の審査の中で外国籍を取得していることが発覚する可能性があります。

見かけ上の二重国籍者の方が国籍喪失届を提出し、完全に米国籍のみとなった場合、もしその方のご両親が日本国籍である場合には、日本人の実子ということで「日本人の配偶者等」の在留資格が取得できる余地があります。
しかし、その方の米国人配偶者は、「日本人の配偶者等」には該当しないため、その身分に基づく在留資格を得ることはできません。

2019年09月06日 00時38分

相談者
二重国籍は彼になります。
アメリカ国籍の父とグリーンカード保持の日本人の母との間に日本で生まれ二重国籍です。
日本とアメリカでは全く別の名前が存在します。
その彼が日本人の私とアメリカ国籍で結婚をしました。アメリカのパスポートで日本に入国したことはありません。
この場合はどうなりますか?

2019年09月06日 01時35分

外海 周二
外海 周二 弁護士
国際・外国人問題に注力する弁護士
ありがとう
生まれながらの二重国籍者である場合には、22歳に達するまでに国籍の選択をする義務がありますが、選択をしない限り、日本国籍を失いません。
したがって、その場合には、日本の在留資格を取得するまでもなく、日本人として日本に居住することが可能です。
もちろんそれまでに国籍を選択し、国籍離脱の届出をすれば、米国人として日本人の配偶者等の在留資格を取得できる可能性があります。

2019年09月15日 07時15分

相談者
やはり国籍を選択しない限り難しいですよね。
日本国籍を残したまま、アメリカ人として日本に滞在希望らしいのですが。今のままではアメリカ人としての実績が何もない状態なので。

2019年09月15日 13時00分

この投稿は、2019年09月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,079名の弁護士から、「国際・外国人問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

国際結婚の成立条件や必要な手続き

国際結婚をするに当たっては、成立条件や必要な手続き、居住地・ビザの問題、姓や国籍についてなど、知っておくべきことは多岐にわたります。これらを...

国際離婚での準拠法や子どもの連れ去り

日本人同士の離婚と違い、国際離婚には様々なハードルが存在します。どの国の法律が適用されるのか、配偶者の国の慣習は日本と異なるのか等、相手国に...

この相談に近い法律相談

  • 逮捕歴のある彼とのハワイ入国について

    彼には10年以上前に窃盗罪で執行猶予つきの有罪になったことがあります。近々ハワイに行く予定になったのですが、ビザなく行く事はできないでしょうか? 旅行の申込みをした後で逮捕歴があるとビザをとらないといけないと知りました。旅行の出発までにビザは間に合わずESTAの所得を逮捕歴をないことにして申請しようとしています。ただ...

  • DVを理由に親を訴えることは可能か

    親が理不尽に暴力をふるったり 人の話を聞かずに勝手に行動し、 私に迷惑をかけたりします。 訴えることは可能ですか?

  • 20年以上前の麻薬による強制退去の再入国

    私の友人の事を相談させてください。 友人は元々日本で生まれたハーフで、国籍は元々海外ですが 20歳過ぎまで日本で生活をしておりました。 詳しい内容は私も分かっていませんが 麻薬の所持?で1か月程品川の方(入国管理局?)で拘束されたのち、強制送還と なったそうです。 現在彼女は60歳を目前にしおており、もう20...

  • 一般日本語学校の払い戻し請求を拒む場合

    東京の日本語学校に通っている学生です。学校法人で通訳専門学校と日本語学校が一生のビルにあるところです。私は日本語学校にはいています。 「一度納入した学費は基本的に払い戻さない」だという学校方針によって次の学期の授業料を戻さないと言われました。 私は去年10月に1.5コースに入り今月に1年目になりますが、最初は1年...

  • 外国人の在留期間の更新と法務大臣の裁量について

    マクリーン事件の判例では外国人の在留期間の更新については、法務大臣には広範な裁量が認められている、というような判断が示されましたが、なぜ「広範な裁量が認められている」等と言い切れるのでしょう? 出入国管理令の条文の文言からあきらかに導けるようなものなのでしょうか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

国際・外国人問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。